« 天文雑誌の発売日 | トップページ | ぐんま天文台夏祭り2013 »

2013年6月15日 (土)

フラットエイドを試す

2011l4ef60s15m066175syum2左の画像は、6/3に自宅で撮影したパンスターズ彗星です。
以前書いたように、透明度も悪く、またフラット処理もうまくいきませんでした。あまりにもひどいので、このままお蔵入りするはずだった画像です。

Takahashi ε-160 + EOS KissX6i(改) 60s×15
川上勇氏製作31cm用赤道儀 ノータッチ撮影 
Vixen製Skysensor2000PC
StellaImage7で合成&デジタル処理

そこで、先日ご紹介した「フラットエイド」を使ってみました。細かいパラメーターなどはかなりいい加減です。また、元画像が悪すぎるので、最終結果もあまりいいものではありませんが、その効果をご覧いただけたらと思います。

2011l4ef60s15m066175tfltonem2
バックのしまり具合なども変えてありますが、上の画像はこのくらい明るくしないと尾が全く見えてきませんでした。

今回は、ひどい画像を何とか見られるようにするために使いましたが、そこそこの画像をもう少しよくしたいときなどにも使ってみたいと思いました。

|

« 天文雑誌の発売日 | トップページ | ぐんま天文台夏祭り2013 »

天体写真」カテゴリの記事

彗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/57595563

この記事へのトラックバック一覧です: フラットエイドを試す:

« 天文雑誌の発売日 | トップページ | ぐんま天文台夏祭り2013 »