« 新機材のテスト | トップページ | 今日の太陽 »

2014年6月 1日 (日)

新機材のテスト2

昨日は日光方面に遠征も考えたのですが、あまり体調が良くなかったので自宅でQHYのテスト撮影を続けました。5/30同様、覚え書きです。

  • 前回はノーフィルターでの撮影になってしまったので、違う接続を試す。
  • 25cmでカメラアダプター + Borg NK→M57AD + M43P0.75→M57/60AD【7360】+ノーズピース(IRカットフィルター)で問題なく合焦。
  • 冷却温度の設定について、付属ソフトであるEZCAPの英文マニュアルには「set a target CCD temperature」とあったので、その温度まで冷却されるのだと思っていたが、日本語マニュアルでは「外気温より何度冷却するかを設定」と記述してある。大きな違いなので、販売店に問い合わせ中。

撮影は、まず西に傾いたM94を狙いました。オートガイダーの調子が良く、それだけで満足です。

M9425cmf6ircd300s16mhctkdigim_20140

次にM51に向けました。10分露光をしたのですが、星像が伸びてしまいました。オートガイダーの先行きに不安が残ります。
10分のダーク画像も撮っていないので、露出を5分に戻して撮像しました。

M5125cmf6ircfd300s16mhckdigi_201405

BJ-41Lと比べると、感度的には大きな差は無いように感じました。
ピクセルサイズが少し小さくなっているので、実質的には性能が上がっているとは思います。また、なんといっても画角が広いのがうれしいです。
系外銀河の撮影では、その恩恵にあまりあずかれていませんが…。

|

« 新機材のテスト | トップページ | 今日の太陽 »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/59843425

この記事へのトラックバック一覧です: 新機材のテスト2:

« 新機材のテスト | トップページ | 今日の太陽 »