« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

木星

Jupiter070731_2036_67sna_n1096wptc 関東地方もようやく梅雨明けが近づいてきたようです。今日も午後から晴れ、夜には星が見えていました。早速ドームを開けて撮影したのが、左の木星です。夏らしくそれなりのシーイングで、細かい模様もある程度見えていました。しかし、いつの間にか薄雲が出ており、ちょっと露出不足になってしまいました。

その後、空はベタ曇り。群馬の夏の夜のパターンでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

セミの羽化

Dscn2612mus 先日、ナイター施設のあるコートでテニスをしていたら、セミの幼虫が羽化する場所を求めて、コートをはい回っていました。そのことを昆虫好きの次男に告げると、早速「今から探してくる」と、夜の庭へ飛び出していきました。

懐中電灯で照らしながら見つけたのは、羽化の途中のセミ4匹と抜け殻3つ。思わぬ収穫に大喜びでした。他の画像はこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

14番目の月

Dsc_1755usm 今夜の月はかなりまん丸に近いですね。月齢は14.0。「次の夜から欠ける満月より14番目の月が一番好き」と歌ったのはユーミン。独身時代最後のアルバムのタイトル曲でしたね。

明日は満月。月の模様を見るのにはいいのですが、望遠鏡で見ると満月はあまりおもしろみがありません。太陽の光が正面から当たっているので、クレーターなどの影が少なく、でこぼこした様子があまり楽しめないのです。しかし、ティココレーターなどから光条と呼ばれる放射状の光が伸びる様子がよくわかったり、目立たなかったクレーターでも、まわりに光条が輝いていたりするなど、いつもと違った様子を見ることができます。

その次の満月は8月28日で、この日は久し振りの皆既月食となります。この話題についてはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

月齢10.0

晴れない、晴れないと書いた23日の深夜、久し振りに星空が広がりました。ベランダから見上げると、もう秋の星座が輝いていました。

Dscn2546usm

昨日も朝からほぼ快晴。夕方から曇るという天気予報もはずれ、夜になっても晴れていました。水蒸気が多く、スッキリしない空ですが、月や木星、夏の大三角など、明るい天体は見ることができました。

写真はニコンのコンパクトデジタルカメラ(Coolpix P5000)を高橋製作所のFSQ-106という望遠鏡に付けて撮影した昨夜の月です。いつものD80+25cm反射望遠鏡に比べると、周辺の色収差が気になりますが、気軽に撮影できます。

P5000は望遠鏡への接続がしやすく、鳥の撮影にも最適です。カメラ雑誌などでも高い評価を得ていたのですが、早くも生産中止のようです。ニコンのサイトを見るとメーカー在庫は終了しているようなので、購入をお考えの方はお早めにどうぞ。

本日、星空へのいざない(本館) 102000HIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

梅雨明けは・・・

子どもたちは夏休みになったというのに、いっこうに晴れません。7月5日に雲間からちらっと星を見ただけで、曇りや雨の日が長く続いています。関東地方の梅雨明けはいつになるのでしょうか・・・。

今日は「星空へのいざない」(本館)に、相互リンク9件、天文リンク1件を追加致しました。相互リンクのご依頼をいただいてもすぐ対応できないことが多く、いつも恐縮しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

群馬星の会 7月例会

昨夜行われた今月の例会では、恒例になっているスターウォッチングin赤城の日程などを話し合いました。期日は10/13(土)。19:00~受付開始。開会行事は19:30の予定です。詳しいことが決まり次第、お知らせ致します。昨年度の様子はこちらからどうぞ。

市立図書館で見かけた新刊書についても話題になりました。松森靖夫氏による「学びなおしの天文学」基礎編・応用編です。「課題に対して自分の考えを書き込む「チャレンジ」と簡単な観測や実験を紹介する「クイックラボ」に挑戦しながら退屈せずに理解を深められる。」という紹介がありましたが、その通りの内容で、指導する立場からも大変役に立ちます。

私が特に気に入ったのが、理解を助けるイラストの数々です。観察者の視点に立ち、空間を捉えやすく工夫されていると思いました。今回は図書館から借りてきましたが、購入を検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

スターウィーク2007

「スターウィーク」をご存じでしょうか。Webには

こどもから大人まで
幅広く星空に親しんでもらおう!
という想いから始まった
「星空に親しむ」キャンペーンです。
 1995年から始まりました。
 晴れた夜には、ちょっと遅くまで起きて
星たちとふれあってみませんか?

宇宙の中の自分を感じられるかもしれません... ☆

という説明が掲載されています。また、「バードウィーク(愛鳥)があるならスター・ウィークがあってもいい」 1995年に,そんなアイディアから始まったとの紹介もあります。

今年も「リンクバナーキャンペーン」と称して、いろいろなサイトからリンクを貼り、スターウィークを広めていこうという活動を行っています。このブログ及び「星空へのいざない」(本館)も協賛サイトになっています。全国のイベント情報やパンフレットのダウンロードページもありますので、ぜひ下記のサイトにお立ち寄りください。

スターウィークバナー 本サイトは「スター・ウィーク2007」に協賛しています。

本日、星空へのいざない(本館) 101000HIT。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

七夕の夜

今日は七夕。でも星は全く見えそうにありません。週末に重なり、各地で関連行事が催されていると思いますが、ちょっと残念です。

Dscn2496m_1私の住む桐生市では7月1日(日)にFM局がスタートしました。その名もFM桐生。周波数は77.7MHzです。

今日はその開局イベント として、桐生出身のジャズピアニスト山中千尋さんのストリートライブがありました。2007年7月7日、午後7時7分開演。山中さんのコンサートは2度目ですが、すぐ目の前で聴く演奏は、ホールとはまた違った迫力がありました。

帰りには小雨が降り出してきてしまいましたが、うれしいプレゼントをいただいた気がする夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

マクロ撮影

Dscn2393mus 今日は日曜日。いつもの場所で昆虫などの撮影をしました。写真はアカトンボの仲間では一番に羽化するノシメトンボだと思います。

気軽な撮影にはNikonのP5000というデジタルカメラを使っています。このカメラにはマクロ機能があり、最短4cmまで近づいて撮影できます。また、AF(オートフォーカス)エリアのモードも、オート、マニュアル、中央の3つが選べます。私はマクロ撮影に限らず、被写体が真ん中にばかり来ないように、AFエリアはマニュアルに設定しています。ところが最近、マクロの場合は背景にピントが合ってしまうことが数多くありました。AFエリアは、ピントがあったことを示す緑色に変わっているのに、です。

今日はいろいろ設定を変えてみました。するとAFエリアをオートにしておくと、ほぼ失敗無しでピントが合いました。でも、なんだか機械任せでつまらない気もしました。

Dscn2443mus こちらの写真は、帰宅してから庭のアジサイを撮影した物です。P5000にNikonのテレスコマイクロを付けてみました。拡大率がとても上がるので、被写界深度がずいぶん浅くなります。また、少しの風でも揺れてしまうので、何枚も撮影したものの中から、比較的まともなものをアップしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »