« QHY9+100SDUFによるNGC7000 | トップページ | 懐かしい方々&懐かしい場所 »

2016年11月 9日 (水)

北アメリカ星雲とペリカン星雲

Hαフィルターだと、自宅でもそれなりの画像が撮影できるので、沈みゆく夏の星雲を撮影しています。

今回は北アメリカ星雲を撮り直し、さらに隣のペリカン星雲も撮影してモザイク合成してみました。

Ngc700005067sdufhad900s6mhcdigissm
PENTAX 100SDUF QHY9 バーダーHαフィルター 15min.×6コマ 2コマモザイク

合成は古いPhotoshop Elements7.0のフォトマージ(パノラマ)で簡単にできました。

しかし、今後のLRGB合成合成を考えると、RGBは手間がかからないモザイクなしでの撮影をしたいところです。そのため、QHY9にニコンレンズをつける方法をずっと模索しているのですが、フィルターホイールがあるとどうしてもフランジバックが合いません。ε-160への装着も含めて、なにかいい方法はないものでしょうか。

|

« QHY9+100SDUFによるNGC7000 | トップページ | 懐かしい方々&懐かしい場所 »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/64515143

この記事へのトラックバック一覧です: 北アメリカ星雲とペリカン星雲:

« QHY9+100SDUFによるNGC7000 | トップページ | 懐かしい方々&懐かしい場所 »