« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月23日 (土)

3/21のパンスターズ彗星

その後のパンスターズ彗星観察記です。

3/18(月) 曇り

3/19(火) 薄曇り:職場から探すが、見つからず

3/20(水) 曇り?:お祝い事で食事会

2011l40321_fsq4s10m2s10mlevelrtm3/21(木) 晴れ:久しぶりに撮影

しかし、この日はカメラをバッグごと自宅に置き忘れてしまいました。幸い、1台は車に積みっぱなしだったのですが、SDカードはすべてカメラバッグの中。職場に置いてあったコンパクトデジカメのカードを抜いて持っていき、事なきを得ました。

画像はこの日のものです。彗星はやや小さくなりましたが、透明度が比較的良かったので、双眼鏡を使えば右上に伸びた尾も確認できました。

カメラが1台だけだったので、拡大画像のみです。

撮影データ
キヤノン EOS KISS X6i(改) 
TAKAHASHI FSQ-106(f=530mm F5) 2秒×10コマコンポジット(トリミング) ISO400

3/22(金) 曇り

3/23(土) 晴れ→曇り:
天気予報では夕方から曇るはずが、日没時になっても晴れていました。車から降ろしてしまった機材を再び積み込んで出かけようかとも思ったのですが、休日出勤が続く忙しさのために断念。19時には一面雲でしたが、いつまで晴れていたのかはわかりません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

昨夜(3/16)のパンスターズ彗星

2011l4_0316_fsq1064s14mdigitonetm年度末で忙しく、昨日も今日も休日出勤をしました。

昨夜は職場からそのままいつものポイントへ。
いつものメンバーで、いつものように撮影を開始しました。

透明度は15日(金)よりさらに悪く、望遠レンズで写した彗星の画像は情けないほどでした。

望遠鏡で拡大撮影して、やっと見られるといったレベルです。

撮影データ
キヤノン EOS KISS X6i(改) 
TAKAHASHI FSQ-106(f=530mm F5) 4秒×14コマコンポジット(トリミング) ISO400

撮影後、群馬星の会の3月定例会へ。
遠征している方が多かったせいか、いつもより集まりが悪かったです。

今夜は薄雲が広がっていたので、いったんは帰宅することにしたのですが、少し好転してきた気がして、結局いつもの場所に行ってきました。

空は予想通り昨夜よりさらにひどい状態で、かろうじて彗星を見つけたものの、アップできる画像はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

3/15のパンスターズ彗星

Dsc_67056708_05s4mtonem今日は透明度が悪かったです。

心の目を使わないと、彗星も浅間山も見えてこないかもしれません。

肉眼はおろか、双眼鏡でもなかなかみつかりませんでした。

Img036503742011l4fsq2s10mdigitonetr
こちらは、昨日と同じ光学系による拡大撮影です。

高度が高いうちは薄明が残り、空が暗くなってきた頃には彗星は靄の中。

露出時間を延ばし、何とかそれなりに写したといったレベルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

3/14のパンスターズ彗星

昨夜はパンスターズ彗星と月齢2の細い月が並ぶ絶好の撮影チャンスだったのですが、あいにくの曇り空。深夜には雨も降り出す空模様でした。

Dsc_6608digitone2bgsmさて、今夜は一転してすっきりとした空。今までで一番良い条件だったため、肉眼でも何とか彗星を確認することができました。

ニコンD7000 80-200mm(f=135mm) F3.5 2秒

Dsc_8228level_spotmこちらは月と一緒に撮影してみました。でも、彗星が小さすぎて、どこにあるのかよく分かりません。

ニコンD80 AF-S DX ズームニッコールED 18~70mm F3.5~4.5G(IF) 62mm F4.5 3秒

2011l420130314fsqx6i2s8mdigitrim2_2最後は望遠鏡による拡大撮影です。3/12より拡大率を上げたかったので、FSQ-106という望遠鏡を使いました。

キヤノン EOS KISS X6i(改) 
TAKAHASHI FSQ-106(f=530mm F5) 2秒×8コマコンポジット(トリミング) ISO400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

3/12のパンスターズ彗星

Dsc_6460m今日もパンスターズ彗星見物に行ってきました。

場所は昨夜と同じところです。
メンバーも同じ顔ぶれが集まりました。

着いたときは、ご覧のような景色。浅間山が春霞に煙っていました。

Dsc_6461m太陽も、雲の中に入ってしまい、消え入りそうです。

今日は赤道儀も持っていったのですが、これでは使う機会がないかもしれません。それでも、一応車から機材を降ろし、組み立て始めました。

Dsc_6472m_2そうこうしているうちに、日没です。

ここは浅間山がほぼ西に見えます。
春分&秋分の日は、絶好の日没見物ポイントになりそうです。

Dsc_6482tonebgsm_3さて、肝心の彗星ですが、雲の合間から何とか見ることができました。

撮影データ
ニコンD7000 80-200mm(f=135mm) F3.2 1秒 

日没の写真を撮るときに、ISO200に設定したまま撮影してしまいました。

Img_01170126_10mdigitonertmこちらはちょっと古い望遠鏡で撮影したものです。

キヤノン EOS KISS X6i(改) 
PENTAX 100SDUF (f=400mm F4) 1秒×10コマコンポジット(トリミング) ISO400

このくらい拡大すると、彗星っぽい感じがしますね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

3/11のパンスターズ彗星

今日もこの季節にしてはましな空模様です。仕事帰りにパンスターズ彗星見物をしてきました。

仕事のある日はあまり遠出もできないので、以前兄に教えてもらった場所に行くことにしました。何でも、浅間山から榛名山までよく見える丘だとか。

現地に着くと、すでに先客が…。なんと星仲間のTさんでした。

Dsc_6433tonebgsspm彗星は7*50の双眼鏡でなんとかわかりましたが、やはり期待はずれですね。長い尾を引く姿は見られませんでした。

1枚目 80-200mm(f=135mm) 1コマ
2枚目 6コマコンポジットより等倍切り出し

いずれもD7000 固定撮影 1秒露出

Dsc_643364386mtonet途中からは兄も加わり、楽しい観察になりました。良い場所を教えてもらって「感謝」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

やっと捉えたパンスターズ彗星

昨日は桐生市で、25.4度を記録。1976年3月以降の観測以史上、最も早い夏日を記録しました。
そして今日も24.4度を記録。それが、午後になって寒冷前線が通過し、急激に風が強まるとともに気温も急降下してきました。
強い冬型の気圧配置のために、透明度は昨日よりは良さそうです。早速、カメラを車に積んで、パンスターズ彗星を探しに出かけました。

赤城山の南面を走っていると、そこここでひどい砂埃が舞い上がっています。昨日と同じポイントに着くと、畑から飛ばされた砂がひどく、車から降りることができないほどの状況です。仕方なく移動することにしました。

西が開けている場所を探してどんどん進み、最終的にM公園の北西に陣取りました。
しかし、ここも強風です。
さらにこの場所では事前にシュミレーションしていないので、彗星の位置が分からず、双眼鏡でも見つけられなかったので構図が決められませんでした。

Dsc_6396digitonetrimm適当にシャッターを切ったのですが、三脚が倒れるのではないかという強風でろくに画像の確認もできません。

あきらめて帰宅してからモニターで見たら、何とか写っていましたが、なんだかすっきりしない成果となりました。

一応、画像をアップしておきます。

撮影データ
ニコンD7000  ISO400  18:25  1/4s
Ai AF Zoom Nikkor ED 80~200mm F2.8D (f=135mm)  F3.2
ステライメージ7でトーンカーブ調整及びトリミング


結局、始めに予定していた場所と同じように浅間山付近に沈んだようですが、透明度が悪く、このあとの画像には写っていませんでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

パンスターズ彗星は確認できず…

Dsc_6364mAstroartsのHPを見たら、昨日、門田健一氏がパンスターズ彗星を捉えたとのことでした。それも埼玉県上尾市で。記事はこちら

私も早速、出かけてみましたが、春霞や黄砂の影響で、桐生市内から見た赤城山もかすんでいます。
こんな日は、標高をかせぎたいと考え、かねてから狙っていた峠に足を運ぶことにしました。そこは標高1000m。そして今日は、パンスターズ彗星が浅間山に沈むポイントなのです。

Dsc_6366mところがいざ近くまでいってみると、なんと【崖崩れのため3/22まで全面通行止め】の案内板が…。

仕方なく、以前マックノート彗星を捉えた丘に行き先を変更しました。

しかし、ご覧のような状態。浅間山さえはっきり見えません。双眼鏡でも彗星は全く確認できず。

さて、今後どこで観測するか、再検討が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

StellaImage7を使ってみました

Ls60tha_fha_130303_122104_n590wphkmステライメージ7の「Hα画像補整」機能を試してみました。

パラメーターはしきい値15% 明るさ0.35 自動レベル補正OFF です。

先日アップしたPhotoshopでのシャドウ&ハイライト補正よりは、太陽の周辺減光が自然ですが、光球面右下の縁が白く飛んでしまっています。

簡単に補正できるので、最適なパラメーターを早く決めたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

3/3の太陽

Ls60tha_fha_130303_122104_n590wpish昨日の太陽面です。
午前中に、大規模のプロミネンス放出があったようですが、見逃してしまいました。

今回は、2/10のような露出の異なる画像の合成ではなく、Registaxで作った1枚の画像をPhotoshop Elements7のシャドウハイライト処理でプロミネンスが見やすくなるように処理しています。

明日発売予定のStellaImage7には、こうした光球面とプロミネンスの画像処理機能が搭載されているようなので、どれくらい使えるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »