« DOG NS-5000 その4 自動導入では脱調… | トップページ | ぐんま☆星まつり »

2013年10月27日 (日)

DOG NS-5000 その5 恒星時駆動はOK

Isoneldf60s10m211kdigim_20131027今朝は早起きをして、アイソン彗星を撮影しました。
新しいシステムでのファーストショットです。ただし、オートガイダーはまだ試していないので、機械任せのノータッチガイドです。

望遠鏡をレグルスに同期させてから自動導入をしてみると、やはり赤経が脱調してしまいます。仕方なく、ステラナビゲーターを見ながらハンドコントローラーを使って導入することにしました。

撮影そのものはできましたが、途中からピントがずいぶん甘くなってしまいました。
起きてすぐに撮影したためにε-160が温度順応していなかったのかもしれません。
でもまぁ、一応の撮影ができて一安心です。

Ngc253edfl60s20mdigim_322夜はNGC253を撮影することで、恒星時駆動のスピードを確認しました。
ピリオディックモーションによるガイドミスはあるものの、特に大きな問題はないようでほっとしました。

|

« DOG NS-5000 その4 自動導入では脱調… | トップページ | ぐんま☆星まつり »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

彗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/58532619

この記事へのトラックバック一覧です: DOG NS-5000 その5 恒星時駆動はOK:

« DOG NS-5000 その4 自動導入では脱調… | トップページ | ぐんま☆星まつり »