« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

カノープス

59515960_output_comp_tcm
少し前の話です。1/18の観察会のあと、自宅に戻ってから木星の撮影を考えたのですが、思ったよりシーイングが良くありません。しかし、観察会でいろいろ刺激を受け、何か行動をしたい気分が高まっています。
そこで、カノープス見物に行ってきました。

場所は近くの公園。低空の透明度はあまり良くなく、カノープスは「位置を知っているから肉眼でも見つけられる」といった程度でした。
準備に手間取り、南中時刻も過ぎてしまったので、証拠写真的な画像です。

<撮影データ>

ニコンD7000 
AF-S DX ズームニッコールED 18~70mm F3.5~4.5G(IF) 25mm F4.5で撮影
15s×10コマ

2013011812tm今日になって、ステラナビゲーターでこのときの様子を再現してみました。地形も描いてみたのですが、「光跡残し」にすると、地形は消えてしまうのですね。

今回は、「残さない」に設定したときの地形をPhotoshopで合成してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

連夜の観察会

Dscn9901sh_level_usm1/18(金)は、桐生市立図書館、今夜は桐生市青少年野外活動センターでの観察会でした。

18日の観察会は、インフルエンザの影響もあってキャンセルが相次ぎ、参加者が少なめでした。そのため、じっくり望遠鏡を覗いていただくことができました。

画像はその際に撮影したものです。望遠鏡は前回と同じく、五藤光学製の8cm屈折。K-40mmによるコリメート撮影です。先月は携帯電話での撮影でしたが、今回はニコンCoolpix P5000です。
お客さんが少なかったので、私もじっくり撮影することができました(^_^;)

Dscn9911tm2枚目は調子に乗って撮影した木星です。こちらは主砲の15cmF15屈折。30年以上前から稼働しています。

カメラは同じく、P5000。中央部分をトリミングしただけのjpg撮って出しです。

冬にしてはシーイングが良く、コンデジの手持ち撮影でもそこそこ写ってくれました。

帰宅後、自宅ドームでも木星の撮影をしたのですが、こちらはちょっと期待はずれ。そこそこのものは撮れても、それ以上の画像はなかなか難しいです。

そして今夜は、街からちょっと離れた場所での観察会でした。空の暗さを生かすため、例年は月のない時期に行っているのですが、今回は珍しく半月期の開催でした。
夕方から雲が多く、すっきりしない空でしたが、月や木星、すばるやM42を楽しんでいただくことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

雪に備えて

Dscn9844mus年末年始の休みに、眠っていた赤道儀を引っ張り出しました。以前、先輩から譲っていただいた、高橋製作所のEM-100です。
家を建てたばかりの頃はベランダに設置し、専用の望遠鏡カバーを掛けて保管していました。
今回は、これを太陽観察用に使おうと考え、ドームのベランダ部分に設置しました。

この赤道儀は両軸駆動で、モータードライブ(PD-4XY)には、太陽追尾のモードもあります。

残念ながら、北極星が見えないので、ガイドのずれを頼りに極軸の設置方向を修正しました。

Dsc_5926mus今日の太陽は、撮影時刻が遅く、薄雲越しの撮影になってしまいました。

天気予報では、このあと雪の予想になっています。
普通なら、赤道儀はまた分解、保管するのですが、せっかく極軸が合ってきたところです。そこで、急遽、赤道儀用にカバーを買ってきました。

といっても専用品ではなく、厚手のビニール袋とタイヤカバーの併用です。しばらくは、これで様子を見てみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

1/12の太陽

Ls60tha_fha___130112_140939_n518wps今日の太陽です。
大きな黒点があり、その他の領域もずいぶん活発でした。

一時期、太陽像にムラが見られたのですが、最近はあまり目立ちません。透過バンドの調整だけでなく、ブロッキングフィルターが内蔵されている天頂プリズム?の回転角度も影響するのですが、それがうまくいっているようです。

最近、露出を変えた画像を合成しない場合は、Photoshopのライティング→シャドウ・ハイライトで簡単処理をしています。うまくいけば、1枚の画像で光球面の様子とプロミネンスを同時に表現することができますが、今回はあまりうまくいきませんでした。周辺減光のないのっぺりした画像になっただけで、デメリットの方が大きいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

1/2の太陽

Ls60tha__130102_115758_n591wpshrm今年も、星景、星雲・星団、月、惑星、太陽、流星、彗星etc.と、いろいろな天体を楽しみ、カメラに納めていきたいと思います。

画像は昨日の太陽面です。比較的穏やかな日だったのですが、シーイングは最悪でした。プロミネンスも、目立つ物がなかったので、光球面に露出を合わせた画像だけです。

中央付近の黒い影は、H Alpha Network Monitorの画像では確認できません。その周りの4つも怪しいので、CCDに付着したゴミのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

ケアンズ日食のおみやげ

Dscn9925mus昨日、実家に集まっているところに、西東京市に住む甥っ子もやってきました。

お土産はケアンズ日食のチョコレート!!
当日は、ずっと雲が出ていたそうですが、皆既の後半はバッチリ見られたとのこと。良かったです。

甥っ子は、自分で望遠鏡も持っているし、今までスターウォッチングin赤城にもわざわざ駆けつけ、何度も受付などを手伝ってくれています。

これからも、楽しい天文ライフを過ごして欲しいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

あけましておめでとうございます
今年も よろしくお願いいたします

Dsc_5881usm

先ほど、近くの公園で初日の出を見てきました。
今年は、地平線近くに雲があったため、山から昇ってくる様子は分かりませんでした。

Dsc_5891shusm07:08 ようやく、雲の上から太陽が顔を出しました。

Dsc_5875mus_3こちらは、日の出前に撮影した富士山です。山頂部分がほんのわずかだけ見えます。

Dsc_5877mus_2こちらはスカイツリー。鉄塔のすぐ左側に見えるのですが、確認できるでしょうか。

画像はすべて80-200mm(F2.8)のズームを200mmにして撮影。大きさの比較ができます。

Dsc_5877tm中央部分をトリミングしてみました。
次回は望遠鏡で撮影してみようと思います。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »