« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

群馬星の会 50周年記念行事

0003mus先日、ご紹介したように、群馬星の会はこの5月2日に創立50周年の節目を迎えることができました。
昨日はそれを記念しての講演会&祝賀会を行いました。

講演会は、群馬県生涯学習センターのプラネタリウム室で行いました。講師は、福島県田村市星の村天Cimg5711mus文台の大野裕明台長です。
懐かしい「星空への招待」の話や隕石捜索、全国を回ったハレー彗星観測会の話など、白河天体観測所にまつわるお話から、海外への皆既日食遠征、オーロラ鑑賞など、すばらしい天体写真を交えての解説まで、あっという間の1時間半でした。

 

Img_1828srtl_edited祝賀会は前橋市内のホテルで行いました。大野台長の他、生涯学習センターの方を初めとする星の会の活動を支えてくださっている方々もお招きしての盛大な会となりました。
普段の定例会にはなかなか出席できない方にもたくさん駆けつけていただき、思い出話や最近の天文界の話題に花が咲きました。

Dscn0338mus
その後も、ホテルの7階にあるダイニングラウンジでの二次会、有志によるホテルの部屋での三次会と、楽しい時間が続きました。

本会の活動が、今後も活発なものになるよう、尽力していく所存です。


なお、群馬星の会では随時、新会員を募集しております。興味のある方はぜひご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

ヴェルナーのX

Img_0632toneusm昨夜は群馬大学教育学部理科教育長期研修院でお借りしているデジタルカメラを、太陽以外の天体に向けてみました。

対象は半月前の月です。

いつものように、あまりシーイングは良くなかったのですが、それなりには写ってくれました。

今日になって、ふとヴェルナーXのことを思いだし、調べてみたらちょうど見やすい日時でした。

ヴェルナーXとは、上限の頃、月の欠け際にアルファベットの”X”のような模様がみえるもので、「月面X」とも呼ばれています。近くにヴェルナー(Werner)という名前のクレーターがあるので、海外ではこう呼ばれていることが多いようです。

25cmf6_130517_202600_n1438wptoneusy
今回は、モザイク合成を行おうと思って別のカメラでも撮影していたので、その付近の拡大画像も載せておきます。
矢印のさきに「X」があるのですが、おわかりになるでしょうか。

この「X」が次回見やすくなるのは11月10日だそうです。晴れていたら、もっと意識してしっかり見てみたいと思います。

詳しくは、東田守生さんのサイト「月世界への招待」のこのページがおすすめです。

肝心のモザイクは、あまりにも適当に撮影したため、月全体をカバーしておらず、お蔵入りになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

5/5の土星

25cmf625pm_130505_224335_n2863wplev前回の反省を生かし、昨夜は拡大率を下げてシャッタースピードを速くしてみました。その結果、コマ数が稼げたので、幾分シャープになっているようです。
土星は木星より自転が遅いので、今後は撮影時間を長くして対処していこうと思います。

3日の晩同様、銀河の撮影も行ったのですが、モーターのトルク不足でまたもや赤道儀が正常に動いていませんでした。
明け方に回ったパンスターズ彗星も、全然撮影できていません。アイソン彗星が見える頃までには、機材を何とかしたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

5/3の土星

25cmf65xpm_130503_222357_n783wple_2昨夜も引き続き、ドームを開けました。
今回は見頃となった土星です。和の傾きもちょうど良く、いかにも[土星」といった姿をしています。

写真的には、かなりぼやけています。2012年初頭に入手したDBK-31ASでの撮影ですが、感度があまり高くないので速いシャッタースピードが切れません。

以前のビデオカメラの方が良かったかもしれません。

土星を撮影したあとは、春の銀河を狙ったのですが、ずいぶん雲が出てきてしまい、収穫はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

M(メシエ)89

M8925cmf6ldf300s15mtdigissm昨夜は、久しぶりにメシエ天体の撮影をしました。
対象はおとめ座の楕円銀河、M89です。2009年5月に全メシエ天体の一応の撮影が完了したのですが、このM89だけは、自前の機材ではなく、ぐんま天文台で撮影したものだったのです。

ゴールデンウィーク中の晴天だったので撮影してみたのですが、久しぶりで機材の扱いに手間取り、またシーイングもひどかったので、画像自体はいつものように「写っている」というレベルのものです。
ただ、年度末から4月いっぱい続いた忙しさから少しは開放されて、リフレッシュすることができました。

今度はのんびりと「全メシエ天体のカラー化」に取り組んでいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »