« DOG NS-5000 その5 恒星時駆動はOK | トップページ | DOG NS-5000 その6 オートガイドができない… »

2013年11月 1日 (金)

ぐんま☆星まつり

Tentai20131101今夜は、群馬県生涯学習センターで行われた天体観察会に行ってきました。
これは、2009年の世界天文年をきっかけに始まった「ぐんま☆星まつり」のイベントの一つとして開催されたものです。

はじめにプラネタリウムで今夜の星空の解説です。
スペシャルプログラムとして、8/12のスピカ食を北限界線で捉えるために秋田県まで遠征した我妻さん(群馬星の会会員)によるスピカ食の解説もありました。

肝心の空の状態ですが、目立った雲はないもののあまり透明度がよくありません。
群馬星の会会員が用意した望遠鏡5台、双眼鏡1台でいろいろな天体を見ていただきましたが、月や明るい惑星もなく、ちょっと迫力には欠けていたかもしれません。

さて、前述の我妻さんは、昨冬からNS-5000を使っていらっしゃいます。
そこで脱調のことを相談してみました。
すると我妻さんも経験済みで、電源を24Vにしたところ、解消したとのことでした。
私が使っている電源は、アマチュア無線用のもので、出力が1-15Vに可変できるので、今度試してみようと思います。

|

« DOG NS-5000 その5 恒星時駆動はOK | トップページ | DOG NS-5000 その6 オートガイドができない… »

天文機材」カテゴリの記事

群馬星の会」カテゴリの記事

観察会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/58552217

この記事へのトラックバック一覧です: ぐんま☆星まつり:

« DOG NS-5000 その5 恒星時駆動はOK | トップページ | DOG NS-5000 その6 オートガイドができない… »