« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月13日 (日)

懐かしい方々&懐かしい場所

昨夜は、大学時代の気象天文研究部の集まりがありました。
工学部(現理工学部)の先輩方は、機会があるごとに集まっていらっしゃったようなのですが、今回は教育学部の我々の代までお声がけいただき、30名弱の賑やかな会となりました。
卒業してからは初めてお会いする方もいらっしゃいましたが、一気に当時の懐かしい雰囲気に包まれ、楽しいひとときを過ごさせていただきました。

今日も特に予定を入れていなかったので、撮影ポイントを探して山岳ドライブを楽しんできました。ここも、学生時代によく通いましたが、最近では展望台も整備されています。

Dsc_9830m

2003年には、ここから「昇るオリオン」などを撮影したのですが、スケートリンクの夜間照明が明るく、また、木製の展望台では星の軌跡がギザギザになってしまったのでした。

その時、アップしなかった画像を1枚、追加しておきます。

Dsc_71717210_comp20min72117223darkk
赤城山に登る冬の星々(2013/11/30)
Nikon D7000  SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF

他にもいい場所はないかと思って、いろいろ走り回った結果、なかなかいいポイントを見つけることができました。

Dsc_0643tm

いつか、ここで星景写真を撮影してみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

北アメリカ星雲とペリカン星雲

Hαフィルターだと、自宅でもそれなりの画像が撮影できるので、沈みゆく夏の星雲を撮影しています。

今回は北アメリカ星雲を撮り直し、さらに隣のペリカン星雲も撮影してモザイク合成してみました。

Ngc700005067sdufhad900s6mhcdigissm
PENTAX 100SDUF QHY9 バーダーHαフィルター 15min.×6コマ 2コマモザイク

合成は古いPhotoshop Elements7.0のフォトマージ(パノラマ)で簡単にできました。

しかし、今後のLRGB合成合成を考えると、RGBは手間がかからないモザイクなしでの撮影をしたいところです。そのため、QHY9にニコンレンズをつける方法をずっと模索しているのですが、フィルターホイールがあるとどうしてもフランジバックが合いません。ε-160への装着も含めて、なにかいい方法はないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

QHY9+100SDUFによるNGC7000

先日、テスト撮影した北アメリカ星雲(NGC7000)ですが、昨夜はRGB画像を撮ってみました。

Ngc7000_sduf_lps2rgbdf180s6mhcktone
PENTAX 100SDUF QHY9 バーダーRGBフィルター 3min.×6コマ

どうせならと思い、LRGB合成もしてみましたが、そのままだとやはりピンク色っぽくなってしまいますね。

Ngc7000sdufhad900s4mhsdigissm_20161

まあ、データがいくつか残せたので、いろいろ試してみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »