« 11/23のアイソン彗星 | トップページ | 太陽に近づくアイソン彗星 »

2013年11月24日 (日)

11/24のアイソン彗星&24V電源

Dsc_0724m今朝は、低空の透明度がよくありあせん。さらにアイソン彗星が昇ってくる時刻も遅くなったためか、水星&土星は見えているものの、7×50の双眼鏡でもわかりませんでした。

場所は、昨日と同じ所です(歩いて3分でした)。山の形から検討をつけて撮影してみましたが、シミのようにかすかに写っているだけでした。

画像は、まず水星と街の様子です。右下に我が家のドームが写っています。こんなに下にあることから、視界の悪さがわかると思います。
本来なら、ドームと大彗星の2ショットを狙っていたのですが、肝心の彗星が写りません…。

Dsc_0742tonem2枚目は80-200mmの望遠ズームで東の空を撮影した画像です。
白い円の中にアイソンがあるはずなのですが、このサイズだと全然わかりません。

Stellanavi9t3枚目は比較用にステラナビゲーターでシミュレーションした様子です。

これを目安に2枚目の画像を等倍のまま1600*1200で切り出し、800*600にリサイズしたものが4枚目の画像ですが、それでもよくわかりません。

ここまで見づらいと、条件が悪いからだけではなく、アイソン彗星そのもが暗くなっているのでは、と思わざるを得ません。この後、太陽に接近しても消滅せずにもちこたえて欲しいと願うばかりです。

Dsc_0742nxtonetm午後は群馬星の会のYさん宅へ行ってきました。

用件は、DOG NS-5000用にAC→DC電源(24V)を譲っていただくことでした。
ついでに、FS-78にフリップミラーを使うとピントがでない件を相談しました。
バーローレンズを使えばOKなのですが、そんなに高倍率は必要有りませんし、なにしろ接眼部が長くなってしまい、強度的に不安です。
群馬星の会の例会では「鏡筒を切ってもらえば」というアドバイスもいただきましたが、それはちょっと…。
そんな話をしながら付属の42mmP0.75→31.7mm接眼アダプターを眺めていたYさんから、「内側にずっとねじが切ってあるので、このアダプターを切断してよければそれで解決するんじゃない?」とのお言葉。
自分は何か変換リングを調達することばかり考えていたので、これは目から鱗でした。

早速、旋盤でX軸方向のを2cmカットしていただきました。

帰宅後、望遠鏡に装着してみるとドロチューブを1cmほど繰り出したところでピントが合いました。Yさん、お世話になりました。

|

« 11/23のアイソン彗星 | トップページ | 太陽に近づくアイソン彗星 »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

彗星」カテゴリの記事

群馬星の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/58655542

この記事へのトラックバック一覧です: 11/24のアイソン彗星&24V電源:

« 11/23のアイソン彗星 | トップページ | 太陽に近づくアイソン彗星 »