« 極軸望遠鏡の換装 | トップページ | 昨夜の皆既月食 »

2011年11月28日 (月)

D7000による天体写真 直焦点編

先週の週末は、金曜の晩も土曜の晩も快晴。透明度もそれほど悪くありませんでした。本来ならば、久しぶりに天体写真の撮影を行うために遠征するつもりでした。ところが、いろいろな事情があって断念。自宅で、お手軽撮影をすることにしました。

M45d7000elpsiso800300s12mdigim20111対象はすばる(プレアデス星団・M45)ですが、今回はニコンのD7000を使ってみました。

このカメラを購入したのは今年の2/23。天体写真用には改造したD70があるので、これまでは一般撮影にしか使っていませんでした。赤い散光星雲はほとんど写らないとしても、すばるならそれなりに写るのではと思い、テストした次第です。

結果はご覧の通り。もちろん、天体用の冷却CCDや改造したデジタルカメラの写りには遠く及びませんが、ノーマル機を使い、自宅でこれだけ撮れれば、それなりに楽しめそうです。

撮影データ ニコンD7000 ISO800 5分露出×12コマ LPS-P2フィルター
高橋製作所ε-160 

|

« 極軸望遠鏡の換装 | トップページ | 昨夜の皆既月食 »

天体写真」カテゴリの記事

天文機材」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは.今夏から天体撮影に取り組み始めたneo16teaと申します.突然の質問大変恐縮ですが,d7000にはどのようにLPS-P2を導入されてますか?当方もR200SS+D7000/D800で撮影しており,光害カットフィルタを検討していたところこちらにたどり着きました.

投稿: neo16tea | 2012年11月12日 (月) 22時53分

neo16teaさん、こんにちは。

この画像は本文にもあるように、タカハシ製作所のε-160鏡筒を使って撮影しました。
そしてLPS-P2フィルターは、カメラボディ側ではなく、εの補正レンズにねじ込んで使っています(サイズはたしか48mmだったと記憶しています)。

キヤノンのようにカメラボディ内部に組み込めれば、汎用性が高まるのに…と感じております。

投稿: ひゃっかい | 2012年11月24日 (土) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/53358583

この記事へのトラックバック一覧です: D7000による天体写真 直焦点編:

« 極軸望遠鏡の換装 | トップページ | 昨夜の皆既月食 »