« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

講演会の報告

今日は、群馬県立自然史博物館で講演会を行ってきました。題して「天体写真で伝える星空の魅力」。64536462tone2m

講演と言っても、大それたものではありません。館の学習室で天体写真を見ていただきながら星空の魅力について紹介し、天体写真の撮影方法についても簡単に解説するといったものです。

今回、自分が撮影してきた天体写真をあらためて見返してみました。すると「いつも気に入った天体を何度も撮り直してばかりいるんだな。」と気づかされました。また、「いくら機材が進歩しても、シャッターチャンスを逃さないやる気と行動力が大事なんだな。」と感じました。

参加された皆様に満足していただけたかどうかは分かりませんが、私自身にとっては良い経験になりました。

また、講演の後、この施設に勤務している大学時代の友人といろいろ話をすることもでき、楽しいひとときとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

ぐんま☆星まつり

_dsc4103m 先週の土曜日、群馬県下で一斉観望会「ぐんま☆星まつり」が開催されました。

これは、県立ぐんま天文台と群馬県プラネタリウム連絡協議会による主催行事で、県内各地の施設と協力しながら行う観望会を主とした天文イベントです。

もともとは、2009年の「世界天文年」の行事として始まったのですが、昨年は一晩で460人以上の皆様に星空に親しんでいただき、参加者から好評を得たため、今後も続けていくことになりました。

私が参加したのは、桐生市南公園での星空観望会です。あいにくの天候で、雲を通して月と木星がかろうじて見えただけでした。

悪天候の場合は、管理事務所の2階で講話を行う予定でしたが、天候が回復した場合に備えて、芝生広場の端にあるあずまやでお話をさせていただきました(写真)。室内ではなく、広々とした環境にいるだけで、ゆったりした気分になれますね。

市外から参加された方や県外からの問い合わせもあったようです。この催しが今後、定着していくと良いですね。

ところで、星空へのいざない(本館)に、おくればせながらスターウォッチングin赤城2010の報告ページをアップいたしました(開催から、ちょうど1ヶ月経ってしまいました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »