« 観察会シーズン | トップページ | 天文ガイド3月号のことなど »

2010年1月31日 (日)

今年最大の満月

Dsc_2470usrm 早いもので、今年ももう1ヶ月が過ぎようとしています。元旦に部分月食がありましたが、月も昨夜2度目の満月となりました。

その「昨晩の月」ですが、昇ってくるときにとても大きく見えました。これは錯覚によるものと言われていますが、昨夜は本当に大きい満月だったのです。月は地球の周りを楕円軌道で回っています。そのため、見かけの大きさが変わって見えるのです。

昨夜の月は南中時の見かけの大きさが角度で34.1分。撮影時の地心距離(地球の中心から月の中心までの距離)が35.66万㌔でした。平均は約38万㌔と言われていますから、ずいぶん近かったのですね。

2009_little_big_moon

次に、昨年一番大きく見えた満月と一番小さく見えた満月をご紹介いたします。ずいぶん、大きさが違うことが分かると思います。

ちなみに月と太陽の見え方の違いにより、日食の継続時間も異なってきます。
2009年7月22日に見られた皆既日食は、月が地球に近く太陽は遠くにあったため、今世紀最長の皆既日食となりました。
反対に2010年1月15日の日食では、月が遠く太陽は近いために太陽全面を覆い隠すことができず、金環日食になりました。

|

« 観察会シーズン | トップページ | 天文ガイド3月号のことなど »

月・惑星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/47442892

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最大の満月:

« 観察会シーズン | トップページ | 天文ガイド3月号のことなど »