« あきらめきれずに | トップページ | 月食の組写真がやっとできました »

2012年1月 6日 (金)

新しい機材

昨日は天文二誌の発売日でした。望遠鏡ショップの店頭などでは、年末のうちに入手できるようですが、地方では毎月5日が待ち遠しいです。

ページをめくりながら、ショップのwebサイトなども見ているうちに、中古のイメージングソースが出ているのを見つけ、つい注文してしまいました。関連アクセサリーも入手しないと取り付けられないので、使えるようになるまでには、まだ時間がかかりそうです。

アクセサリーと言えば、どこかのページを見ていたら、「中国製のタイマーコントローラーは、コネクタ部分がきつめにできているので、金属部分が外れてしまう場合があります。抜き差しはゆっくり行ってください。」というような注意を見かけました。実は、私が知人から譲っていただいたリモコンは、この症状そのもでした。

Dscn7108musこれがそのときの写真。使い始めた一度目で、こうなってしまいました。一瞬、顔面蒼白になりましたが、慎重にラジオペンチで引き抜き、コードに差し込み直しました。

その後、カメラ側に不具合が出ないか心配しながらもずっと使ってきましたが、ペンチは必需品でした。

そして、12月17日。久しぶりの遠征撮影で、このコントローラーを使用中に、つい手が滑ってしまいました。すると…。

Dscn7875mus
ご覧のように、今度はコードからコネクター部分全体が外れてしまい、配線までがむき出しになってしまいました。これでは、さすがに修理不可能です。

年末休暇には撮影を行いたいので、急いで代替品を探したところ、同等品をかなり安く入手することができました(ただし、現在は品切れ中のようです)。

Dscn7898mus左が以前入手して、D80にも使えるようにコネクタ部位分を自分で改造したもの。真ん中が、今回壊れてしまったもの。右が今回、格安で購入したもの。

OEM製品なのでしょうか。製品名やプリントされている文字の字体がわずかに違っているだけのようです。

Dscn7901mus_2裏はこのようになっています。
どれも単4電池×2本なので、キヤノン用よりもリーズナブルで、容量的にも安心です。

このコードのおかげで、ニコンのデジタルカメラでも、一晩中、自動で撮影することができているわけです。

※上で書いた注意事項ですが、どこで見かけたのか…。今日になってから探してみたのですが、見つからなくなってしまいました。S社だったと思ったのですが、短期間で削除されてしまったのでしょうか。

|

« あきらめきれずに | トップページ | 月食の組写真がやっとできました »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/53680508

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい機材:

« あきらめきれずに | トップページ | 月食の組写真がやっとできました »