« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月26日 (火)

8/22の太陽

今年の夏は、例年以上に雨が多く、全国各地で被害が相次いでいます。最近は前線が居座り、関東もまるで梅雨のような天候です。
そんな中、22日には晴れ間を狙って太陽の撮影をしたのですが、薄雲ごしだったため、シャッタースピードが上げられませんでした。

昨日、ようやく画像処理を行ったのですが、やはり解像度がよくありませんでした。
Ls60thafha182sgain600_140822_113851

Ls60thafhax2560sgain800_140822_1348
インターバル撮影も行ったのですが、こちらも大きな変化は認められず。
また、時折流れてくる厚い雲のために、今回もとぎれとぎれの記録になってしまい、動画化はできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

夏休みキッズフェスタ2014&メガスター

今日は前橋市で行われたキッズフェスタ2014に顔を出してきました。
Kidsfesta2014t

場所は、前橋元気プラザ21です。群馬星の会では、「親子天文工作教室と天体写真展示」というブースを出しました。
工作では、参加者の方にCDを使った簡易分光器を作っていただきました。以前も扱った内容ですが、この分光器はなかなかの優れものです。
天体写真展示は、ぐんま天文台での天体写真展と重なっているため、例年よりは控えめでした。
Dsc_0583m

会場では、耳寄りな情報をいただきました。向かい側にあるアーツ前橋で、大平貴之さんのプラネタリウムが見られるというのです。それもキッズフェスタ期間中は無料。早速、帰りがけに寄ってみることにしました。

これは、「プレイヤーズ 遊びからはじまるアート展」という展覧会で、大平さんは、子どもの頃の「遊び」を通して生まれた発想などを現在のクリエイティブな活動につなげているアーティストのひとりとして紹介されていました。

Dsc_0588m
プラネタリウムの投影は、通路の一部を遮光した簡易的な物でしたが、それでも南天の天の川がとてもきれいに映し出されていました。

展覧会は9/15まで開催されているので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

水上・谷川

17、18日と水上&谷川に行ってきました。
郷土の名物ともいえる「上毛カルタ」では、「水上谷川 スキーと登山」と歌われていますが、最近(特に夏)は、水辺のポーツが盛んです。

道の駅「水紀行館」付近で見たラフティングの様子。
Dsc_4519ustm

諏訪峡を散策していると、バンジージャンプが・・・。
Dsc_4534ustm

近くで眺めました。
Dsc_4560usm

Dsc_4584usm

翌日は、谷川の一ノ倉沢へ向かいました。

まずは、マチガ沢で一休み。
Dsc_4603m

やがて見えてきた一ノ倉沢です。
Dsc_0555shusm

この道路は、数年前から,一年を通して車両通行止めになっています。そこで、先日自作した車載スタンドを使って、マウンテンバイク&クロスバイクを持ち込みました。
Dsc_0568usrm
マウンテンバイクは、20年以上前に買った古い古い物ですが、しっかり役に立ちました。

もう少し近くで見た一ノ倉沢。まさしく垂直の壁ですね。
Dsc_4625shusm

雪渓のアップです。

Dsc_4612m

帰りがけ、なにげなく水上駅方面に行ってみたら、思いがけずSLに出会うことができました。
Dsc_4644shusm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

夏休み&天体観察会

お盆休みになり、実家に親戚が集まりました。
今年は小さい女の子もいたので、みんなで近くの動物園&遊園地へ。

Dsc_0530m

切符売り場で、天体観察会のポスターを見つけました。左下に貼ってあるのですが・・・。
Dsc_0531m

拡大した画像がこちら。

Dsc_0533m

どうしてこんな所に貼ってあるのかと思ったのですが、観察会の会場である「南公園」とこの遊園地の管理者が、大きなくくりで見れば同じなのですね。

観察会は、8月30日(土)の午後7時からです。条件がよければ、西の空に低くなった土星もまだ見えることでしょう。
お近くの方、興味のある方はぜひどうぞ。

続きを読む "夏休み&天体観察会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

夏休みの工作

先日の続きです。

今日、ようやく自転車車載スタンドの工作ができました。

まずは板材の切断を行いました。
困ってしまったのが穴開けです。工具箱の中を探してみたのですが、適当な道具が見当たらないのです。よく行う天文用機材の加工は金属が主であり、これまで職場の道具や知人の助けを借りて対応してきました。木工用であれば、自宅にも何かあるかと思ったのですが、完全な勘違いでした。

同じ市内に住む兄に聞いてみると、電動ドリルはあるけれど、2~3mmまでしか刃が付属していないそうです。ホームセンターに行ってみると、木工用でも結構な値段ですし、お目当てのサイズはちょうど品切れでした。マジックテープも調達する必要があったので、近くの百均に行ったついでに探してみると、そこにはなんとドリルの刃も置いてありました。木工用とはいえ、5本1組で税別100円。驚きでした。これで、無事工作が進めることができました。Dscn1047m

初めはフォーク受けの部分もねじやナットで自作するつもりだったのですが、適当なものが見つからず、結局市販品を利用してしまいました。
そのため、工作と言ってもただ板を切って穴を開けただけです。材料もこれだけ。Dscn1052m

自作車載スタンドの完成形がこちら。すごく単純です。Dscn1060m

裏側には、マジックテープを貼りました。Dscn1058m

1台はこのスタンドを利用し、もう1台は前輪を付けたまま、今まで通りセカンドシートの隙間を利用して積む予定です。これで、自転車2台を積んでの移動ができそうです。Dscn1061m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

夏休みの工作に向けて

私の天文仲間には、なぜか自転車にはまっている方がたくさんいます。
古くは、埼玉県のHさん。私が、前橋至誠堂の初代アルバイトとして務めていた頃から、赤城山に望遠鏡だけでなく自転車も持参されていました。
惑星で有名なTさんも、HPにサイクリングのページがあります。
また、私が高校生の頃からお世話になっているSさんは、最近、望遠鏡の数より自転車の保有台数の方が多いのではというほどの充実ぶりです。

そんな諸先輩方に感化されたわけではないのですが、私も半年ほど前にクロスバイクを購入しました。普段の街乗りの他、車に積み込んで出先での散策に使っています。

現在乗っている車は、2列目のシートの間に隙間があるので、3列目シートを倒せば自転車をそのまま積み込むことができます。しかし、2台積もうとするとちょっと無理があります。
それで、市販のパーツを利用して車載スタンドを作ることにしました。

購入したパーツはこれ。
デルタ(DELTA) BIKE HITCH ORIGINAL フォークマウント BH1000
今日、届きました。

Img_20140808_193241m

この他、手元にある端材を切断して必要な材料をそろえる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

7/25の太陽

AviStack2の使い方が、ようやくわかってきました。
7/25に撮影した画像を処理してみたのですが、太陽全面はこんな様子でした。

140725_130715_pp130540_pprcolorm

機材はいつものLUNT LS60THa B600 + LS60FHa(ダブルスタック)
DMK51AU02.ASで撮影した1分間の動画からAviStack2で画像処理しました。

今回は、1/250sと1/109sの2枚の画像を合成してみましたが、明るいプロミネンスが白く飛んでしまい、不自然になってしまいました。

1/250sの映像1枚を画像処理したものがこちら。
Ls60tha_fha250sgain600_140725_13054

自然ですが、今度は南西(画面右下)のプロミネンスが描写できていません。
太陽もなかなか難しいですね。

東側のプロミネンスがおもしろそうだったので、インターバル撮影も行いましたが、時折薄雲が通過したため、飛び飛びの記録になってしまいました。
一応、簡単なアニメ化もしてみましたが、ところどころ画像が抜けているので時間の進み方が一定ではなく、このままお蔵入りになってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »