« 河口湖での富士山(3/22) | トップページ | 定点観察 »

2014年3月30日 (日)

ぐんま天文台表彰式&60cm自作望遠鏡

昨日は、いろいろあって充実した1日になりました。
まずはぐんま天文台へ。アイソン彗星写真コンテストの表彰式でした。

Img_20140329_135525tmus

最優秀賞は群馬星の会会員のMさん。ここしかないというタイミングで捉えたすばらしい写真でした。式後に即興で行われた高校生の発表も、頑張る姿勢が伝わってきました。

Dsc_0357mus

帰り道の途中では群馬大学のI教授のところに行き、太陽望遠鏡用の赤道儀をお借りしてきました。前日に連絡をいただいたのですが、急遽都合を付けていただき、寄らせていただいたのです。これで、生徒に見せるときや貸出をするときも、さらに快適に使うことができそうです。

その後、吉岡町の大型店に寄っていると、Kさんから「60cmが動くようになっているから見に来ないかい」とのお誘いがありました。幸運なことに近くにいたので、すぐに向かいました。

60cm

チロ望遠鏡をもとにした60cm反射は、復活の作業中に見せていただいたことがありましたが、そのときは車庫の中でした。それがいつのまにか、コンテナに載せられた観測室の中に収められていました。このまま2t車に積めるとか。これでいろいろな星まつりに出かけたら、さぞかし話題になることでしょう。

早速、木星を見せていただきましたが、薄雲を通した状態で、7mmのアイピースでも明るすぎるほどに見えるのには驚きです。比較的シーイングも良く、飽きることなく眺め続けました。

スマホで手持ちコリメートを行い、その後無謀にも動画を撮りました。冗談半分で「これをレジスタックスで処理して…」などと言っていたのですが、実際にやってみたのでアップしておきます。ただし、スタックしたフレーム数も少なく、この鏡の実力は全然表せていません。

20140329

フォーク式の自作赤道儀もとんでもなく優秀です。3000mmのノータッチガイドの画像を見せていただきましたが、エラーがほとんどありません。現在はオートガイダーの調整中だそうですが、今後、どんな画像を見せていただけるのか、今から楽しみです。

当初の予定では妻と出かけ、高山温泉にでも入ってのんびりして来るはずだったのですが、思わぬ変更がいろいろあり、刺激をたくさんいただいた1日となりました。

|

« 河口湖での富士山(3/22) | トップページ | 定点観察 »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

彗星」カテゴリの記事

群馬星の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/59404989

この記事へのトラックバック一覧です: ぐんま天文台表彰式&60cm自作望遠鏡:

« 河口湖での富士山(3/22) | トップページ | 定点観察 »