starlit-skies.cocolog-nifty.com > ギャラッド彗星(C/2009 P1)

ギャラッド彗星(C/2009P1)は、2009年8月13日 G. J. Garraddにより光度 17.5等で発見されました。これは、サイディング・スプリング天文台にて行われている、主に地球近傍小惑星の捜索を目的としたプロジェクトによるものです。

3/24のギャラッド彗星

3/24のギャラッド彗星

タカハシ製ε-160(F3.3) + Bitran BJ-41L  IDAS製TypeⅢフィルター
L(60sec.1x1)x20 
川上勇氏製作31cm用赤道儀 Cerestron NexGuide + FS-78による恒星オートガイド撮影 Vixen製Skysensor2000PC
StellaImage6.5で合成&デジタル処理


3/21のギャラッド彗星

3/21のギャラッド彗星

タカハシ製ε-160(F3.3) + Bitran BJ-41L  IDAS製TypeⅢフィルター
L(60sec.1x1)x10 
川上勇氏製作31cm用赤道儀 ノータッチ撮影 Vixen製Skysensor2000PC
StellaImage6.5で合成&デジタル処理


ギャラッド彗星(恒星基準で合成)

ギャラッド彗星(恒星基準で合成)

Takahashi ε-160 + Bitran BJ-41L 60s×10

IDAS LPS-P2フィルター
月明かりの中での撮影です。尾はあまり写し出せませんでした。

川上勇氏製作31cm用赤道儀 Cerestron NexGuide Vixen製Skysensor2000PC
StellaImage6で合成&デジタル処理


9/18のギャラッド彗星(彗星基準で合成)

9/18のギャラッド彗星(彗星基準で合成)

Takahashi ε-160 + Bitran BJ-41L 60s×10

IDAS LPS-P2フィルター


川上勇氏製作31cm用赤道儀 Cerestron NexGuide Vixen製Skysensor2000PC
StellaImage6で合成&デジタル処理