« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土)

夏休みのおわりに・・・

夏休みというと、何か工作をしたくなってきます。
今年は、8月の最終日にずっと気になっていた原付バイクのバルブ交換をしました。自分用の備忘録としてアップしておきます。


5月に折り畳み自転車のタイヤ交換をしたあと、「次は空気が抜けてしまう原付だ」と考えていました。自転車用の空気入れが使えることがわかり、調子に乗って空気を入れていたら、劣化したバルブから空気が漏れていたのです。その時は瞬間接着剤で補修したのですが、空気圧が高くなってくるとやはり漏れてきてしまいます。
機種はヤマハの古いJOG Poshe。バルブだけなら数百円なので、ネットの情報を参考にしながらダメ元で挑戦してみました。

まずは、バイスクランプでタイヤを挟み込み、スペースを確保します。
タイヤを外さずに行ったのですが、ビートがなかなか落ちず、4回目(4日目)にシリコンスプレーを使ってようやく外すことができました。

Dsc_2526m

古いバルブはペンチで引きちぎりました。

Dsc_2529m

新しいバルブも,思っていたよりすんなり入りました。

Dsc_2531m

元に戻すときは、自転車用の空気入れで勢いよくポンピングしたらOKでした。

 

あちこち傷んでいるのですが、このまま乗りつぶしたいと思っています。

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

昨夜の土星-ADCの効果

今年の夏は梅雨がなかなか明けず、我が家のドームもずっと閉まったまま。
最近になってようやく晴れ間が見えたと思ったら、群馬星の会のMLでは、早速惑星の画像が投稿されてきました。私も大いに
刺激を受け、ようやく望遠鏡が稼働しました。

昨夜は雲が多くてあきらめかけていたのですが、22時過ぎになってやっと土星が少し見えるようになりました。
そこで初めてADC(Atmospheric Dispersion Corrector-大気色分散補正のためのプリズム)を使ってみたのですが、ADCの効果だけでこんなに違うものでしょうか。

1枚目(上)は8/6でADC無し、2枚目(下)が8/7でADC有りです。

201908061150_7201908061307_2

前々から大気による色分散は、南中高度の低い火星や土星で特に感じていて、Autostakkertでスタックする際にRGB補正を行い、さらにRegistaxでも補正していました。8/6の画像もそうなのですが、それでもはっきりとした色ズレがあります。
8/7はADCのおかげで色ズレが少ないのですが、それだけでここまで描写が変わるものでしょうか。

使っている鏡筒がニュートン式なので水平に合わせるのが面倒なため、今までADCを使っていなかったのですが、昨夜は南中時を狙えばだいたい水平方向に合わせられると思って試してみたのです。シーイングも2晩でそれほど違わず、撮影データも画像処理もほぼ同じなのですが、あまりの違いに驚いています。
ADC有り無しで撮り比べておけばよかったのですが、雲間からのためその余裕がありませんでした。ピントの位置も大きく変わるし…。

とにかく、今までで一番良い土星の画像が得られて、うれしい夏になりました。

 


 

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »