« 天文雑誌から(村山先生の思い出) | トップページ | バーティノフマスク その3 »

2013年9月 9日 (月)

バーティノフマスク その2

Dscn0598m昨日は、OHPシートに印刷したマスク画像を望遠鏡に取り付けられるように加工しました。

使ったのは、2012年5月の金環日食用に使った箱のふたです(100均ショップで購入)。

まずはふたをカッターで円形にくりぬきます。

Dscn0601m次に、白い水玉模様による影響を減らすために黒く塗りつぶします。

Dscn0609m

そして、中心を合わせて、シートを貼り付けます。

Dscn0610m

外形がフードとほぼ同じなので、このままではかぶせて使うことができません。
簡易的に、幅広の黒いビニールテープを貼り合わせ、周りを覆うようにしてみました。

黒いクリアファイルなどをドーナツ状に切り抜いてもいいと思いますが、
とりあえず、手元にあるもので作ってみました。

シートの透明度が低かったり、傷がついてきたりすると使いにくくなってしまいそうですが、そのうち実際に試してみようと思います。

|

« 天文雑誌から(村山先生の思い出) | トップページ | バーティノフマスク その3 »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/58258724

この記事へのトラックバック一覧です: バーティノフマスク その2:

« 天文雑誌から(村山先生の思い出) | トップページ | バーティノフマスク その3 »