« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月29日 (木)

ニコン COOLPIX P5000

2月21日に紹介したニコンの新しいコンパクトデジタルカメラCOOLPIX P5000は、予想通り望遠鏡を使ったコリメート撮影に最適のようです。最近、このクラスのデジタルカメラはアダプター類を装着できないものばかりだったので、うれしい機種の登場です。BORGのHP詳しいテストリポートが載っていますので、興味のある方はご覧ください。

この機種に関する価格コムの書き込みで、DiCA PACKという防水袋が市販されていることを知りました。最近の旅行で海に行くとき、我が家では「水中写るんです」などを使っていました。デジタルカメラの新製品登場サイクルは早く、高価な専用防水ケースの購入に踏み切れなかったのです。しかし、このケースならば入手しやすい価格だし、流用もできそうです。撮影対象がまた広がりそうで、うれしくなってきました。

本日、星空へのいざない(本館)96000HIT。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

月齢7.4

Dsc_1234usm 今日はきれいな半月でした。久し振りに望遠鏡をのぞいてみると、春にしては空気が落ち着かず、月面がゆらゆら揺れて見えます。でも、せっかく用意したのだからと思ってカメラのシャッターを切りました。

こんな時デジタルカメラは本当に重宝します。以前ならフィルム代や現像料金を気にして撮影しなかったと思います。それが、何コマも写し、一番シャープに写っているものだけを選んで画像処を加え、使わない画像は簡単に削除できるのですから。

今日のような条件ではベストの写真にはなりませんが、いろいろな形の月の写真が増えていくのは、なかなか楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

今年度最後の観察会

今日はカブスカウトの星空観察会に行ってきました。

いつもの観察会と大きく違っていたのは、参加した子どもたちの活動です。星座について事前に自分たちで調べたことを画用紙などにまとめ、それを発表することから始まるのです。

子どもたちの発表の後を受け、パソコンを使って星座の歴史や春の星空についての解説を行いましたが、やはり食いつき方も違っていたように思います。残念ながら悪天候で本物の星空は見られませんでしたが、さいごまで熱心に話を聞いていました。ただ受動的に聞くのではなく、参加意識を持って能動的に行動することの良さを実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

ηカリーナ星雲

我が家では、3/5に今年初めてのウグイスの鳴き声を耳にしました。昨日も聞こえてきましたが、まだあまり上手ではありませんでした。

今日は夜になって風もおさまり、この時期にしてはなかなかの星空です。しかし、体調が優れないので、持ち帰りの仕事を進めながら暖かい部屋で過ごしています。先週は勤務先でインフルエンザが大流行でした。もう、みんな元気になっているとよいのですが・・・。

画像はオーストラリアで撮影したη(エータ)カリーナ星雲です。りゅうこつ座にある明るい散光星雲で、すぐ左にはNGC3532という散開星団も見えています。Etacard70k2200mmf2_8d120s2mdigibbgs

 

本日、星空へのいざない(本館) 95000HIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

天文雑誌

今日発売の天文雑誌の表紙は、天文ガイド、星ナビとも藤井旭さんによるマックノート彗星の写真でしたね。一見すると同じような写真ですが、データでは1日違いの撮影。また、露出時間も違うようです。個人的には星ナビの方好きですね。でも、肝心の尾の部分とタイトルロゴは重ねてほしくなかったです。そうした意味では、天文ガイドの目次の次のページにある写真が一番好みです。まあ、戯れ言ですが。

星ナビには1月1日にアップした写真を再処理したものが入選していました。今回アルバムにアップしましたので、是非ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »