« 1/20のラブジョイ彗星 | トップページ | 1/27のラブジョイ彗星 »

2015年1月31日 (土)

1/23のラブジョイ彗星

今日は空いた時間があったので、撮りためた画像を処理してみました。

といっても、1/23は雲が飛んできてしまい、まともな画像はやはり少ししかありませんでした。
まずは、飛び飛びのコマを拾って10枚合成した画像です。
2014q2elpsdf120s10pchtkm_20150123

彗星核を基準として位置合わせを行っているので、普段なら恒星が線状になりますが、今回は撮影時間の間隔がまちまちなので、とても見苦しくなってしまいました。

そんなおり、私が所属している群馬星の会のメーリングリストで、DeepSkyStackerというスリーソフトのことが話題になっていました。あのRegistaxのDeepSky版のようなもののようです。そして、調べてみると、なんと彗星も恒星も流れない合成ができるらしいのです。
参考にしたのは、たとえばこのページです。

早速、ダウンロード&インストールしてみました。
これが恒星&彗星基準の合成もできるスタッキングパラメーターの画面です。

Dss

恒星の位置は自動で検出してくれます。
彗星の位置は一コマずつ指定しなければなりませんが、とりあえず赤い円の中に入っていれば大丈夫なようでした。

わくわくしながら処理を進めました。
そして、できあがってきた画像がこれです。

Cometstartkdigikm_0123

なんということか、恒星にすべて残像のようなぼやけた光が付いてしまいました。
なんだが恒星の位置がずれて合成されてしまっているようなイメージです。
ところが、不思議なことに恒星基準の合成および彗星基準の合成画像は、それぞれ全く問題がないのです。

いろいろ試したのですが、原因は今のところよくわかりません。
もう少し、試行錯誤してみます。

|

« 1/20のラブジョイ彗星 | トップページ | 1/27のラブジョイ彗星 »

天体写真」カテゴリの記事

彗星」カテゴリの記事

群馬星の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/61075845

この記事へのトラックバック一覧です: 1/23のラブジョイ彗星:

« 1/20のラブジョイ彗星 | トップページ | 1/27のラブジョイ彗星 »