« 皆既月食(地球の影) | トップページ | 23日の失敗の原因 »

2011年12月24日 (土)

自宅での固定撮影

29493308_120m_800先日のふたご座流星群の時、ちょっと工夫すれば自宅ドームからも北の空が撮影できることが分かったので、昨夜、テスト撮影をしてみました。

狙いは12時間露光です。といっても、20~30秒の撮影を繰り返し、あとから比較(明)合成する手法です。

途中で何度も雲が流れてきてしまったので、長時間の合成はできませんでした。1枚目の画像は、ちょうど雲がかからなかった時間帯(2時間分)の合成です。
Nikon D7000 ISO400 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF →F2.8 20秒露出×360 

46396073_11h58m_8002枚目の画像は、星がちょうど半回転する時間分の合成です。地球の自転周期は23時間56分ほどなので、その半分である11時間58分にしてあります。
ご覧のように雲で遮られてしまった上、カメラも動いてしまったようです。
Nikon D80)
AF-S DX ズームニッコールED 18~70mm F3.5~4.5G(IF) 18mm F4で撮影

画像はどちらもjpgの「そのまま撮って出し」。それでこれだけ写るのですから、また挑戦してみたいと思います。
今夜は天気予報では曇る時間帯があるとのことだったので、早々にあきらめてしまったのですが、今のところよく晴れています。なかなかうまくいかないものです。

|

« 皆既月食(地球の影) | トップページ | 23日の失敗の原因 »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/53567506

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅での固定撮影:

« 皆既月食(地球の影) | トップページ | 23日の失敗の原因 »