山歩き

2017年8月14日 (月)

赤城山(地蔵岳)とペルセウス座流星群

今年のペルセウス座流星群の極大予想時刻は、8月13日午前4時。土曜日から日曜日にかけての夜なので、遠征には好都合です。しかし、下弦前の月が22時頃には昇ってきてしまうので、街灯りを避けても月明かりの影響からは逃れられません。また、ここのところ天候不順で天気予報も芳しくありません。
そこで、近場の観察ポイントに行き、昼間は簡単な登山、夕方は温泉、夜はペルセ群が見られたらラッキーというお気軽プランを考えてみました。

第1案は奥日光のハイキング+戦場ヶ原でペルセ群。
しかし、天気予報では、20時頃まで雨。
そこで急遽、赤城山登山をしたあと、天気予報を見て観測地を決めることにしました。これなら最悪の場合、帰宅するのにも楽です。
赤城山の最高峰である黒檜山には、2008年6月に登っています。今回は、最高峰ではないものの一等三角点がある地蔵岳に行ってみました。


大洞の駐車場に車を停めて歩き出すと、すぐにキアゲハが近寄ってきました。
Dsc_9941m

前橋市赤城少年自然の家の反対側にある登り口から登山開始です。Dsc_9944m

しばらくは、笹の間のガレ場を登っていきます。標識も整備されていますが、ほとんど人に会いませんでした。Dsc_9947m

こんな倒木もあり、場所によっては下をくぐり抜けるところもありました。Dsc_9948m

途中の開けた場所からは、山頂の電波塔が見えました。Dsc_9965mjpg

地蔵岳の頂上いつも眺めているのでよく知っているつもりでしたが、こんなに電波塔があったのですね。Dsc_9973m
ここが山頂の一等三角点。Dsc_9977m

振り返れば、この景色。
歩き始めた頃は霧がまいていましたが、お昼時には晴れてきました。Dsc_9982m

帰路は八丁峠方面へ。整備された木道が続き、小沼の眺めがいいはずなのですが、急にガスってしまいました。Dsc_0981m

かなり下ってjから、ようやく小沼が見えました。Dsc_0983m

八丁峠の登山口はこんな場所。山頂まで1時間で往復できるそうです。

Dsc_9986m

スキー場の跡地が見えてくれば、ゴールはすぐそこです。Dsc_9992m

駐車場に戻って天気予報をチェックすると、奥日光方面はまだ雨模様です。
時刻は14:40。時間はたっぷりあるので、大沼のほとりで少し休んでから一度下山して、温泉に行くことにしました。
17:30過ぎにGPVの天気予報を見ても奥日光は雨模様。この時点でペルセ群は赤城山で見ることにしました。
夕食を取り、コンビニの駐車場から前橋の花火をちょっと見物してから新坂平に行くと 曇天にもかかわらず、結構人がいました。

しばらくすると、隣の車の方から専門的な話が聞こえてきます。
あいさつに行ってみると、なんと群馬星の会のSさんでした。
(素晴らしい天体写真と機材を見せていただきありがとうございました。)

天気予報では、深夜から雲が薄くなりそうです。しかし、23時を回ってもなかなか回復せず、周りの人もあきらめて帰って行きます。
私も帰り支度をしていると、雲が切れ始め、隙間から星が見え始めました。
あわてて機材を組み直し、極軸合わせやピント合わせなどの準備を始めました。、
23:40におは、なかなかの空になりましたが、流星は少なめです。
カメラに収めた一つ目の流星がこちら(23:55)。

Dsc_9994km

いくつか合成してみました。Dsc_9988999499979999syum

月明かりはあるし、雲が通過する時間帯もありましたが、そのまま夜明けまで流星見物を楽しみました。Dsc_0275036805450546syutone00940165

薄明が始まり、もう金星とかカペラしか見えない中、青空に流星が流れる光景はなかなか見応えがありました。
その後、日の出を見ようと鳥居峠まで行ってみると、見事な雲海が広がっていました。

Dsc_0977shtm

久しぶりに充実した24時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

木曽駒ヶ岳

今年の夏休みは、かねてから群馬星の会のツアーでアメリカ日食に行く予定でした。しかし、仕事の関係でどうしても都合がつかず、泣く泣くキャンセルしました。

代わりというわけではないのですが、先日、久しぶりに山歩きに行ってきました。
行き先は、ロープウェイを使って簡単に標高が稼げる中央アルプスの木曽駒ヶ岳です。

実は1990年の8月14/15日にも行っているのですが、このときはずっと天気が悪く、景色はすべて霧の中、。宝剣岳も見ていません。写真も高山植物を少し撮っただけで、下山する時にわずかに千畳敷カールの下部を見ただけです。

そして今回ですが、今年の夏は天候不順で天気予報は芳しくありません。判断に迷いましたが、日程が動かせないのでとにかく出かけてきました。
初日は予報通りの曇り空。千畳敷駅を出発する時は雨も降ってきました。その後幸いにも雨はやみましたが、霧が深く前回と同じようなパターンです。

ところが…。
翌日は朝から快晴。こんな景色を堪能してきました。

Dsc_0500m

Dsc_0582m

続きを読む "木曽駒ヶ岳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

水上・谷川

17、18日と水上&谷川に行ってきました。
郷土の名物ともいえる「上毛カルタ」では、「水上谷川 スキーと登山」と歌われていますが、最近(特に夏)は、水辺のポーツが盛んです。

道の駅「水紀行館」付近で見たラフティングの様子。
Dsc_4519ustm

諏訪峡を散策していると、バンジージャンプが・・・。
Dsc_4534ustm

近くで眺めました。
Dsc_4560usm

Dsc_4584usm

翌日は、谷川の一ノ倉沢へ向かいました。

まずは、マチガ沢で一休み。
Dsc_4603m

やがて見えてきた一ノ倉沢です。
Dsc_0555shusm

この道路は、数年前から,一年を通して車両通行止めになっています。そこで、先日自作した車載スタンドを使って、マウンテンバイク&クロスバイクを持ち込みました。
Dsc_0568usrm
マウンテンバイクは、20年以上前に買った古い古い物ですが、しっかり役に立ちました。

もう少し近くで見た一ノ倉沢。まさしく垂直の壁ですね。
Dsc_4625shusm

雪渓のアップです。

Dsc_4612m

帰りがけ、なにげなく水上駅方面に行ってみたら、思いがけずSLに出会うことができました。
Dsc_4644shusm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

小丸山(袈裟丸山)

Dsc_0340mus

久しぶりに,山歩きに行ってきました。
みどり市の最高峰である袈裟丸山の手前,小丸山です。

Dsc_0348mus

折場登山口から登り,弓の手コースを進みました。駐車場が満杯でしたが,それもそのはす。ヤシオツツジが見頃を迎えていました。

Dsc_0357mus

左手にヒライデ沢を臨む笹の原は,広々としていて,とても気持ちのよい空間でした。

Dsc_0366mus つつじ平まで来ると,袈裟丸山の様子がよく分かります。

Dsc_0382mus 小丸山頂上には,すでにたくさんのハイカーがいらっしゃいました。写真は,日光白根山方面の眺めです。

Dsc_0400tmus

帰り道では、鹿に出会いました。

Dsc_0408mus

復路も同じコースをたどりました。笹の原は、やはり気持ちがいいです。

Dsc_0412mus 初夏の山は,芽吹く木々で覆われていました。

小丸山についての登山情報は、私がよく利用させていただいている山の町 桐生 の中にある 小丸山(袈裟丸山)のページがおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

鳴神山に行ってきました

Dsc_2697mus

見事な五月晴れの下、桐生市北部の鳴神山に登ってきました。実は今まで巡り合わせが悪く、今回が初めての訪問です。

午前7時に川内側の駒形登山口からゆっくりしたペースで登り始めました。
8時30分に尾根の「肩の広場」に到着。山頂に立ったのは8時40分でした。
北には、日光白根山や男体山、武尊山、谷川岳が見え、南には桐生の町並みや吾妻山を見下ろし、さらに遠く富士山も確認できました。

Dsc_2709mus ふもとの山々は、新緑が美しいのですが、標高が上がるに連れてその色が薄くなり、山頂付近はまだ木々が芽吹く前の状態です。
そんな中、ヤシオツツジが見頃を迎え、きれいに咲き誇っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

ステレオ写真

Dscn5649m先日、飯盛山に行ったとき、国立天文台の野辺山宇宙電波観測所に立ち寄りました。正確に言うと、すぐとなりの南牧村農村文化情報交流館に寄っただけですが・・・。

中にはいると、最近作ったばかりの「組立天体望遠鏡」が山積みになっていました。

Radio_teleそれはさておき、電波観測所のパラボラアンテナを見るのは、ずいぶん久し振りでした。この交流館からの眺めもなかなかのものです。そこで、一時期凝っていた「ステレオ写真」を撮ってみました。これは、少し位置を変えて写した2枚の写真を使って、立体視するものです。ついでに、他のステレオ写真も星空へのいざない(本館)にアップしておきました。立体視には、多少コツがいりますが、なかなかおもしろいものです。興味のある方はご覧ください。

本日、星空へのいざない(本館) 122000HIT。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

飯盛山

Dsc_5190 好天に恵まれた三連休は、テニス仲間と山歩きに行ってきました。

今回の山は野辺山にある飯盛山。標高1653mですが、登山口がすでに1448mあるので、標高差はたったの205mです。

それでも、山頂からは360°の眺めが広がります。八ヶ岳、南アルプス、遠くには富士山も見え、楽しいトレッキングでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

上高地の星空

上高地で撮影した天体写真の画像処理をしてみました。雲が多かったので、アップできるものはあまりありません。Dsc_4946tonem

1枚目はニコンD80+SIGMA15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEによる北天です。

半月が穂高連峰を照らしていました。

Kamikouchi_anime1_2  2枚目は30秒露出で撮った画像をもとにgifアニメにした画像です。星が目立つように拡散系のフィルターを使用しています。空は終始このような状態で雲がわき上がっていました。そのため、星の動きを表現したり、比較明で合成して日周運動の様子を表したりすることもできませんでした。

3枚目はニコンD70(改)によるものです。月が沈んだ後なので、山並みはシルエットになっています。また、画面上部には雲があり、この後は全天曇ってしまいました。Dsc_1382tonem_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

上高地二日目

昨夜は20時頃から、月明かりに浮かび上がった穂高連峰と北天の星空をカメラに納めようと頑張りました。しかし、雲がどんどん流れてきてしまい、星がほとんど見えなくなった21時30分頃に撤収しました。

25時半頃、窓を開けると雲間から星が見えていたので、もう一度カメラを担いで河童橋上流へ。しかし、このときも雲は消えず1時間ほどで撤退。なかなか難しいものです。

6時過ぎに起きるとほぼ快晴でした。Dsc_4964mus

朝食後、荷物を預けて大正池方面へ散策。まずは朝日に浮かぶ焼岳です。

Dsc_4980mus

続いて田代橋から見た梓川と穂高の山々。Dsc_5002mus

次は田代湿原からの穂高。

Dsc_5006mus

最後に大正池と焼岳。

Dsc_5024mus

この後、松本城によって帰路につきました。

今回アップした写真はいわゆる絵はがき的な名所ばかり。でも、何度見ても良い風景ですね。

ただ、以前ペンタックスの67を持って歩いたときのほうが、1コマにかける思いが深く、神経も行き届いていたような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

上高地

今夏の家族旅行は上高地です。

今日は朝5:40に家を出て、まずは沢渡へ。さすがにハイシーズンのため、バスにはなかなか乗れませんでした。

上高地のバスターミナルに着くと、穂高連峰は雲の中でした。Dsc_4728mus

ホテルに荷物を預けて明神へ。梓川左岸から見上げた明神岳です。

Dsc_4771mus

次は明神池。19年ぶりでしたが、こんなにきれいだたっけ?と感じました。

Dsc_4856mus

梓川右岸より六百山。

Dsc_4876mus

河童橋近くまで戻ってくると、積乱雲が発達してきました。

今夜の星空はあまり期待できないようです。

Dsc_4903mus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧