« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月20日 (日)

今年最も大きい月

ガソリン不足が深刻です。私はたまたま震災当日に給油してあったので、今のところ心配はないのですが、ガソリンスタンドは、毎朝長蛇の列。通勤にも支障が出ています。私の兄は、今朝午前4時にその列の並び、給油を終えて帰宅したら11時だったそうです。

また、計画停電も影響が大きいですね。我が家では、天体観察用に使っているライトやバッテリー、アウトドア用品を活用してしのいでいる状況です。

さて、そんな状況なので、昨日の群馬星の会3月例会は中止となりました。残念ですが、信号機のついていない道路を通る危険性や、貴重なガソリンを使うことを考えての措置です。

福島原発も、予断を許さない状況が続いています。これまでの豊かさを追い求める生活、エネルギーを消費し続ける生活を、根本的に見直すべき時なのかもしれません。

Dsc_0157mus

さて、画像は今日早朝の満月です。今日の月は、今年のうちでもっとも地球に近く、35万6600kmほどです。焦点距離1500mmの望遠鏡+ニコンDXフォーマットの一眼レフで、なんとか写野ぎりぎりに収まる大きさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

機材の確認

Dsc_0103tone_ustm

望遠鏡がきちんと作動するのかを確かめるために、月の撮影を行ってみました。とりあえず、問題なく動いているようです。

地震の影響で極軸がずれている可能性が高いのですが、極軸望遠鏡がないので、はっきりとしたことはまだ分かりません。実際に撮影しながら確かめていきたいと思います。

震災の影響で、物不足が心配されています。妻が給油に行ったら、20Lしか売ってもらえなかったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

3.11

Dsc_0076m

昨日の地震は、今まで経験したことのない揺れ方でした。

職場では、子どもたちを校庭に避難させ、保護者に迎えに来ていただく措置をとりました。

帰宅後、我が家では2階の液晶テレビが棚から落下していたものの、破損や故障は無し。ただ、1階と2階のつなぎ目と思われる部分の壁紙が、横にずっと切れていました。

ドームに行ってみると、小物を収納しているカラーボックスが倒れていましたが、特に大きな被害はないようでした。

また、ありがたいことに、停電や断水もありませんでした。

今日、外出してみると、近所には屋根にブルーシートをかけている家が多数。ブロック塀や店の看板が壊れているところもありました。また、すぐ近くのお寺では、墓石がいくつも倒れていました。群馬県内で唯一、震度6弱を記録していましたが、特に我が家の周辺は揺れが大きかったようです。

テレビで報道される映像を見ていると、本当にこれが現実に起きたことなのが信じられないほどの惨状です。

被災された方々に心よりお見舞いを申し上げますとともに、
皆様のご健康と一日も早い復旧をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

久しぶりの撮影(M81)

M8125cmf48ldf300s15mtdigisslrgblabm 4日(金)の夜に、久しぶりの撮影を行いました。
対象はおおくま座のM81。CCDのチップが小さいため、以前撮影したときは写野からはみ出してしまったので、今回はレデューサーを使用してみました。

オートガイダーのNexGuideですが、今のところ、感度や精度はPictor201とほぼ同じかやや劣るという印象です。ただし、コントローラーや液晶表示があるため、使い勝手は随分良いと思います。

25cmF4.8 Bitran BJ-41L
川上勇氏製作 31cm用赤道儀
自宅にて

昨日は天文雑誌の発売日。
高橋製作所からは新しい鏡筒CCA-250が発表されるなど、久しぶりに天文に親しんだ休日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »