« アイソン彗星消滅? | トップページ | 先週末の遠征 »

2013年11月30日 (土)

白昼の彗星

2006p1d80fsq2500s10pdigitphm070113はじめにお詫びです。
画像は、2007年に白昼撮影したマックノート彗星です。アイソン彗星ではありません。
このときは、まさか青空の中に彗星が見えるとは思っていませんでした。
露出時間はなんと1/2500秒。これも想定外の数字でした。当時の様子はこちらからどうぞ

さて、アイソン彗星はすでに核が確認できず、雲散霧消してしまいそうな状態です。さらに、マックノートの時に比べて、より太陽の近くにあります。それでも、可能性が0ではないならと思い、探してみることにしました。

作業は安全面を考え、自動導入で行うことにしました。それには、望遠鏡と星図ソフトの位置を同期させる必要があります。昼間なので、すぐに利用できる天体は太陽です。そこで、まずは半透明のキャップをつけたファインダーに太陽を導入しました。もちろん、目でのぞくようなことはせず、白い紙に投影しました。
次に、25cm反射の視野にベガを導入し、精度を高めました。同時にピントチェックも行いました。
そしていよいよアイソン導入です。望遠鏡はそれらしい方向を向いていますが、太陽の光も鏡筒内に差し込んでいます。それを厚紙で遮りながらの観察でした。

しかし、結局、アイソンはまったくわかりませんでした。ε-160で撮影もしましたが、ベガは写ったもののアイソンは影も形も確認できませんでした。

今日は新月期の週末です。
もし、アイソン彗星が大彗星になっていたら、東側が開けた場所を探しに行き、ついでに昇るオリオン座でも撮影して来る予定でした。
こんな日に限って、天気予報は一晩中快晴です。
せっかくなので、気晴らしもかねてこれから出かけてこようと思います。

※星ナビ12月号の記事にもあるように、今回の観察は太陽に近いため十分注意を払わないと目を痛めてしまう可能性がありました。くれぐれもご注意ください。

|

« アイソン彗星消滅? | トップページ | 先週末の遠征 »

天体写真」カテゴリの記事

彗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/58685815

この記事へのトラックバック一覧です: 白昼の彗星:

« アイソン彗星消滅? | トップページ | 先週末の遠征 »