« 有意義な土曜日 | トップページ | もう2月 »

2007年1月31日 (水)

タカハシの新機種

望遠鏡メーカーの高橋製作所から、あの名機JP型赤道儀が新しくJP-Z赤道儀として発売されることは以前から目にしていました。今日になってメーカーのHPを見てみたら、なんとFSQ-106もFSQ-106EDとして生まれ変わるというニュースを見つけました。主な特徴が掲載されていますが、私が心惹かれるところは

・屈折望遠鏡では比類ないf/3.6に変身
・バックフォーカスの延長
・ベアリングを組み込んだ接眼体

の3点でした。f=530mmだとε-160と同じ焦点距離で変化がありません。また、バックフォーカスが短すぎて、すでに所有している2インチの天頂プリズムでは合焦しませんでした。ドロチューブの動きも堅い感じがします。MEF(減速微動装置)を標準装備 している点も良いですね。久し振りに宝くじを買いたくなってきました。

|

« 有意義な土曜日 | トップページ | もう2月 »

天文機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190833/13746907

この記事へのトラックバック一覧です: タカハシの新機種:

« 有意義な土曜日 | トップページ | もう2月 »