« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

糸魚川ジオパーク

Dsc_0053m今年はリフレッシュ休暇をいただける年なので、かねてから行ってみたかった場所に出かけてきました。

いくつか石ころを拾ってきましたが、鑑定能力もないので、庭に転がったままです。
このあと、フォッサマグナミュージアムに立ち寄りました。

Dsc_0063mtus糸魚川周辺はジオパークに指定されています。

自動販売機もご覧の通りです。

フォッサマグナパーク

これが有名な糸魚川-静岡構造線。

ここは、フォッサマグナパークと呼ばれ、構造線を人工的に露出させた断層見学公園です。

Dsc_0075musパンフレットによると、断層破砕帯をはさんで、東側の約1600万年前の岩石(右手)と西側の約4億年前の岩石(左手)が接しているそうです。

ここで東日本と西日本に分かれるため、文化や習慣もかなり異なるそうです。

続きを読む "糸魚川ジオパーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

ぐんま天文台夏祭り2013

Dsc_0045m一昨日は、ぐんま天文台夏祭り2013が行われました。今回が第1回になります。
県立の天文台での星祭りというのは、かなり珍しいのではないでしょうか。

本館前の広場には、各メーカーさんのブースが設置され、望遠鏡をはじめとするたくさんの天文グッズが並べられていきます。Dsc_0066m地元の高山村や商工会の出展やサービスもあり、にぎやかな1日となりました。

群馬星の会もテントを二つ用意してフリーマーケットに参加しました。
右側の星の会本部テントでは、会員が撮影した天体写真の販売や、小さなお子様向けのグッズを格安で販売しました。
左側の簡易テントは、天体観測用機材のブースです。会員が持ち寄った機材は、大きなものは15cmF8屈折鏡筒から小さなものはファインダー脚まで様々。
ナグラーのアイピースや双眼鏡は、早々に売れていきました。中でもニコンの6.5c屈折鏡筒は問い合わせが多い人気商品でした。

Dsc_0052m天候はあまり安定していませんでしたが、テント脇ではLUNTの太陽望遠鏡によるHα観察も行いました。また、群馬の”ゆるキャラ”、ぐんまちゃんも駆けつけてくれました。

Dsc_0077mus夕方からは雷雨の心配があったため、会場を天文台の館内に移しました。ここでは、ちょうど群馬星の会による天体写真展が開催されています。
夏祭りは1日だけの開催でしたが、写真展は9/23までなので、ぜひぐんま天文台までお出かけいただければと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

7/20の太陽

私の住む地域では、ほとんどの小中学校が7/19に1学期の終業式を迎えました。子どもたちは、いよいよ夏休みです。

しかし、天気の方はあまりはっきりせず、20日も午前中は太陽が顔を見せずに、少し涼しいくらいでした。

Ls60thafha_130720_154600_n591wptoneNSO/GONGのH Alpha Network Moniterの画像を見ると、こんな日に限って太陽面がおもしろそうなのですが、天候には勝てません。

ところが、午後になって出かけているうちに少しずつ晴れてきました。急いで帰宅し、薄雲越しに撮影したのが、左の画像です。
最近にしては大きめのプロミネンスが見られました。
(機材は7/15と同じ)

夜は群馬星の会の例会に行きました。今週末がぐんま天文台夏祭り2013です。同時に天体写真展も行われるので、会員のみなさんが持ち寄った天体写真やフリーマーケット出品商品で、大いに盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

7/15の太陽

Ls60thafha_130715_093028_n588wptone海の日だった昨日。久しぶりに太陽を見ました。
なかなか面白いプロミネンスが出ていたのですが、雲がどんどん流れてきてしまい、時間変化を追うことはできませんでした。

LUNT THa60(ダブルスタック) DMK-51
Registaxでスタック&ウェーブレット処理
Photoshop Element7で回転&疑似カラー処理

Ls60thafha_130715_095022_n589wprmこちらは少し拡大した画像です。

光球面が真っ白だと、何の写真かよくわからないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

梅雨明け

Dsc_0021tus気象庁は今日午前、関東甲信越地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。平年より15日、昨年より19日早いそうです。

太陽も時おり顔をのぞかせていましたが、Hαで写真を撮るほどにはすっきり晴れませんでした。

Dsc_0038tmusそこで、庭に咲いていた花を撮影してみました。レンズは防湿庫の奥に眠っていたTokinaの90mmマクロ。もちろんMFです。

身体を前後に動かしてピントを合わせるので、AFではなくても問題ありません。

それにしても、マクロって被写界深度がこんなに浅かったっけ?と、久しぶりの感覚が面白かったです。

同時に、フィルム時代の1コマに懸ける意気込みや現像が上がってくるまでのドキドキ感なども、ふと思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »