« ステラナビゲーター Ver.9 | トップページ | 縞模様が1本の木星 »

2010年9月 4日 (土)

はやぶさ展示&群馬星の会写真展

Dscn8203m

急に思い立って、ぐんま天文台に行ってきました。3月末に訪れて以来です。

お目当ては二つ。

一つ目は、以前紹介した群馬星の会による写真展です。2階に昇っていくスロープのところに、会員が撮影した写真が飾ってありました。最初に私の撮影したM42とM31があったのですが、せっかくならもっと大きく伸ばしておけば良かったなぁと感じました。

Dscn8206mus

二つ目は探査機「はやぶさ」関連の企画です。

今日、明日と小惑星「イトカワ」を調査し、無事地球へ帰還した「はやぶさ」に搭載された、2つのカメラの試作品を展示する特別展が開かれているのです。

展示内容は、はやぶさの解説の他、搭載されていたものと同型のプロトモデル(試作品)とコンテナのレプリカでした。

また、映像ホールではやぶさの軌跡を伝える映画「HAYABUSA - BACK TO THE EARTH - 」の上映も行われていました。

私は、依然知人からこの映画のBDを借りて見ていたのですが、何度見ても感動ものですね。月刊星ナビ8月号に掲載された上坂監督の記事を読み返すのもいいですよ。

Dscn8201mus_2

こちらが特別展示コーナーへの案内。

2階の一角に「広角光学航行カメラ」と「望遠光学航行カメラ」、これらのカメラに接続されたアナログ処理回路が展示されていました。

「はやぶさ」に搭載されたカメラは地球への帰還時に燃え尽きてしまい、もう残っていませんが、それと同型の試作品を宇宙航空研究開発機構(JAXA)から借り受けて展示しているそうです。また、「イトカワ」のサンプルを持ち帰るためのコンテナは、ぐんま天文台

Dscn8207mus

でレプリカを作成したそうです。

|

« ステラナビゲーター Ver.9 | トップページ | 縞模様が1本の木星 »

天体写真」カテゴリの記事

群馬星の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/49419964

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ展示&群馬星の会写真展:

« ステラナビゲーター Ver.9 | トップページ | 縞模様が1本の木星 »