« ふたご座流星群 | トップページ | 新しい星図 »

2009年12月20日 (日)

観察会&群馬星の会 例会

Dscn7226tonermus 昨日の桐生市立図書館での観察会は、いつもと違って17時開始でした。

おもな観察天体は水星と月。水星を見るために、早い時刻から始めたのです。
お目当ての水星は、肉眼でもよく見えましたが、さすがに西の空低く、望遠鏡で見てもその形まではよく分かりませんでした。むしろ、地球大気のプリズム効果で赤~緑の色がついて見え、「虹みたいできれい」という感想が多いほどでした。色がついて見えることの説明は一応したのですが、小学生には通じたかどうか・・・・。

画像は、ここのドームに設置されているメインの15cm屈折ではなく、同架されている8cm屈折で撮影したものです。ちょうど30年前に導入された機材に最近のコンパクトデジタルカメラを使用して写してみました。

いつもより早く終了したので、そのあとは群馬星の会の例会に出席してきました。
先日行われた写真展についてのまとめや来年の日食についてなど、今回も盛りだくさんの内容でした。

|

« ふたご座流星群 | トップページ | 新しい星図 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

月・惑星」カテゴリの記事

群馬星の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/47089493

この記事へのトラックバック一覧です: 観察会&群馬星の会 例会:

« ふたご座流星群 | トップページ | 新しい星図 »