« 露よけヒーターの作成 その1 | トップページ | ふたご座流星群2015&露よけヒーター »

2015年12月 6日 (日)

露よけヒーターの作成 その2

先日作った露よけヒーターの効果が心配だったので、昨日、第2弾を作成しました。

今回利用したUSBケーブルはこちら。近くのダイソーで購入しました。

Dsc_7075tusm

Dsc_7081usm

工作がしやすいように、充電専用でなるべくコードの太いものを選びました。切断してみると、期待通り内部の線は2本だけでした。

ニクロム線の長さは、前回より少し短く51cm(約11.8Ω)にしました。ニクロム線を貼り付ける時に波型にしなくてもよい長さにしたことと、発熱量を少し大きくしたかったことが主な理由です。計算上は、5V×5V÷11.8Ω=2.12W になるはずです。

Dsc_7113tm

今回は、裾止め用のゴムバンドではなく、2cm幅のフリーバンドというマジックテープを30cmの長さに切って使いました。また、アルミテープは貼らずに、内側にも余ったマジックテープを貼っておきました。

USB電源につなぐと、前回のものより温かみを感じます。
早速、ふたご座流星群の時に実践投入してみようと思います。

|

« 露よけヒーターの作成 その1 | トップページ | ふたご座流星群2015&露よけヒーター »

天文機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/63015708

この記事へのトラックバック一覧です: 露よけヒーターの作成 その2:

« 露よけヒーターの作成 その1 | トップページ | ふたご座流星群2015&露よけヒーター »