月・惑星

2018年9月21日 (金)

スマホで月の撮影

8月後半から天候が悪く、土星、火星はおろか月さえまともに見えない日が続いています。

先日、ようやく月が見える時間にたまたま帰宅できたので、やっとスマホアダプターを試す機会が持てました。

Dsc_0871m

FSQ-106 1.6XExtender  LV-15mm  SONY Experia SO-01K

スマホで撮影後、リサイズしたのみの撮って出し画像です。
せっかくなので、ちょっとトリミングしたあと、欠け際を描写するために少しだけ画像処理してみました。

Dsc_0871tshm_2

肝心の使い勝手は「少しは撮影しやすくなった程度」なので、観察会での利用は微妙なところです。今度行われる「中秋の名月」の観察会で役に立てばいいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

夏休みの工作(スマホ用アダプターの製作)

最近の観察会では、参加された方に、スマートフォンを使って月を撮影していただくことが多くなってきました。カメラの性能が良くなっているので、思ったより簡単に撮影することができます。

ただ、それなりのコツは必要です。特にカメラのレンズをアイピースの中央に固定しておくことが難しく、画面に月が映ったと思ってもタイムラグがあるため、シャッターを押す前にずれてしまう方が多いようです。


そんなときのために「スマートフォンアダプター」と呼ばれる製品がいくつか販売されているので、これを使ってみると格段に成功率が上がることと思います。私の知人もビクセンの製品を所有していて、観察会ではとても役に立っている様子でした。


私も一つ用意しようかと考えていたのですが、以前「理科教育ニュース」という冊子にアクリル板と洗濯ばさみを使ったアダプター製作の記事が載っていたので、それを参考にして作ってみることにしました。


記事は顕微鏡用でしたが、原理は同じです。洗濯ばさみの側面のうち片方にだけ接着剤を塗り、アクリル板に接着するだけです。また、アクリル板には滑り止めシートを貼って、スマホが不用意に動かないようにします。記事ではアクリル板はそのまま使用するようでしたが、少しでも画像をよくしたいと思い、ドリルで穴を開けておきました(バックは、発表直後にもらってきたNikonのフルサイズミラーレスのカタログです。深い意味はありませんが、この時期に作ったという記念みたいなものです)。

Dsc_0817m

構想は以前からあったのですが、なかなか目的にあった洗濯ばさみが見つからず、そのままになっていました。今回のものもまだ試作段階ですが、まあ無いよりはましかなと思います。


今度月が見えたら、試写してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

昨日のブルーインパルス&火星観察会

昨日は地元のお祭りにブルーインパルスがやってきました!!

カノープス見物でよく利用する自宅近くの公園に陣取ったのですが、すごい人出でした。
混雑を見越して、原チャリで行って大正解。
肝心の展示飛行は予定時刻になっても始まらず、不安に思っていると、近くにいたブルーインパルスのスタッフから情報を聞いてきた方が
「途中まで来たけれど、引き返した。」
「燃料が足りなくなるので、素通りするだけかもしれない。」
などと言っているのが聞こえてきて、やきもきしました。
しかし、定刻より10分ほど遅れて6機の機体が見えてきました。

Dsc_2882ttoneusm2


Dsc_2897trimlevelusm
Nikon D7000 Ai AF Zoom Nikkor ED 80~200mm F2.8D

Dsc_1559tonem

Dsc_1582t2m

Nikon D600 SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF
初めて見ましたが、あっという間でした。
もうちょっと、いい望遠レンズが欲しくなりますね。


このあとは、前橋市児童文化センターで行われた市民天文教室「火星観察会」に行ってきました(道路がすごい渋滞で、渡良瀬川を渡るまでに1時間近くかかってしまいました)。
こちらもたくさんの人で大盛況でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

火星最接近

7月31日に火星が最接近となりました。
火星はおよそ2年2か月ごとに地球に接近しますが、毎回その距離は変わってきます。今回は、地球に5,759万kmまで近づきましたが、これは最近では2003年の5,576万kmに次ぐものであるため、「15年ぶりの大接近」と呼ばれています。
詳しくは、国立天文台のページからどうぞ。


さて、その7月31日ですが、夕方から雲が多く、22時を過ぎてようやく火星をとらえることができました。その後、条件はどんどん良くなっていくように思いましたが、翌日以降の予定も考え、とりあえずの記念撮影をしてすぐに寝てしまいました。
その時の画像がこれです。

201807311326_4rgb_lapl4_ap750ptone

火星表面で起きていた砂嵐も、やや落ち着いてきたのでしょうか。眼脂でも表面の模様が少しはわかるようになってきました。

さて、最接近を過ぎたとはいえ、火星が急に遠ざかり、小さくなってしまうわけではありません。観察シーズンはまだまだこれからです。

群馬星の会では、単独の観察会も考えたのですが、企画・運営の都合上、今回は前橋市児童文化センターで行われる市民天文教室「火星観察会」に会をあげて協力することといたしました。

このblogでは急なお知らせになってしまいましたが、期日はあさって8/4(土)です。少しでも火星が見やすいように、開始時刻はいつもより遅い20時となっています。

興味のある方は、ぜひご参加ください。

詳しいことは、前橋市児童文化センターのページ からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

昨夜の観察会と火星

昨夜は前橋市児童文化センターで行われた市民天文教室「日月火水木金土を見るぞ!」に参加してきました。


雲が多かったため、太陽を望遠鏡で見ることはできず、また水星の姿も確認できませんでしたが、前半はまだ空の明るさが残る中、月、金星、木星を見ることができました。

20180721simin

19時15分からは会場を室内に移し、今回の火星の接近についてのレクチャーを行いました。2003年以来の大接近ということで、参加者の方の関心も非常に高いように感じました。
プロジェクターを使って説明している間に、係の方は望遠鏡を建物の東側に移動させ、昇ってくる火星に備えました。


20時になると空も暗くなり、木星や土星を見ながら火星が昇ってくるのを待ちました。しかし、南東の空に雲があるため、なかなか火星が見えてきません。
終了予定時刻も迫ってきたため、係の方が「残念ですが、これで解散です。」と告げたまさしくその時、赤く光る火星が雲間から姿を現しました。
そして、オレンジ色に光る火星の姿を見ていただき、無事終了となりました。


昨夜はシーイングがよく、木星の表面に衛星の影が落ちている様子もよくわかりました。

その後群馬星の会の例会があったのですが、帰って火星を見るために、いつもより早めのお開きとなりました。


帰宅後に撮影した火星が以下の画像です。

201807211534_4lapl4_ap7rgbauto

ちょっと粗い画像になってしまいましたが、白く輝く極冠もよくわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

こども春まつり

4連休初日の今日は、前橋市児童文化センターの「こども春まつり」に参加してきました。

天気予報は、雨のち曇り。青空が見える確率はとても低かったのですが、雲間から太陽や昼間の金星を見ていただくことができました。

Dsc_0500mb

例年と違って屋上ではなく、人通りの多い建物東の「水のデッキ」付近に陣取ったため、たくさんの方々に昼間の星を楽しんでいただけました。
黒点が全くなく、プロミネンスも小規模なものが2つだけだったのがちょっと残念でした・・・。

こども春まつりは5/6(日)までの開催です。様々なイベントが企画されていますので、興味のある方は前橋市のHPからどうぞ。

昨年の「こども秋まつり」の様子はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

惑星のシーズン

今年の夏には火星が2年2ヶ月ぶりに最接近します。今回は2003年以来の大接近です。
木星も5月9日に「衝」を迎えますし、夜遅くには土星も見やすくなってきました。

そんなシーズンになってきたので、3連休初日の昨夜は、新しい機材のテストを行ってみました。

まずは今までの機材での画像。fps=15なので90秒の撮像でもスタックに使えたのは1000フレーム以下でした。シーイングは2/5。ふだんならあきらめる条件です。久しぶりに時間が取れたので比較のために撮像しましたが、やはり全然ダメです。

Jup25cmf65x15sg1023_180428_224243_2

続いて新カメラ。USB3.0ですし、同じ90秒で3400フレームほど撮像できています。

Jup_231606_g3_ap312_430_55vga_2

シャッタースピードが早く、フレーム数も多いため、同じ90秒の撮像でもこれだけ違いが出るのですね。

熟練者の画像には遠く及びませんが、今後が楽しみになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

お月見

毎日何かと忙しく、1月31日の皆既月食以来、我が家の天体ドームのスリットは開くことがありませんでした。
昨夜は少しだけ時間が取れたのですが、空には月齢11..0の月が煌々と輝いています。春にしてはシーイングが悪く、月を見るにはあまり良い条件ではありませんでしたが、機材のチェックも兼ねて撮影を行いました。

まずは、最近読んだ「君たちはどう生きるか」に触発されて、コペルニクスクレーターです。

180328_211031_d250_340sht

続いて「湿りの海」付近。

180328_213753_d130_220sht

最後に「月面南部」

180328_213050_140_220sht

画像は望遠鏡で観たイメージに合わせ、上が南になっています。
レベル的にはたいした作品ではありませんが、「月の地形 ウオッチングガイド」などの良書を片手に、クレーターの同定を行っていくのも楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

昨夜の皆既月食

天気予報がよい方にはずれ、皆既月食を楽しむことができました。

とりあえず、皆既最大時の画像を1枚アップします。

Dsc_1333nxdm

2018/1/31 22h30m
25cmF6ニュートン Nikon D600  ISO200 露出3秒
風もなく暖かい夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

昨日の続き

今朝も良く晴れていたのでベランダに出てみると、細い月が見えていました。ただし、土星と水星は建物の影に隠れてしまっていて、その姿を拝むことはできませんでした。

さて、昨日もう1台のカメラで撮影した画像を合成して、星の動きを表現してみました。

Dsc_25292628tm

ここはカノープスを見るお気に入りの場所なのですが、管理者が代わってから一晩中水銀灯が煌々と点くようになってしまいました。防犯上やむを得ないのでしょうが、ちょっと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧