« 群馬大学公開講座「宇宙の誕生と進化」のお知らせ | トップページ | スマホですばる »

2016年12月 4日 (日)

自宅でのM45

一昨日の晩はよく晴れていたので、QHY9をε-160に付けてM45(すばる:プレアデス星団)を撮影してみました。ただし、相変わらずフィルターホイールを付けての接続ができず、カメラアダプターに光害カットフィルターをつけただけのモノクロ画像です。

M45e160lpsdf300s15mhc180s9mhcsyudig

自宅での撮影なので、3分露出から始めました。5分でもそれほどカブリがひどくなかったので、3分露出9枚と5分露出15枚の画像をコンポジットしました。

その後、昔デジタルカメラ(改造D70)で撮影した画像とLRGB合成してみました。

M45e160lpsdf300s15mhc180s9mhcsyud_2

自宅でこれだけ撮れればまずまずかな、でもこれ以上露出時間を延ばすのは厳しいかな、などと思いながら過去のファイルを見ていたら、10分露出で撮影し、同じRGB画像を合成したものがみつかりました。

M45elpsdf600s12mtsyuksslrgbm_201501

こちらの方が、淡い部分まで写っているような…。でも構図は今回の方が少し安定しているでしょうか。どちらにしても、自宅ではこのくらいが限界のようです。

それよりも、以前に10分露出を試していたり、デジカメ画像とLRGB合成していたりしたことを忘れていたところが情けないですね。
きっと、「D70での撮影とあまり変わらないなぁ」と感じて、blogにアップしていなかったのだと思うのですが、weblogの名の通り、こまめに記録を残しておくべきだなぁと感じた次第です。

|

« 群馬大学公開講座「宇宙の誕生と進化」のお知らせ | トップページ | スマホですばる »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/64582123

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅でのM45:

« 群馬大学公開講座「宇宙の誕生と進化」のお知らせ | トップページ | スマホですばる »