« 月刊天文 休刊 | トップページ | 十三夜 »

2006年11月 2日 (木)

携帯電話で撮影した月

10月31日に群馬県総合教育センターで県民天体観察講座が開かれました。今回は受講者の方にデジタルカメラを持参していただき、天体望遠鏡を使って月の撮影を行うという内容でした。

18時過ぎまでは良く晴れ、絶好の撮影日和。それが講座の始まる19時直前から雲がどんどんわいてきてしまい、月を眺めることすらできない状況になってしまいました。

Dcsa0005_1講座修了後、後片づけをしていたらいつの間にか雲が切れ、月が顔を出しています。そこで、先日機種変更を行ったばかりの携帯電話で撮影してみることにしました。接眼レンズ(のぞくところのレンズ)に携帯カメラのレンズを押し当て、コリメート撮影をすることにしましたが、光軸合わせが難しく、結構苦労しました。

当日の月齢は10.2。かけ際に見えるのはコペルニクスというクレーターです。思っていた以上にきれいに写せましたが、ラチチュードがせまく左上の方は白く飛んでしまいました。また、イメージサークルも小さいので月の全体は写っていません。きれいな半円を描いているように見えるのは、月の輪郭ではなく望遠鏡で見える丸い範囲です。

|

« 月刊天文 休刊 | トップページ | 十三夜 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

携帯で月がこんなにきれいに撮れるんですね!
いつだったか、数年前のSW赤城で使い捨てカメラで月の撮影しましたが、携帯も行けますね””!
今度わたしも挑戦してみます。

投稿: 中村 | 2006年12月16日 (土) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話で撮影した月:

« 月刊天文 休刊 | トップページ | 十三夜 »