« 中国 日食観測ツアー 2日目 | トップページ | 中国 日食観測ツアー 4日目(最終日) »

2009年7月22日 (水)

中国 日食観測ツアー 3日目(いよいよ当日)

予定通り、朝4時にホテルを出発。運転手さんはクラクションを鳴らし、パッシングを繰り返しながら高速道路を一路西へとバスを走らせます。

まずは宣城市方面へ向かいます。雨も弱くなり、時折太陽が顔を出します。しかし、また雨が降ってくるなど、なかなか天候が安定しません。

途中、銅稜の仲間からは「晴れている」との報告を受けます。そこで、高速道路に沿っていったん蕪湖まで北上し、さらに銅稜を目指すことにしました。

銅稜は中国政府から観測地に指定されているとかで、ICのすぐそばに大きな横断幕が貼られていました。ただし、人や車が多く、とてもここでは無理です。雲行きも怪しいので、さらにバスを走らせました。

ところが、太陽は一向に顔を出さず雨までパラついてくる始末。もうとっくに第1接触の時刻は過ぎています。あきらめて道路脇の空き地にバスを止め、奇跡的な天候の回復を待ちました。

雨がパラつく中、バスから望遠鏡を降ろし、組み立てていきます。湿気が多く、ビデオ用のテレコンバーターはレンズが曇ってしまいました。

Dscn6725mそしていよいよ、第2接触の時刻を迎えましたが、太陽は非情にも厚い雲の中。皆既継続時間中、一度もその姿を見せてくれることはありませんでした。

辺りはずいぶん暗くなりました。1999年8月のルーマニア皆既日食の時、暗くてカメラの表示パネルが見づらかったのですが、そのとき以上の暗さです。また、鳥が鳴き出し、南東の空は夕焼け空のようでした。

Dsc00014m 結局、欠けた太陽はその後2度ほど、わずかな時間だけ姿を見せてくれただけでした。一度目は食分90%以上のかなり細い状態でしたが、カメラには捉えられず。2度目が左の画像ですが、本当に雲の薄い部分から、かろうじて確認できただけです。

参加者全員、落胆の色を隠せないまま、長い帰路につきました。いつの間にか350km以上、西に移動していたのでした。

|

« 中国 日食観測ツアー 2日目 | トップページ | 中国 日食観測ツアー 4日目(最終日) »

天体写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

群馬星の会」カテゴリの記事

コメント

悪石島や上海へ足を運んだ方々がガックリされたと聞いてます。
今回は本当に残念でした。
皆既中の暗闇の写真、貴重な一枚ありがとうございます

投稿: | 2009年7月28日 (火) 13時43分

一緒に行ったAさんは
「どんなに努力をしても報われないことってあるんだなぁ」
とつぶやいていました。

なんとか都合をつけて、元気なうちにまた皆既日食をこの目で見てみたいと思います。

投稿: ひゃっかい | 2009年8月 1日 (土) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/45750210

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 日食観測ツアー 3日目(いよいよ当日):

» 三年後に会いましょう [SunTrap@Blog]
日食グラス、結局使えずじまいでした(´・ω・`) 三年後に見られるという、金環食のときに、使えるといいな。 部分日食が見られたと、 群馬にいる伯父から画像もらいました。 上海に行った叔父一家はどうだったかな? 帰国したら教えてね。... [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 13時45分

« 中国 日食観測ツアー 2日目 | トップページ | 中国 日食観測ツアー 4日目(最終日) »