« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

今日から新学期&8/26の太陽

私の住む市、及び勤務する市では、今日から2学期です。まだまだ暑い日が続きますが、張り切っていきたいと思います。

Dscn926069_n8wprmさて、昨日は北東に大きなプロミネンスが見られました。

まずは、いつものニコンCoolpix P5000 + ビクセンLV-15mmのお手軽セットで撮影(07:16 8枚合成)です。

その後、カメラをBJ-41Lに変え、20秒ごとに3時間ほど撮影しました。8/16には、狙ったのとは違うところで大きな変化があったので、今回は太陽全面を連続撮影してみました。

結果は、だんだんと淡くなっていくプロミネンスの様子が分かるものの、シーイングがどんどん悪化し、おまけに赤道儀のピリオディックモーションの影響もあって動画にするには質が低いものでした。
どなたか、数百コマの静止画を自動で位置合わせしてくれるフリーソフトをご存じないでしょうか。

Dscn9332unsprm2枚目は12:01のものです。北東のプロミネンスはずいぶん小さくなっています(こちらは1枚の画像を強引に画像処理してあります)。

昼間は恒星が見えないのでオートガイダーは使えないし、周りが明るくてパソコンのモニター画面は見づらいし、熱でシーイングはどんどん悪化するし、とにかく暑いし…。太陽の観測は、思った以上に大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

今日の太陽&観察会

昨日に太陽面はとても穏やかでしたが、今日はそれなりのプロミネンスが見られました。
午前中はずっと撮影し、午後はいろいろ買い物をしてきました。
そして夜は、連日の観察会です。

今夜は、桐生市南公園での「第4回 星空観察会」でした。
雲が多くて、土星は運の良い方にしか見ていただくことができませんでしたが、夏の終わりの星空を楽しんでいただけたようです。想像以上に好評だったのが、今夜も見られたISSです。今はスマートフォンのアプリでISSの見える方向だけでなく、現在地も分かるのですね。

Dscn925257_n5wprm帰宅後、画像処理した太陽面です。
(11:37- ニコンP5000+ビクセンLV-15mm  コリメート撮影)

Sun20120825lv15mm005sn48_80perwpshrこちらはBJ-41L+LV-15mmによる拡大撮影です。08:57-

Sun20120825lv15mm003sn48_80perwpshr

続いて、10:21の画像です。

8/21よりは、良像範囲が広かったので、トリミングは行いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

伝統的七夕

今日は旧暦の七月七日。
国立天文台ではかつての七夕に近い日を「伝統的七夕」と呼び2001年から広く報じています。また、2011年より、伝統的七夕の日を中心とした前後数日間、照明を消して星空を見上げようという「伝統的七夕ライトダウンキャンペーン」が有志によって行われています
伝統的七夕ライトダウンキャンペーン(伝統的七夕ライトダウンキャンペーン推進委員会)

桐生市立図書館でも、今夜[七夕の星空を見よう」と題した観察会が行われました。

私も講師として参加してきたのですが、夏の大三角はもちろん、上弦の月や西に沈みかけた土星、星出さんの乗ったISSなどを見ていただくことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

8/21の太陽

Sun20120821007slv15mm_n48_80per_wps

ここのところ、ずっと太陽を撮影していますが、最近はちょっと静かな様子です。

今日の画像は、天体専用の冷却CCDカメラ(BJ-41L)で撮影した画像をRegistaxでスタックし、画像処理を施したものです。Sun20120821006slv15mm101_n48_80per_
1時間ほど、間を開けて撮影したのですが、プロミネンスの変化は、これだけだとまりよく分からないですね(一部トリミング)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

8/16の太陽

Dscn911017_n8wptcm昨日の太陽面には、あたふたさせられました。

まずは07:47、いつものコンパクトデジカメによる画像です。比較的穏やかなDscn911926_n8wptcm様子でした。そこで北西にあるプロミネンスをやや拡大して狙うことにしました。

今回は、プロミネンスの変化を捉えたかったので、DBK-31AU04ASをセットし、天文ガイドのHPから無料配布されているインターバル撮影用ソフトを使いました。

Dscn912729_n3wptcm約30分後にドームに行き、撮影された動画を見たのですが、変化している様子はあまりありませんでした。

念のため、比較用にと、またコンパクトデジカメをセットしたときです。南東方向に大きなプロミネンスがあることにきづきました。

急いで数コマ撮影し、再びDBKに入れ替え、ピントを合わせたのですが、なかなかモニター画面に捉えることができません。Dscn913233tcm

「おかしいな」と思って、CCDカメラを外し、アイピースで直接のぞいてみると、巨大プロミネンスはもう淡くなって消滅していました。

その後、H Alpha Network Monitor で確認してみましたが、かなり短時間の現象だったようです。

狙い所が悪かったですね。拡大撮影ではなく、全体画像の時間変化を追っていれば…と思っても後の祭りでした。

画像は、コンパクトデジカメで捉えたプロミネンスの様子です。

こんなことがあると、太陽撮影も病みつきになってしまいますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

金星食の直後

本日、2度目の投稿です。

Dsc_5265cmベランダから見ると、月が昇ってくると思われる所にはちょうど木があります。しかし、これ以上移動もできないので、金星潜入の時刻までそこで待機することにしました。
すると、木のすぐ右側がほんのり明るくなりました。
証拠写真的に撮った1枚が右の画像です。(02:30 BORG77EDⅡ+1.4倍テレコン)

結局、潜入の様子を見ることはできませんでした。それならばと、今度は出現に向けてドームに行きました。

午前3時頃、月が見え始めました。今のうちに構図も決め、ピントも合わせておこうと望遠鏡を向けましたが、なんと急に大粒の雨。月や木星は見えているのに…。
ドーム内が濡れてしまうのは困るので、仕方なくいったんスリットを閉めました。

あらかじめ、ステラナビゲーターで調べておいた自宅付近の出現時刻(半月状の金星の輝く部分)は03:32。まさしく、その頃に月が見え始めました。急いでスリットを開け、カメラのファインダーをのぞくと、月と出現直後(出現中?)の金星が見えています。しかし、ピンぼけで金星はドーナツ状。ライブビューでピントを合わせようとしたときには、雲に隠れてしまいました。

Dsc_5270ctcmこれなら雲を通して見ることができるかもしれないと思い、待つこと15分。すでに、月からは少し離れてしまいましたが、金星の姿を捉えることができました。雲のためにすっきりした画像は撮れませんでしたが、その中でも比較的ましなものをアップしておきます。(25cmF6ニュートン反射直焦点 ニコンD7000)

Dsc_5116mその後、ベランダに戻り、風景と一緒に撮影しようと思いましたが、天候は悪くなるばかり。雨もまだ時折ぱらついています。

3枚目の画像は、04:23になって、何とか写せた1枚です。

1989年12月2日に見て以来の金星食は、残念な結果になりましたが、欠けた月と欠けた金星の両方をほんのひとときでも見ることができたので、粘った甲斐がありました。
しかし、太陽面通過に次ぐ雨の中での撮影は、あまり繰り返したくはないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金星食は…

久しぶりの金星食です。

今回は、東の空の低い位置(仰角14°ほど)で潜入が始まるため、我が家の天体ドームからは母屋が邪魔をしてしまい、その様子を見ることができません。
そこで、東の空が開けているところに遠征しようと思い、数日前から何度も天気予報を確認し、直前に行き先を決める予定でした。しかし、どこもあまり芳しくありません。

13日午後7時:自宅近辺が比較的良さそうだったので、自宅待機を決定。場合によっては、市内の見晴らしが良いところへ車で移動することにしました。

午後11時:天候はいっこうに回復せず、逆に時折小雨が降ってくる始末。こうなると望遠鏡を組み立てておくこともできません。そこで、車での移動はあきらめ、ベランダから望遠レンズやBORG 77EDⅡによる撮影を行うことにしました。

そして、現在14日午前1時30分すぎ。空の様子は相変わらずです。しかし、太陽面通過の時のように、ほんのわずかの時間でも見ることができるかもしれません。
もう少し粘ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 9日 (木)

8/9の太陽

Dscn9049tcusm今朝の太陽です。
ニコンP5000 + ビクセンLV-15mmによるコリメート撮影ですが、数枚写した画像がうまくスタックできなかったので、1コマからの処理です。
コンパクトデジカメでの撮影ですが、毎回オートフォーカスが効いてレンズが前後するため、微妙に太陽像の大きさが異なっているようです。
それを回避するため、連写モードにして撮影したこともあるのですが、そのときの調子でうまくいったりいかなかったり…。やはり、こうした特殊撮影の時は、マニュアル設定がたくさんできる機種がいいですね。

Sun20120809002slv15mm_n80_80per_wpt2枚目の画像はモノクロ冷却CCDカメラ(BITRAN BJ-41L) + ビクセンLV-15mmによる拡大撮影です。80枚の画像をスタックしました。その後、ステライメージで調子を整え、疑似カラー化してあります。

もう少し拡大率を上げ、プロミネンスに露出を合わせれば、その変化の様子がわかりやすくなるかもしれません。

試行錯誤が続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

夏の星空

Dsc_5148_001tck_nsm群馬の夏は、猛暑日が続いています。しかし、夜になるとほとんど晴れません。そこで、かねてから計画していた星景写真撮影のため、県外まで遠征してきました。

実は、当地の天気予報は雨。でも、他に日が取れないので強行出発です。
案の定、雲に阻まれ、収穫はほとんどありませんでした。この写真も、本来公開するようなものではありません。

さて、何が写っているかおわかりでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

8/5の太陽

Dscn899201_n7wpsplevelm今朝の太陽です。

1枚目はニコンP5000 + ビクセンLV-15mmによるコリメート撮影。7枚の画像をスタックしてみました。ダブルスタックなので、またムラが出ています。

Sunls60tha_120805_063908_n508wptc2枚目はDBK-31ASで撮った動画からの処理画像です。今回は500コマほどの画像をスタックしています。

昨日見えたダークフィラメントが大きくなり、太陽視直径の1/3ほどにも達しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

夏休みキッズフェスタ2012

Dscn8988mus前橋元気プラザ21で、夏休みキッズフェスタ2012 が開かれています。

群馬星の会では、本日4日(土)のみの参加でしたが、「星座時計作り」を行いました。

Dscn8987m用意したのはカシオペア座時計、北天時計、オリオン座時計の3種類。

星座早見盤とは逆の原理で、今見える星や星座の位置や傾きから時刻を知る道具です。

昨年は、群馬星の会の天体写真展も同時開催していたのですが、今年はこのイベントだけでした(そのためか、お客さんはあまり多くはありませんでした)。

次回も、何か魅力的なプログラムを考えて参加したいと思います。

Sunls60tha_120804_070900_n893_70p_2さて、3枚目の画像は今朝の太陽面です。8/2に引き続き、DBK-31ASで撮った動画から900コマほどスタックしての処理画像です。

東に大きなダークフィラメントが現れてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

8/2の太陽

Dscn88908900_n11wp2tcm今年は太陽の画像をたくさん撮っています。

まずは、いつものようにニコンP5000 + ビクセンLV-15mmによるコリメート撮影です。
今回は、ダブルスタックによるムラがあまり出ませんでした。画像は、レジスタックスで11枚合成した後、ウェーブレット処理を施してあります。

Sunlunt_tha_b6000002_n1003wptc2枚目は手持ちのDBK-31ASで撮った動画から1000コマほどを使ってスタックし、処理したものです。

コントラストはつくのですが、なかなか自然な感じになりません。また、全体像は入らないし、かといってプロミネンスの拡大には小さすぎるという、中途半端な大きさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

7/31の太陽

Dscn873143_n8wp_tcmLUNTのLS60THa B600太陽望遠鏡を、またお借りすることができました。

1枚目の画像は、ノーマルの状態で撮影したものです。今回は、8枚の画像をRegistaxでコンポジットし、ウェーブレット処理を施してみました。
いつものニコンCoolpix P5000によるコリメート撮影です。

Dscn8752_d_tcusm_22枚目の画像はダブルスタック用LS60FHaメインフィルターを取り付けたものです。こちらは1枚のみの画像をコントラスト調整しました。

ダブルスタックの方がコントラストが上がるのですが、どうしてもムラが出てしまいます。

他にもいろいろな撮影方法を試みているのですが、なかなかうまくいきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »