« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月17日 (月)

伝統的七夕の観察会

先日のブルームーンやペルセウス座流星群でも感じたことですが、最近天文現象に興味を示す方が増えてきたように思います。これまでもそうした方は多かったのかもしれませんが、メディアでも多く取り上げられるようになったことや環境問題への意識の高まり、デジカメの普及による被写体としての魅力などから、この傾向は続いていくように思います。

さて、今週の木曜日、8/20は「伝統的七夕」です。これは、太陰太陽暦(旧暦)の7月7日にちなんだ、かつての七夕のことです。
4/19の記事で少しお知らせしたのですが、この日は明かりを消して、みんなで星空を眺めようというライトダウンキャンペーンも行われます。

群馬星の会では、この日に行われる2つの観察会に協力する予定です。

一つは群馬県生涯学習センター少年科学館による天体観察会 「夏の星めぐり」です。
時間は 19:30~21:00 お問い合わせは

群馬県生涯学習センター少年科学館
TEL 027-220-1876(科学館直通)まで

もう一つは群馬県立前橋女子高等学校地学部が中心となって行う
「まちなか観望会in前橋~伝統的七夕ライトダウンってなぁに?~」です。

場所はけやきウォーク前橋の東口噴水広場。時間は19:00~22:00。 申込等は特にないので、気軽に立ち寄ってください。
前橋市内では前橋女子高校地学部員による広報活動も盛んになってきているようです。

また、伝統的七夕の日ではありませんが、8/22(土)には、桐生市南公園でも観察会が予定されています。

興味がある方は、ぜひ都合を付けてご参加ください。これを機に、星空に親しんでいただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

昨夜の観察会&ペルセウス座流星群

昨夜は前橋市児童文化センターの主催事業 市民天文教室「ペルセウス座流星群と夏の星座を見よう」 に行ってきました。

今回は、街明かりを避けるため国立赤城青少年交流の家を会場として行われました。しかし、あいにくの曇り空。途中から雨が降ってくるという予報でした。

開会行事のあと望遠鏡で地上風景を見ていただき、室内での講義に切り替えました。

Img_20150812_195027m_2

悪天候にもかかわらず、100人を超える方々が参加してくださいました。

ペルセウス座流星群について解説していると、係の方から「雲が切れ、土星が見えてきた」との連絡が入りました。そこで、すぐに説明を中断し、外に出て望遠鏡で土星を見ていただくことにしました。
雲を通しての若干薄暗い土星でしたが、シーイングがよく、比較的くっきりとした姿を見ることができました。
一通り見ていただいたところで厚い雲が来てしまったため、ホールに戻って解説の続きを行いました。その後終了となりましたが、帰りがけには雲間から夏の大三角を見ることもできました。

その後の天候の回復は望めなかったのですが、せっかく赤城山の中腹まで足を運んだので、新坂平まで行ってきました。しかし、予報通りの天候で、時折雲間から星が見えただけでした。

それでも新坂平には十数台の車が集まっていたでしょうか。中には赤道儀を設置されている方もいましたが、23時頃から小雨が降り出したのを機に、みなさん下山されていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

夏の遠征

昨年3月に遠征したときとてもいい印象だったので、また山中湖方面に行ってきました。

ただし、今回は夏。水蒸気が多くて、すっきりとした星空は見られませんでした。

1枚目は、北岸からの富士山とさそり座ですが、靄が多くて×でした。

Output_44734496tone3maskm

パノラマ台に移動すると、三脚がたくさん並んでいました。明日の朝、富士山を狙う方が大部分のようでしたが、なかには星空を撮影されている二入組もいらっしゃいました。機材はポラリエとスカイメモSです。なかなか雲が切れないので、待ち時間に少しお話をさせていただきましたが、調布市からいらしたそうで、ここは初めて訪れたとのことでした。

この時期、パノラマ台からだと目立つ星々と地上風景をうまく収めることができません。雲も多かったのですが、記念撮影的にとりあえずシャッターを切りました。

Output_46054612_40stonem

かなり強引な画像処理をして、やっと星がわかるようになりました。よく見るとうしかい座が写っていますが、肉眼ではアークトゥルスくらいしか見えていませんでした。

天気はなかなかよくならないようだったので、星空はあきらめで翌朝の富士山を狙うことにしました。

Dsc_4622m

Dsc_4645curvem

いつの間にかよく晴れ渡り、最高の眺めでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

7月の土星

土星が「衝」となったのは5月23日でしたが、新年度になってから忙しい日が続いたこと、6月が全くといっていいほど晴れなかったことから、今シーズンはこれまで土星を見る機会がほとんどありませんでした。
 仕事が一段落し、梅雨も明けたことから、最近になってようやく何度か望遠鏡で見ることができました。
Saturn25cmf625x13sg1023_n886_dya225

画像は7/27のものです。
撮影にはDBK-31AUという小型カメラを使っているのですが、思ったより感度が高くはありません。また、今シーズンの土星は赤緯が低く、南中時でもあまり高度が高くならない上に、夏場は水蒸気も多いため、拡大率を上げると露出不足になってしまいます。
シーイングもよくないのですが、以前使っていた家庭用ビデオカメラの方がよく撮れていたようにも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

足利花火大会

昨夜は、久しぶりに足利の花火大会を見てきました。

足利市の公式ホームページによると、行ってよかった花火大会ランキング2014において、関東エリア 第1位、全国でも第2位なんだそうです。

今回は河川敷まで行かず、アピタの屋上からお気軽に眺めたのですが、それでも十分楽しむことができました。

以下、jpg撮って出し、リサイズのみ(3枚目は一部トリミング)の画像です。

Dsc_6552m

Dsc_6553m

Dsc_6573tm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

昨夜のブルームーン

昨夜はブルームーンでした。

近年は、月食や流星群など天文に関する話題がずいぶん一般的になってきました。
ひと月の間に2度満月が見られる場合、その2度目の満月のことをブルームーンと呼ぶようですが、天文学的な意義なあまりないように思います。

といっても、珍しいことは確かなので、雲間から狙ってみました。
(露出を変えて撮影した2コマを合成してあります。)Dsc_6505rgb6shm

ブルームーンと行っても、月が青く見えるわけではありません。 むしろ、月が昇ってきたときは、大気の影響で皆既月食のときのような赤い月でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »