« 昨日のブルーインパルス&火星観察会 | トップページ | 八方尾根 »

2018年8月16日 (木)

白馬方面へ

今年の夏の旅行は、5年前に大雨で断念した八方尾根に1泊2日で行く計画を立てました。
ところが、予定していた日は天気予報が芳しくありません。

そこで、予約していた宿をキャンセルし、天気予報と相談しながら少しでも天気のよさそうな日を選び、車中泊の旅に出かけました。


初日はのんびり出発して、白馬方面のゆったり観光&温泉です。
まずは白馬岩岳マウンテンリソートへ。
山頂にあるカフェレストラン「スカイアーク」の周りを散策しながら、景色を楽しみました。

Bunarin

Hakuba_sanzan

Natsunokumo_2

西に雲があったため、北アルプスの眺めは今ひとつでしたが、リゾート内にはチェアやハンモックがたくさん設置されていて自由に使うことができました。
特にヤッホーデッキは景色が良く、山頂ゆり園と一緒に眺めながら、ゆったりと過ごすことができました。

Santyoush

続いて、温泉です。いろいろ調べた結果、5年前に泊まったホテルの露天風呂が良さそうだったので、少し遠いのですが行ってみることにしました。

前回はずっと天気が悪く、山の景色はおろかスキーのジャンプ台さえよく見えなかったのですが、今回はバッチリでした。しかし、次第に積乱雲が発達してきて、八方尾根辺りに落ちる雷まで確認できる始末。激しい雨をやり過ごしながら夕食を摂りました。

さて、車中泊の場所ですが、翌日の行程だけでなく、できれば良い条件で星も見たいこともあって、黒菱駐車場まで上がってみることにしました。
途中の林道は予想通り、道幅が狭くカーブの連続です。しかし全面舗装路ですし、夜間のため対向車があってもヘッドライトで早めにわかるので、それほど大変ではありませんでした。

駐車場に着くと、スペースはずいぶん空いていました。
トイレにほど近く、平らな場所に車を停めて外に出ると、雲間から星が見えていました。これがまた久しぶりに見る素晴らしい星空!! 標高は1500mとのことなので、赤城山新坂平とそう変わらないのですが、近くに大きな街がないせいか、微光星の数が明らかに違います。天の川の中にあるカシオペア座などは、どれがW型の5つの星なのか、一瞬戸惑うくらいです。高校生の時に「星空への招待」会場で「2等星が威張ってる!」と思ったあの感覚をふと思い出しました。

画像は、わし座~いて座付近です。画面左下には、流星と最接近を過ぎた火星が見えています。固定撮影の1枚撮りでもこれくらいは写りました。

Dsc_1608_180814_214032nxdm

ニコンD600 ISO1600 AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED F2.2 20秒×1コマ

できればこのまま起きていて、昇るオリオン座を撮りたかったのですが、絶えず雲が流れていたことに加え、東側にはリフトや建物が多かったので、固定撮影を少しして眠りにつきました。

|

« 昨日のブルーインパルス&火星観察会 | トップページ | 八方尾根 »

天体写真」カテゴリの記事

山歩き」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/67097550

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬方面へ:

« 昨日のブルーインパルス&火星観察会 | トップページ | 八方尾根 »