« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月23日 (月)

講演会&例会

Dscn7146mus 先週末は、以前お知らせした石原先生の講演会に行ってきました。

演題は「ガリレオから上州の星と時刻の伝承へ」。
話なれている先生だけあって、1時間半の講演があっという間に感じられました。

特におもしろかったのが、明け六つ、暮れ六つの決め方でした。Wikipediaでは
「理科年表では、江戸時代の明け六つ、暮六つに相当する時間として、太陽高度が-7度21分40秒になる時刻を夜明け・日暮れとしている。」
とありましたが、江戸時代の庶民はそんなこと分かりませんよね。そこで、手のひらの○○が見えるかどうかで決めていたそうです。

会場では高校時代の地学部の後輩、S君にお会いしました。胎内星祭りで13年前に偶然出会って以来でしょうか。元気にしているようで何よりです。インターネットラジオでも活躍しているとか。早速のぞいてみると、天文ネタがいくつもありました(11/16の下の画面です)。

夜は前橋に行き、群馬星の会の例会に出てきました。
まずはしし座流星群の観察報告です。
MさんやNさんから、見事な写真を見せていただきました。

次はスターウォッチングin赤城のまとめを行いました。
来年は10/16開催の予定です。

その後はヤマダ電機LABI1高崎のアートギャラリーで行う天体写真展の打ち合わせをしました。
期日は12/1(火)から。
詳しいことは、後日お知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

しし座流星群

Dsc_0114mus 18日未明のしし座流星群は、ご覧になれたでしょうか。

私はと言うと、前夜は早めに就寝(雨が降っていました)。
午前2時起床。べた曇り。また睡眠。
午前3時。まだ曇り。しかし、晴れてきそうな気配。

午前4時前に起き出して、ドーム南の小さなベランダで、カメラや赤道儀の準備を始めました。

雲がかなりある中で、適性露出を探るためにテスト撮影開始。その2コマ目に火球が飛びました。永続痕が肉眼でも分かったので、そのまま撮影続行。しかし、ピンぼけ&雲で、作品にはなりませんでした。

結局、4時過ぎから薄明で星が見えなくなるまで、カメラをいじったり、飲み物を飲んだりしながら空を眺めていました。視界が悪く、雲も多かったので、肉眼で確認できた流星数は17、8個でした。
日本流星研究会の内山さんの速報ページでは、4時台がZHR=50程度、5時過ぎにはZHR=90ほどになっています。しかし、いい加減に眺めていた私には、時間が経つに連れて流星数が多くなる傾向も感じられませんでした。

また、写真は雲と夜露のためにほとんど成果がありませんでした。それでも、明るく派手なしし群は、やはり見応えがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月15日 (日)

世界天文年記念 ぐんま☆星まつり

Dsc_0093m 今夜の「ぐんま☆星まつり」ですが、ぐんま天文台は快晴、その他の開催地でも雲が流れていたものの透明度がよく、無事行えたようです。

私が担当した桐生市青少年野外活動センターでは、雲の合間を狙って木星やアルビレオ、M15、M31(アンドロメダ銀河)、M45(すばる、プレアデス星団)、M57(リング星雲)などを見ていただきました。

ただ、シーイングはめちゃめちゃで、木星の縞模様がほとんど分かりませんでした。衛星が近づいていく様子はよく分かったのですけれどね。

写真は夕方急速に天候が回復してきた時の様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のしし座流星群

今年もしし座流星群の時期がやってきました。
今回は、ここ数年のうちでは多少多めに出現するのではないかと言われています。

昨日、国立天文台のwebに詳しい予報が追加されました。それによると

  • 6等星が見えるようなきれいな空→5時頃に1時間あたり約70個。
  • 流星数は変化(増加)しているため、4時から5時の1時間では→約35個。
  • 4等星が見えるような平均的な空→およそ10個弱
  • 2等星しか見られない市街地の空→2~3個

うーん、こんなものなんでしょうか。まあ、あくまで予想ですが、国立天文台としては今回はあまりおすすめできる状況ではないので、観察キャンペーンは実施しないそうです。

しし座流星群全般についての解説は、先ほどのリンクのトップページAsyroArtsの特集ページがおすすめです。

Dsc_0102mus 天気予報は微妙なところですが、私は一応早起きしてみようかと思っています。先日のオリオン座流星群が騒ぎ過ぎだったので、マスコミは宣伝しづらいかもしれないですね。

画像は記事とは全然関係ありません。図書館に行った帰り道に撮った「高津戸峡の紅葉」です。

今日は一日中、気持ちよく晴れていました。

昨夜は、星祭りの後は曇り。深夜過ぎには晴れていましたが、頭痛もしていたので床につきました。
今夜もだんだん雲が出てきてしまいました。新月期なのに残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

いろいろと

思いつくままの書き込みです。

明日予定されていたO市G小学校での観察会は、インフルエンザによる学校閉鎖のために中止になってしまいました。我が家の息子達もしっかり罹患しましたが、私と妻は持ちこたえています。

    今週末11/14(土)の「ぐんま☆星まつり」 。天気予報は今のところあまりよくないのですが、各会場で準備が着々と進んでいます。ぜひお出でください。

      11/21(土)に館林の向井千秋記念子ども科学館で行われる世界天文年記念講演会 「ガリレオから上州の星と時刻の伝承へ」ですが、私も参加する予定です。
      問い合わせてみたところ、まだ申し込みが可能だそうです。ぜひお誘い合わせの上、ご参加くださいとのことでした。

        よく訪問させていただいているよっちゃんさんのblog「星の牧場」を見てみたら、SBIGから新しい超低価格・高性能モノクロ・カラーCCDカメラが発売されるとの記事がありました。
        http://www.sbig.com/sbwhtmls/ST8300.htm
        1995ドルだそうです。
        これには思わず手が出てしまいそうです。
        誠報社の新方式による改造EOS KISS X3が99、800円(改造だけなら32、800円)の新価格になっていたので、これにもぐっと来ていたのですが・・・。

        昨日、星空へのいざない(本館) 135000HIT。

        | | コメント (3) | トラックバック (0)

        2009年11月 3日 (火)

        講演会のお知らせ

        1311_2 私が所属する「群馬星の会」の顧問をされている石原桂先生が、世界天文年記念演会を行います。
        場所は、館林市の向井千秋記念子ども科学館。以下に概要を紹介いたします。

        タイトル
         世界天文年記念講演会 「ガリレオから上州の星と時刻の伝承へ」

        日 時
         平成21年11月21日(土)
         14時30分~16時00分

        場 所
         向井千秋記念子ども科学館 3階 会議室

        内 容
         世界天文年に因んでガリレオが振り子の等時性を発見したことや天文学の歴史の概要、そこから群馬を中心とした昔の人々がどのようにして時刻を知ったのかなど、群馬の星と時刻の伝承についてのお話

        お問い合わせ・申し込みは電話で直接科学館(℡ 0276-75-1515)まで。

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        2009年11月 1日 (日)

        観察会(ぐんま☆星まつり)のお知らせ

        今年は世界天文年です。群馬県でも県内の天文教育施設や天文関係の団体が協力して、県内で一斉に観望会を開催することになりました。
        詳しいことは、ぐんま天文台の案内ページをご覧ください。

        私は、桐生市青少年野外活動センターで行われる「ぐんま☆星まつり~木星とすばるを見よう~」に協力してきます。参加費無料・定員無し・申し込み不要のイベントなので、お気軽にご参加ください。

        観察会といえば、先日行った「スターウォッチングin赤城2009」の報告ページを[「星空へのいざない(本館)」にアップいたしました。こちらからご覧ください。

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        « 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »