« ルーリン彗星&天体教室 | トップページ | 2/2朝のルーリン彗星 »

2009年2月 3日 (火)

観察会シーズンです

先週の金曜日は県教育センター、土曜日は市立図書館の天体観察会でしたが、どちらも天候に恵まれず、映像を使ってのお話などになってしまいました。参加してくださった方には、星空を楽しんでいただくことができず、申し訳ない気がします。

しかし、私にとっては星仲間とお会いして様々な情報交換ができる貴重な機会でもあります。今回は国立天文台のWebからダウンロードできる4次元デジタル宇宙ビューワー "Mitaka"(ミタカ)の有用性について、再認識しました。

続いて、昨夜は桐生市のK小学校、今夜はA小学校で観察会がありました。

昨夜はまずまずの星空。2台の望遠鏡(25cmシュミット・カセグレンと10.6cm屈折)を持ち込み、金星や月、オリオン大星雲などを見てもらいました。今夜も同じ望遠鏡を持って行ったのですが、天候は薄曇り。ベールをまとったような金星と月しか見ていただけませんでした。それでも、初めて月のクレーターを見た子どもたちも多く、歓声を上げてくれました。

月も大きくなり、これで今シーズンの観察会も一段落。次の新月期はルーリン彗星に集中したいと思います。

|

« ルーリン彗星&天体教室 | トップページ | 2/2朝のルーリン彗星 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/43966500

この記事へのトラックバック一覧です: 観察会シーズンです:

« ルーリン彗星&天体教室 | トップページ | 2/2朝のルーリン彗星 »