« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月29日 (火)

ニコンD60

ニコンからD60が発表されました。型番からして、D50とD70の間に位置する機種でしょうが、その後発売されたD40とD80の間という言い方の方が適切かもしれません。

天文用としては、点光源などの明るい部分がクロスした光線として表現される「クロススクリーン」がおもしろいかもしれませんね。また、撮影画像をつなげてユニークな動画を作ることができる「ストップモーション作成」も、最近私が凝っている星座の動画撮影に使えるかもしれません。私の場合、今一番欲しい機能はライブビューなので、購入予定はありませんが。

Holmesd70k2eiso800d180s6syudigirgbm 画像は1/27のホームズ彗星です。1/26の画像と比べると、ペルセウス座のアルゴルからだんだん離れていく様子がうかがえますが、眼視では全然見えなくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

今日の観察会&ホームズ彗星

Holmesd70k2eiso800d180s3prgbsyudigi 今晩は東毛少年自然の家(群馬県の東部を東毛と呼びます)で行われた「冬の里山の集い」で、天体観察会を行って来ました。

よく晴れわたり、冬の天体がキラキラと輝いていましたが、寒いのなんの。参加者の方々も大変そうでした。

帰宅してからは懲りずにホームズ彗星の撮影をしました。昨夜からは改造したニコンD70に光害カットフィルターを組み合わせて撮影しています。また、写野も長辺を東西に合わせるようにしました。

観察会で太田宇宙の会のもてぎさんに教えていただいた方法で、スケールも入れてみました。1/18の画像と比べて、写り具合はいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

初雪

ホームズ彗星は再バーストを起こすこともなく、どんどん暗くなっています。天気のほうも良くない日が続き、星空を見上げる回数がめっきり減ってしまいました。

今日は関東地方一帯が雪。桐生でも午前10時前から雪が降り始め、この冬の初雪となりました。

本日、星空へのいざない(本館) 112000HIT。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

観察会

Dscn4396m 今夜は、桐生図書館で今年度3回目となる観察会に行ってきました。8月の月食の時は終了間際に雲を通して何とか月を見ることができ、秋の時も天気が急速に回復して、ホームズ彗星などを見ることができました。

今回も冬型が強く、夕方まで雲が出ていましたが、観察会開始直前に晴れ間が広がり、冬の星々や月、・火星などを見ることができました。

ただし、シーイングは最悪。火星のもようはおろか、形までもがよく分からないほどです(終了直前に見た土星はただの楕円形でした)。ドーム内の扉を開きっぱなしにしているため、煙突効果で階下の暖気が上がってきてしまい、よけい条件が悪くなっているのかと思います。屋上に設置したセレストロンのシュミット・カセの方が細部までよく見えていたようでした。

なお、桐生図書館での次回の観察会は2月16日(土)です。予約不要ですので、お近くの方はぜひおいでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

1/18のホームズ彗星

Holmesd80eiso800d60s10psyudigim2008 今夜は久し振りに晴れたので、ホームズ彗星の撮影を行いました。しかし、かなり淡くなっており、カメラのミラーボックスによるケラレが目立つほど強めの画像処理を施しても、その姿ははっきりとしませんでした。

このあと、光害カットフィルターを使って撮影してみたのですが、ガイドの調子が悪くてダメでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

理科4年生の学習

Dsc_1463tonem

小学校4年生の理科では、星の学習があります。私の住む地域で使っている教科書では、この時期にオリオン座の動きを観察することになっています。

年明けからずっと良い天気だったのですが、肝心のこの時期になって、晴天が続きません。先週末からすっきりしない天気ばかりで、実際に観察できていない児童もいるようです。

昨夜は午後7時、8時、9時と撮影したのですが、オリオン座は雲の中でした。この後は月がどんどん大きくなってしまうので、ちょっと心配です。

「星空へのいざない(本館)」に、オリオン座の動画を追加しましたので、星の学習にお使いいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

観察会シーズン

今夜は桐生青少年野外活動センターで親子天体観察教室がありました。夕方集合し、親子で手打ちうどんを作り、それをいただいた後に星の観察をするという企画です。

しかし、残念ながら朝から雨。予報では雪になるかもしれないという天気でした。幸い午後になって雨は上がったものの、星は見えず。室内でパソコンを使った説明を行いました。

直前の思いつきで「ホームスター」を持って行ったのですが、これがなかなか好評でした。参加者全員で床に寝そべり、天井に映し出された星を眺めたのですが、パソコンの画面を見るより臨場感があり、楽しいひとときとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

今日のホームズ彗星

Holmesd80eiso800d60s10psyudigim2008 昨夜は結局雲ってしまい、ホームズ彗星は撮影できませんでした。

画像は今晩のホームズ彗星です。最近は日が暮れるともう空高く昇っているので、子午線を通過した直後に撮影し、画像処理までその日のうちに済ませることができます。

それにしてもずいぶん淡くなりました。今夜はそれなりの透明度だったのですが、双眼鏡を使っても全然確認できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

最近のホームズ彗星

Holmesd80eiso800d60s10psyudigim2008 画像は昨夜のホームズ彗星です。年が明けてからも毎晩撮影を続けてきましたが、あまり変化はないようです。

今夜は曇りの予報でしたが、さきほどから星が見え始めました。ただし、水蒸気量が多く、この季節にしては眠そうな空です。いつまで撮影を続けるのか、ちょっと意欲が低下してきたこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

火星

Mars080103_2213_66sna_n1039wp 北関東では、この三が日おだやかな晴天が続いていましたが、昨夜はホームズ彗星を撮影しようとしていたら、いつのまに薄雲が広がってきてしまいました。そこで、ターゲットを変え、久し振りに火星を見てみました。

火星は昨年12月19日に地球に最接近し、現在は徐々に離れていくところです。2年2ヶ月ごとに接近しますが、今回は中接近。見かけの大きさは約16秒角程度でした。

今までも何度か見ていたのですが、冬の北関東は気流の状態が悪く、とても細部まで見られる条件ではありませんでした。昨夜はこの時期にしてはまずまず。表面の模様も確認できました。

火星を見ていたらだんだんと薄雲がなくなってきたので、その後は恒例になったホームズ彗星の撮影を行いました。

今晩もよく晴れています。ホームズ彗星の再バーストはあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

新年

Tuttled80eiso800d60s10psyudigitm200 あけましておめでとうございます。本年も、よろしくお願いいたします。

昨夜は冬型が強く、夕方はうす雲が広がっていました。そのため、M33とタットル彗星のツーショットは撮れず。22時過ぎになってから撮影したのが左の画像です。

タットル彗星は、1月27日の近日点通過に向けてどんどん太陽に近づきつつあり、観望の好期になっています。また、東側(画面左)には淡い尾が伸びているはずなのですが、街中での撮影ではよく分かりません。

今年は日本で見られる大きな天文現象はあまりありませんが、彗星だけは予想が付きません。ホームズ彗星、タットル彗星を越えるような見ごたえのある彗星がやってきてくれると良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »