群馬星の会

2016年12月 1日 (木)

群馬大学公開講座「宇宙の誕生と進化」のお知らせ

先日、以下のような講演会の案内が届きました。

掲題の講座をぐんま天文台天文入門講座と共催で、群馬大学理工学部桐生キャンパスで開催します。講師の先生は、ぐんま天文台の大林均様にお願いしています。

 日時: 2016年12月18日(日)14:00-15:00講演、15:00-15:30フリートーク
 会場: 群馬大学理工学部桐生キャンパス総合研究棟304号室
     (〒376-8515群馬県桐生市天神町1-5-1)
 参加費: 無料
 対象: 主に高校生以上の一般の方(定員100名)
 申込URL: http://koukai-kouza.opric.gunma-u.ac.jp/cgi/prg/koukai.cgi?id=a016

群馬星の会のメーリングリストに流したところ、早速参加希望の方がいらっしゃいました。私も都合を付けて参加できればと考えています。

受付は12/5までとなっていますが、チラシを見ると、当日空席があれば事前申し込み無しでも参加できるそうです。宇宙に興味のある方は、ぜひご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

ぐんま天文台秋祭り2016

10月22日(土)に、ぐんま天文台秋祭りが行われました。
群馬星の会では、夜間の天体観察にボランティアとして協力してきました。

館内では「宇宙・私の夢」絵画展が開かれていました。

Dsc_0634m

天気は朝から曇り空。それでもメーカーの方は望遠鏡をセットして準備に忙しい様子でした(壁面に映るシルエットが印象的でした)。

Dsc_5411m

20時前後には、雲間から時折星を見ることができました。

Dsc_5422m

Dsc_5420m

手前のテントは、販売店のギガオプトさんです。星はあまり見られませんでしたが、Mさんから望遠鏡の改造について専門的な話をたくさんお聞きすることができ、大いに刺激を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

スターウォッチングin赤城2016のご報告

スターウォッチングin赤城は、今年でちょうど30回目を迎えました。
しかしながら、天候に恵まれず、赤城山の星空を満喫することはできませんでした。
以下、今年の様子を簡単にご報告いたします。

会場は、標高1400mあまりの新坂平駐車場です。
夕方には雲が切れて青空も広がり、天候も回復傾向かと思われました。
Dsc_5220m

受付が始まる18:30頃には、雲間から月が見えたのですが、例年になく参加者の出足は鈍いようでした。

19時過ぎには、雲量10の中、開会行事を始めました。
その後、会員のKuさんによる秋の星空解説です。
Dsc_5222m

続いて、例年参加賞として配布している天体写真(写っている天体は毎年変わります)について、撮影者の会員Aさんから、詳しい解説がありました。
Dsc_5250m

天候が回復しないため、会員のKoさんによる「南半球天体写真撮影紀行」を行いました。
Dsc_5261m

その後は、恒例の「お楽しみ抽選会」です。
悪天候のため参加者が少なかったので、かなりの確率で商品をGETされていました。

こちらは、CSTさん提供の「コルキット望遠鏡」を手に入れた方々です。
Dsc_5264m

こちらは中村悦子音楽事務所さん提供の6cm屈折鏡筒を射止めた方です。
Dsc_5267m

受付名簿の記録によると、今年の参加者数は、一般参加者のみで66名でしたが、天候の回復が望めないため、23時頃にはすべて家路につかれました。そして、我々も定刻の24時前には片付けを済ませ、解散することにしました。

ところが…。
23時30分頃から雲が切れ始め、沈みゆく夏の大三角が見えてきました。
その後、短い時間でしたがアンドロメダ銀河やすばるも見ることができました。
Dsc_5283m

なお、この観望会を開催するにあたり、多数の各種団体、企業、個人等の方々のご協力をいただきました。 この場をお借りして御礼申し上げます。
ご協力いただいた団体は、以下のとおりです。

群馬県教育委員会/前橋市教育委員会/赤城山総合観光案内所/県立ぐんま天文台/
上毛新聞社/朝日新聞社前橋総局/群馬テレビ/FM GUNMA/CSTコンピューター・システム・テレスコープギガオプト/サンデンファシリティ㈱/中村悦子音楽事務所/ホンダドリーム高崎/アストロアーツ「月刊星ナビ」/誠文堂新光社「月刊天文ガイド」/かとう心療クリニック/あづまクリニック/藤岡こどもクリニック  ほか

来年以降も、皆様のご協力、ご参加をよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

今夜は「スターウォッチングin赤城2016」です

いよいよ「スターウォッチングin赤城2016」の当日になりました。

天候が心配されますが、AstroGPVなどの天気予報を見ると、開催時間帯は雨が降る状況ではないようので、実施する方向で考えています。
Astorogpv10081

今のところ、「満点の星空」という状況は望めませんし、予定していたプログラムにも変更があるかと思いますが、ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。

※今後、天気の悪化などにより急遽中止となった場合には、本blogでお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

スターウォッチングin赤城2016のご案内

群馬星の会では、今年で30回目を迎える「スターウォッチングin赤城」を、以下の通り行う予定です。

日 時:2016年10月8日(土)
受付開始 18:30~
観望会等 19:00~24:00
 ※この間、何時からの参加でもかまいません!
場 所:赤城山・新坂平駐車場
 ※当日、直接会場へお越しください。
参加費:無 料

メインテーマ:「月・惑星と秋の星雲・星団を楽しもう!!」

主な内容
★スマホやケイタイカメラで月の撮影に挑戦!!
★望遠鏡による天体観望
  月、土星、火星、秋の星雲・星団(アンドロメダ銀河など)
★お楽しみプレゼント抽選会

今年の月齢は7.5。月が沈むのは午後10時頃です。そこで、前半は月や惑星を観察したり、月の撮影に挑戦していただく予定です。そして、月明かりの影響がなくなる後半は、赤城山の素晴らしい星空を堪能していただきたいと考えています。
この催しは一般の方向けの観察会なので、ぜひ気軽にご参加いただき、本物の星空をご自分の目で楽しんでいただければと思います。

ただし、会場である群馬県赤城山の新坂平駐車場は、標高1430mほどの場所で、とても冷え込むことが予想されます。真冬のスキー場を想定した防寒対策をお願いいたします。

Sw2016m

昨年は山の上だけ雲が切れ、晴天に恵まれました。夜露はひどかったものの比較的暖かく、のんびりと秋の夜空を楽しむことができました。
2015年の報告ページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

身近な昆虫

昨夜は群馬星の会の8月例会でした。お盆休み明けのためか参加者が少なく、いつもよりちょっと寂しい感じがしましたが、ふだんとはひと味違った話題がたくさんありました。会員のSさんは、星だけでなく野鳥や蝶に関しても造詣が深く、観察や写真撮影のポイントをいろいろと教えていただきました。

そして今日。庭のカクレミノの木にたくさんのハチが来ていることに気付きました。駆除しなくてはと思ってよく見てみると、きれいな蝶もやってきていました。そこで、殺虫剤をカメラに持ち替え、何枚かシャッタ-を切りました。

1枚目はこちら。ヒメアカタテハでしょうか。
Dsc_9356tusm

こちらは、アオスジアゲハです。

Dsc_9363tusm

Dsc_9372tusm

先日は、生まれて初めて飛んでいるタマムシをすぐ近くで見ました。
身近なところにも、いろいろな生き物がいるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

伝統的七夕観察会

8月9日は伝統的七夕の日でした。

群馬星の会では、この日にちなんだ観察会に協力しています。
昨年は観察会のお知らせも流したのですが、天候に恵まれず全く星を見ることができませんでした。
今年も天気を心配していたのですが、雲の間から月や火星、土星などの天体を観察することができました

Dscn5154m
こちらは、群馬県生涯学習センターで開かれた観察会の様子です。
会員のOさんが持ち込んだ15cm屈折には、長い列ができていました。

Dscn5157m
こちらは、けやきウォーク前橋の東口噴水広場で行われた「まちなか観望会in前橋」の様子です。群馬県立前橋女子高等学校地学部が中心となって行いました。
このイベントは「伝統的七夕ライトダウンキャンペーン」の一つで、不要な照明を消して星空を見よう、と呼びかけていました。

Dscn5161m
ご覧の通り、近隣のお店も、看板の照明を消してこの取組に協力してくだいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

忙しかった2月

この時期の週末は、いつもいろいろな行事が重なります。

昨日の午前中は、私が所属しているサイエンスインストラクターの会の本部役員会、午後は指導者実技研修会でした。

Img_20160220_134246m_2

今年は、「授業づくりの引き出しをふやそう」~科学はおもしろい~というテーマで、東京都町田市立鶴川第一小学校校長の中村雄一先生による研修会でした。手軽に実践できるおもしろいテーマをたくさん教えていただきました。

そのまま、前橋市で夜を迎え、群馬星の会の例会に参加してきました。

そして今日は、太田宇宙の会の宇宙展に行ってきました。

Img_20160221_143445m

いつもながらレベルの高い天体写真が展示されていました。

Img_20160221_143350m

こちらは2015年3月20日に北極海のスバールバル諸島でとらえた皆既日食の写真です。
こんな所まで観測に出かけるなんてすごいですね。

Img_20160221_143356m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

スターウォッチングin赤城2015 ご報告

先週末に行われたスターウォッチングin赤城2015は、天気予報がよい方向にはずれ、秋の夜空をゆっくり楽しむことができました。簡単ではありますが、その報告をさせていただきます。

桐生の自宅を出たときは、全天の雲。星空は全く期待できない状態でした。

会場である赤城山・新坂平駐車場に近づくにつれ、雲が薄くなってきました。
途中は見事な紅葉でした(スマホで撮影)。

Img_20151017_160342trimcolorm2

会場に到着し、準備を進めているうちに、晴れ間が広がってきました。
あたりが暗くなってくると、西の空には沈みゆく土星と月が見えてきました。
時折、霧がまいていたものの、早めに到着した方には、土星の環や月のクレーターを見ていただくことができました。

予定時刻を少し過ぎた19時10分。開会行事をスタートしました。
この催しも今年で29回目となりました。参加・協力いただいているすべての方々に感謝申し上げます。

開会行事が終わる頃には、雲もほとんどなくなり、澄み渡った空が広がりました。
まずは、倉林さんによる星空解説です。

Dsc_4711nxdm

続いて、プロジェクターを使って古代エチオピア王家にまつわるギリシャ神話と天体の解説を行いました。

その後は、会員が持ち寄った望遠鏡で夏~秋の天体を楽しんでいただきました。

今回は、あたたかい割には比較的透明度もよく、天の川も肉眼でよくわかりました。
しかしながら湿気がひどく、私のシュミット・カセはフードをまいていても補正板がびっしょりになってしまいました。アイピースまで曇ってしまうのには閉口しました。

恒例のお楽しみ抽選会は、協賛・協力いただいた各販売店や事業所からの景品をジャンケンやくじ引きなどで参加された皆さんにお持ち帰りいただきました。

Dsc_6993m

Dsc_6998m

Dsc_7001m

後半は、協力をいただいているアストロアーツさんの天文ソフト「ステラショット」のデモンストレーションを行いました。webでも紹介されていますので、そちらもご覧ください。

Dsc_7002m

また、会員が所有しているポータブル赤道儀を持ち寄り、比較会も行いました。ネットなどでは伝わってこない質感や重さ、使用感などを直にうかがうことができました。

その後もほとんど曇ることなく、いつしか、冬の天体も昇ってきていました。

4848487715min_compsyusbr

 

この望会を開催するにあたっては、多数の各種団体、企業、個人等の方々のご協力をいただいています。 この場をお借りして御礼申し上げます。
ご協力いただいた団体は、以下のとおりです。

群馬県教育委員会/前橋市教育委員会/赤城山総合観光案内所/県立ぐんま天文台/
上毛新聞社/朝日新聞社前橋総局/群馬テレビ/FM GUNMA/
CST(コンピューター・システム・テレスコープ)/ギガオプト/サンデンファシリティ㈱/CONTACT/中村悦子音楽事務所/ホンダドリーム高崎/NPO法人あかぎくらぶ/
アストロアーツ「月刊星ナビ」/誠文堂新光社「月刊天文ガイド」/星の手帖社/
かとう心療クリニック/あづまクリニック/藤岡こどもクリニック  ほか

 

続きを読む "スターウォッチングin赤城2015 ご報告"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

今夜のスターウォッチングin赤城

1445067570670.jpg
群馬県地方は、午後から急速に晴れてきました。
今夜のスターウォッチングin赤城は、予定通り行います。
気をつけてお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧