« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月17日 (日)

親子手打ちうどん作りと天体観察教室

昨夜は、この時期恒例になっている「親子手打ちうどん作りと天体観察教室」に行ってきました。
会場は、桐生市青少年野外活動センターです。天体観察会は、形を変えながらも開所以来、ずっと続いてきています。

今回は、半月前の月が見頃を迎えていたので、参加者の方々にはスマホや携帯で月の撮影に挑戦していただきました。その時に私が撮影したものをアップしておきます。

Dsc_0516tm

元画像をトリミングし、リサイズしただけで、特別な画像処理は何も行っていませんが、クレーターもよく写りました。機種にもよりますが、私の使っているスマホの場合は、マイナス補正をすると綺麗に撮れるようです。

昨年に引き続き、観察会としては天候があまりよくなく、雲間から月を見ていただいた程度でした。しかし、自分で撮影した月の画像を持ち帰ることができ、満足していただけた方も多かったように思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

カノープス

この冬は、天候と月齢、仕事の忙しさや自分の体調がうまくかみ合わず、ドームを開ける機会があまりありませんでした。いまだにQHY-9のフィルターボックスをε-160に取り付ける目処が立っていないこも一因です。

そんなおり、先日は星景写真を撮りに行ってきました。といっても、自宅から車でほんの5分のところにある高台の公園です。めあてはこの時期ならではのカノープスです。

Dsc_50005014_15n5minkleveltm

今までも、ここから何度も撮影しましたが、今回は24mmのレンズを使い、冬の大三角も一緒に収めてみました。

銀塩時代から、この24mmという画角が気に入っており、何度も兄にレンズを借りていました。この画像はD600のレンズキット(AF-Sニッコール24-85mm F3.5-4.5G ED VR)によるものですが、最新の明るい単焦点レンズも使ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

見慣れない星空

この画像は、南の星空を撮影したものです。
何座が写っているか、おわかりでしょうか。

Dsc_8666nxdbgsmasknijimim

1月1日にアップした画像と同じ晩、同じ場所での撮影です。

オリオン座が昇る頃ですから、南の空には秋の星座が見えているはずです。
昔、一生懸命さがした「ほうおう座」があるのはわかりました。その西にあるはずの「つる座」は、薄雲や石垣でもう見えない位置になっているようです。
ほうおう座の東、樹木の影から出てきた明るい星は、エリダヌス座のアケルナルでよかったっけ?その上にある薄雲のさらに上は、何座なんだろう?

しばらくの間、「星座がよくわからない」という感覚を楽しみました。

帰ってきてから、ステラナビゲーターでシミュレーションしてみました。

20151228tm

すばるがちょうど天頂を通過していく光景も新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

2016年

新年 あけましておめでとうございます

本年も よろしくお願いいたします

画像は、年末に南の島で撮影したオリオン座付近です。

Dsc_8689kbgstiftm2

今回の日程はほぼ満月の時期。天気予報も雨が中心だったので、赤道儀はもちろん、三脚さえ持たずにでかけました。
実際、雨に降られてばかりでしたが、最後の晩だけ(雨が降っているのに)星空を見ることができました。
三脚がなかったので、民宿の庭にあった椅子の上にカメラを置き、タイマーコントローラーをレンズの下にあてがうことで角度を調整して撮影しました。

オリオンの三つ星の角度やベテルギウスとリゲルの上下関係?が、関東地方とはずいぶん違っており、南に来たことを実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »