« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月14日 (月)

赤城山(地蔵岳)とペルセウス座流星群

今年のペルセウス座流星群の極大予想時刻は、8月13日午前4時。土曜日から日曜日にかけての夜なので、遠征には好都合です。しかし、下弦前の月が22時頃には昇ってきてしまうので、街灯りを避けても月明かりの影響からは逃れられません。また、ここのところ天候不順で天気予報も芳しくありません。
そこで、近場の観察ポイントに行き、昼間は簡単な登山、夕方は温泉、夜はペルセ群が見られたらラッキーというお気軽プランを考えてみました。

第1案は奥日光のハイキング+戦場ヶ原でペルセ群。
しかし、天気予報では、20時頃まで雨。
そこで急遽、赤城山登山をしたあと、天気予報を見て観測地を決めることにしました。これなら最悪の場合、帰宅するのにも楽です。
赤城山の最高峰である黒檜山には、2008年6月に登っています。今回は、最高峰ではないものの一等三角点がある地蔵岳に行ってみました。


大洞の駐車場に車を停めて歩き出すと、すぐにキアゲハが近寄ってきました。
Dsc_9941m

前橋市赤城少年自然の家の反対側にある登り口から登山開始です。Dsc_9944m

しばらくは、笹の間のガレ場を登っていきます。標識も整備されていますが、ほとんど人に会いませんでした。Dsc_9947m

こんな倒木もあり、場所によっては下をくぐり抜けるところもありました。Dsc_9948m

途中の開けた場所からは、山頂の電波塔が見えました。Dsc_9965mjpg

地蔵岳の頂上いつも眺めているのでよく知っているつもりでしたが、こんなに電波塔があったのですね。Dsc_9973m
ここが山頂の一等三角点。Dsc_9977m

振り返れば、この景色。
歩き始めた頃は霧がまいていましたが、お昼時には晴れてきました。Dsc_9982m

帰路は八丁峠方面へ。整備された木道が続き、小沼の眺めがいいはずなのですが、急にガスってしまいました。Dsc_0981m

かなり下ってjから、ようやく小沼が見えました。Dsc_0983m

八丁峠の登山口はこんな場所。山頂まで1時間で往復できるそうです。

Dsc_9986m

スキー場の跡地が見えてくれば、ゴールはすぐそこです。Dsc_9992m

駐車場に戻って天気予報をチェックすると、奥日光方面はまだ雨模様です。
時刻は14:40。時間はたっぷりあるので、大沼のほとりで少し休んでから一度下山して、温泉に行くことにしました。
17:30過ぎにGPVの天気予報を見ても奥日光は雨模様。この時点でペルセ群は赤城山で見ることにしました。
夕食を取り、コンビニの駐車場から前橋の花火をちょっと見物してから新坂平に行くと 曇天にもかかわらず、結構人がいました。

しばらくすると、隣の車の方から専門的な話が聞こえてきます。
あいさつに行ってみると、なんと群馬星の会のSさんでした。
(素晴らしい天体写真と機材を見せていただきありがとうございました。)

天気予報では、深夜から雲が薄くなりそうです。しかし、23時を回ってもなかなか回復せず、周りの人もあきらめて帰って行きます。
私も帰り支度をしていると、雲が切れ始め、隙間から星が見え始めました。
あわてて機材を組み直し、極軸合わせやピント合わせなどの準備を始めました。、
23:40におは、なかなかの空になりましたが、流星は少なめです。
カメラに収めた一つ目の流星がこちら(23:55)。

Dsc_9994km

いくつか合成してみました。Dsc_9988999499979999syum

月明かりはあるし、雲が通過する時間帯もありましたが、そのまま夜明けまで流星見物を楽しみました。Dsc_0275036805450546syutone00940165

薄明が始まり、もう金星とかカペラしか見えない中、青空に流星が流れる光景はなかなか見応えがありました。
その後、日の出を見ようと鳥居峠まで行ってみると、見事な雲海が広がっていました。

Dsc_0977shtm

久しぶりに充実した24時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

木曽駒ヶ岳

今年の夏休みは、かねてから群馬星の会のツアーでアメリカ日食に行く予定でした。しかし、仕事の関係でどうしても都合がつかず、泣く泣くキャンセルしました。

代わりというわけではないのですが、先日、久しぶりに山歩きに行ってきました。
行き先は、ロープウェイを使って簡単に標高が稼げる中央アルプスの木曽駒ヶ岳です。

実は1990年の8月14/15日にも行っているのですが、このときはずっと天気が悪く、景色はすべて霧の中、。宝剣岳も見ていません。写真も高山植物を少し撮っただけで、下山する時にわずかに千畳敷カールの下部を見ただけです。

そして今回ですが、今年の夏は天候不順で天気予報は芳しくありません。判断に迷いましたが、日程が動かせないのでとにかく出かけてきました。
初日は予報通りの曇り空。千畳敷駅を出発する時は雨も降ってきました。その後幸いにも雨はやみましたが、霧が深く前回と同じようなパターンです。

ところが…。
翌日は朝から快晴。こんな景色を堪能してきました。

Dsc_0500m

Dsc_0582m

続きを読む "木曽駒ヶ岳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »