« ふたご座流星群2011 | トップページ | 皆既月食(地球の影) »

2011年12月18日 (日)

D7000による天体写真(固定撮影編)&群馬星の会12月例会

23982406tonem毎月第3土曜日が群馬星の会の例会です。

昨夜は例会前にS市まで足を伸ばし、冬の星座が昇ってくるところを撮影しました。
以前、撮ったときは赤城山が靄に隠れていたのですが、昨夜の天気はバッチリでした。しかし、調子が悪かったリモートコードを結局壊してしまい、代替策を講じているうちにオリオン座が昇りきってしまいました。

例会では、先日の皆既月食の話題で持ちきりでした。地球の影が天球上を動いていく原理や対象天体が子午線を越える場合の連続撮影の方法など、有意義な話題が目白押しでした。私は皆既月商の撮影を自宅で行ったのですが、この時期にしては珍しく夜露に悩まされ、広角レンズによる固定連続撮影は失敗に終わりました。しかし、他の方々は全くそんな気象条件ではなかったとのこと。日頃の行いのせいでしょうか。

また、群馬星の会の顧問をお願いしている川上さんの新聞記事も話題になりました。
すばらしい研究です。実用化されれば日本を救うことになること間違いなしです。

|

« ふたご座流星群2011 | トップページ | 皆既月食(地球の影) »

天体写真」カテゴリの記事

群馬星の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/53536993

この記事へのトラックバック一覧です: D7000による天体写真(固定撮影編)&群馬星の会12月例会:

« ふたご座流星群2011 | トップページ | 皆既月食(地球の影) »