トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月28日 (土)

ステラナビゲータVer.8

Stellanavi8m_1 注文しておいた「ステラナビゲータVer.8」が届きました。早速インストールして使ってみましたが、Ver.7との大きな変更点もなく、とまどうことなくすぐ扱えました。

今のところ、一番便利になったと感じるのがDSS写真カタログとの連携です。冷却CCD+25cm反射で撮像する際には、今までの星数では足りなかったのですが、これで事前の撮影計画を立てる際にもより便利になりました。また、製品リーフレットには複雑な設定も少ない操作で簡単にとありますが、たしかによく使う機能が今までよりも少ない手順で設定できるようになりました。

これからしばらくの間、いろいろな設定や新機能を試しながら楽しんでいけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

SIGMA 15mm到着!?

Dsc_0630m 昨日、注文しておいたシグマの15mmF2.8FISHEYEが届きました。届いたのですが、いやな予感が当たってしまいました。

というのは、価格が安すぎるので、もしかしたらデジタル対応化になる前の古いタイプではないか、という不安があったのです。Webにはしっかり“DG”の2文字が入っていたのですが・・・。

しかし、DG化されていないとはいえ画質には定評があります。オークションでの落札相場よりもやすく入手できたので、このまま使うという選択枝もあります。とりあえず試写してみると、周辺まで予想以上の写り具合です。

どうしようかと思案していたら「でも、本当にほしかった物ではないんでしょ。だったら返品して、いい物を買えば。」という妻の一言が・・・。そんなわけでMカメラに連絡を取ると、Web上の表記ミスだったという返答をいただきました。本当にこのレンズとは縁がないようです。

このところ、D70の件といいカメラ関連ではいやな予感が当たってしまうことが多い気がします。もしかしたら、と思ったときはきちんと確認した方がいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

スワン彗星

2006m4eld60s4syu061025 今日こそは、と急いで帰宅してスワン彗星(2006M4)を撮影しました。思っていた以上に明るく、びっくりしました。先ほどAstoroArtsのWebを見たら、ここ数日の間にアウトバーストを起こしたとのことでした。

残念ながら雲が切れずに、まともに撮れたのはたったの1コマだけでした。そのため、とてもあれた画像なのですが、それでも尾がしっかりと確認できました。

細かい撮影データなどは本館のページでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

もう一台のD70

先日、不具合の出たD70を修理してもらいました。戻ってきたD70は快調そのもの。各部の点検やクリーニングもしていただきました。このとき

「もう1台D70を持ってるのですが、こちらは今のところ正常です。しかし、今後いつ症状が出るか分からないので心配です。」

と相談したところ、こちらも希望があれば後日無料で点検に応じてくれるとのことでした。

現在、手元にはノーマルのD70が2台。1台はまた改造する予定なのですが、どちらにしてもまた不具合が出ては困ります。そこで、ずっと正常に動いているもう1台の方も点検してもらうことにしました。

まだ、症状の出ていない方も、念のため見ていただくとよいのではないでしょうか。

本日、本館86000HIT。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

シグマ15mmF2.8EX DG

デジタル一眼を使うようになって、以前より広角系のレンズに魅力を感じるようになってきました。主な理由は、35mm判に比べて焦点距離1.5倍相当の画角になることと、地上の風景と星空を一緒に表現することが可能になってきたことの2つです。

以前から35mm判でも使えるシグマの15mm対角魚眼15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEに目を付けていたのですが、天文ガイド2006年2月号の沼澤氏の記事にもあるようにDG化(デジタル対応)にともない、コーティングや内面反射の改善が施され、より魅力ある商品になっています。

ところが、価格comのクチコミでは、「ニコン用・・・日本ではまだ未発売ですよね?」の記事しかありません。オークションでDG化される前のタイプを入手しようとしたことも何度かありましたが、縁がないままでした。

それが、先ほどたまたま見かけたマップカメラのwebで、中古品を見つけました。それもDGタイプです。すかさず、買い物かごに入れてしまいました。

使いこなせるかどうかは分かりませんが、到着が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

デジりも

Dscn0446m_1 ずっと前から妻の携帯の調子が悪く、イヤホンを付けないと音が聞こえない状況だったので、今日機種変更に行ってきました。

私の携帯も一緒に購入したもの。もう丸4年以上使っているし、バッテリーも持たなくなってきているし、カメラもついていないし・・・。そんなことを思いながらいろいろ見ていたら、いつの間にか私もつられて変更することになっていました。

帰宅してからふと思いついたのが「デジりも」というiアプリです。これはニコンの赤外線リモコンML-L3と互換性があるので、D50、D70、D70s、D80などで使えるようです。

設定できるのは

  1. 初回撮影待ち時間
  2. バルブ撮影露光時間
  3. 次回撮影との間隔
  4. 撮影回数

の4項目なので、これを使えばもし山本式リモコンがなくてもバルブを使った天体写真の撮影ができます。

早速ダウンロードして使ってみましたが、携帯の機種との相性もあるようで、私の場合は撮影待ち時間が0秒で次回撮影との間隔が0秒以外の場合、数秒経ってからシャッターが切れ、正確に作動しませんでした。その後、待ち時間などを適当に設定したところ、思い通りに動いてくれていたようです。

これであの小さな(なくしそうな)リモコンは必要なくなりました。ただ、天体写真の場合はどこに取り付けるかが課題ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

SWAN彗星

今日はSWAN彗星を見ようと思って早めに帰宅したのですが、北西に山がある我が家では、望遠鏡をセットした頃にはもう見えなくなっていました。

この彗星は、太陽観測衛星(SOHO)で観測されている太陽の画像上から発見されたものです。詳しくはこちら。

スターウォッチングin赤城2006の会場でも見ようと思っていたのですが、西の空に雲があり、そのときも残念ながら見られませんでした。画像はAstroArtsのスワン彗星ギャラリーで見ることができます。

Sw2006_no33002_huusya_1今日の画像はスターウォッチングin赤城の参加賞として配った天体写真です。群馬県の大胡町にある「ぐりーんふらわー牧場」で撮影したものです。今までも群馬県生涯学習センターのプラネタリウム番組やぐんま広報、読売新聞群馬版「あみーご」などで使っていただいたことがあるので、群馬県内の方はどこかで見かけたことがあるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

スターウォッチングin赤城の報告

Dsc_3854nm 昨夜のスターウォッチングin赤城は約200名ほどの方々にお集まりいただき、盛況のうちに終了することができました。

天気予報は一晩中曇り。夕方に少し星が見えたものの、開会行事を行う頃にはベタ曇りになってしまいました。

パソコンを使った星空解説やお楽しみ抽選会などの行事を進めているうちに晴れてきてくれれば、と願っていたものの、なかなか星が見えてきません。あきらめて帰路につく方が多くなった22時過ぎになってやっと雲が切れてきました。

その後は月の出を迎えた頃に少し雲が出たくらいで、明け方まで秋~冬の星空を楽しむことができました。

参加してくださった方々、ご協力いただいた個人・団体の皆さん、ありがとうございました。

なお、星空へのいざない(本館)にも報告記事があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

スターウォッチングin赤城2006

Img_0049 本日、午後7:30からスターウォッチングin赤城2006が開かれます。

これは私の所属する群馬星の会が毎年行っているイベントで、群馬県のほぼ中央に位置する赤城山で、秋の星空を楽しもうというものです。

例年、200人を超える方々に参加していただいていますが、昨年は久し振りに雨にたたられてしまいました。今回も天気予報がだんだん悪い方に変わってきてしまい、ちょっと心配です。しかし、双眼鏡をはじめとするプレゼントの抽選会などもありますので、興味のある方、時間に都合のつく方はぜひご参加ください。詳しくはこちらからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

D70のCCD到着

Img_3835m 帰宅すると、D70が送られてきたのと同じ箱が届いていました。中身は返送を頼んでおいたローパスフィルター、と思っていたのですが、写真にあるようにCCDの載った基盤でした。ローパスフィルターだけでなく、まわりのユニットごと交換されていたようです。

それにしても、よく廃棄せずに取ってあったものです。また、今回の件ではニコンサービスセンターのていねいな受け答えや、サービス部の迅速で良心的な対応が印象に残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

D70のその後

本日、D70の件でニコンのサービスセンターに再度電話をしてみました。

すると「もう一度調べ直してみるので、あとで連絡を致します。」とのことでした。そして結果は、やはりローパスフィルターが純正のものに戻されていたそうです。

なんでも「改造品との連絡がなかったので、当方としては基準の検査にパスするようにした。」そうです。でも、こちらにしてみれば「見積書には修理とだけ記されていて、部品の交換をするという記述は一つもなかったので連絡しなかった。」のです。たしかに、初めから「改造品」と伝えておかなかったのは、良くなかった気もしますが・・・。

いろいろ話し合った結果、もうこれ以上どうすることもできないようだったので、外した部品(純正のローパスフィルターと同じ厚さのガラス)を送り返してもらうことで手を打ちました。

さて、もう一度自己責任の改造を行うことになるのでしょうか。今度は成功させたいなぁ。

本日、本館85000HIT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

今夜の満月

発達した低気圧と秋雨前線の影響で、昨夜は中秋の名月を眺めることができませんでしたが、今日はうってかわって透明感のある秋空になりました。

Dsc_3783_1 左の写真は今夜22時過ぎの月です。今年の十五夜は満月1日前でした。つまり今日が月齢15。ほとんどまん丸のお月様です。

望遠鏡にカメラを取り付け、ファインダーを覗いてみると画面ぎりぎりいっぱいになってしまいました。調べてみると月までの距離は358000kmほど。視直径も33.8’と、本当に大きい満月でした。          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

十五夜

Img_3819m 今日は中秋の名月。しかし、どしゃ降り。お月見はできませんでした。

写真は実家にあったお供え物です。毎年、ススキや花の他、お団子とくだもの、けんちん汁などを小さなテーブルの上に飾っています。

話は変わって、D70の修理について、早速サービスセンターに問い合わせてみました。結論としては「ローパスフィルターの交換は行っていない」とのことでした。

「そうか、昨日は早合点してしまったのか。」と思い、試しに修理を追えた改造機と手持ちのノーマル機で撮り比べをしてみました。結果は改造機の方が若干赤っぽく写っているような気がします。次に、画像処理ソフトでRチャンネルのレベル値を見てみると、少しは違っているといった程度です。でも、改造当初はホワイトバランスをオートにすると、画面が真っ赤になっていたはずです。露出誤差の範囲内なのか、もともとこのくらいの違いしかなかったのか・・・。

自分の記憶が曖昧なので、私と同じくノーマルD70と改造D70の両方を所有している知人に連絡をしてみました。それによると、両者ではCCDを見れば明らかにローパスフィルターの有無による色の違いが分かるとのことです。そこで、もう一度レンズを外し、クリーニングと同じ手順でミラーアップをしてCCDを見てみました。しかし、私の2台では色の違いはまったく見られませんでした。さて、どうしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

D70到着

Dsc_3760_1  9月23日に修理に出したD70が、本日無事戻ってきました。

9月20日、撮影中にいきなりCFカードスロットのアクセスランプが点滅したまま、すべての操作ができなくなってしまい、ニコンのサービスセンターに無償修理を頼んでいたのです(詳しくはこちら)。

これから本格的な星見のシーズンを迎えることだし、ガンガン撮影するぞ、と気合いを入れていたのですが、ふと気になってCCDを見てみると、ローパスフィルターが青緑色に光っているではありませんか。

実はこのD70は、天体写真で重要視されるHαを通過しやすいように、ローパスフィルターを取り外し、代わりに同じ厚さの無色透明ガラスを組み込んだ自己改造機だったのです。改造の際には絶対はずさないようにと注意していたフラットケーブルがはずれてしまい、まったく動作しなくなってしまったために、サービスセンターで修理してもらった過去もあります。

今回は「修理」と言うことだったので、特にこのことは伝えていなかったのですが、頭の隅にあった悪い予感が当たってしまいました。修理伝票には「露出制御に関する電子部品を交換いたしました」と記されているのですが、ユニットごと交換されてしまったようです。

危険を承知でまた自己改造を行うか、天文ショップに改造を頼むか、思案のしどころです。とりあえず、サービスセンターに事情を話し、善後策を考えようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

ブログ開設

ホームページ「星空へのいざない」を立ち上げたのが2000年10月1日。今日で丸6年になりました。これを機に、今まで”新着日記”として紹介してきた天文に関するあれこれをこちらのブログに引っ越しすることにしました。まだ操作になれていない上に、ホームページとの関連性もしっかり考えていないので見苦しい点もあるかと思いますが、よろしくお願い致します。

Dsc_3678_1今日の写真は昨夜撮った「花火と月」です。この時期に花火というのも珍しいのですが、薄雲を通して月も一緒に楽しむことができました。

今までも花火の写真は大洗北海道の洞爺湖などで写したことがありますが、天体写真との共通点も多く、楽しめる被写体ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »