2024年4月13日 (土)

木星、ポン・ブルックス彗星、月(4/10)

 4月10日は、天文雑誌の4月号にも紹介されていた「木星とポン・ブルックス彗星、月齢1.7の月が7度の範囲に並ぶ様子」を見に行ってきました。

場所は4/1と同じところ。道中でシカやキジに出会ったり、落石がひどかったりするのも同じでした。違っていたのは、風がないかわりに透明度が悪く、SCWの予報どおり、薄雲もあったところです。そのため、前回以上に彗星は見栄えがしませんでした。

12p100sduf-15s24m_dsc601841gesyubgsm

Nikon D7000(無改造)+ 100SDUF ISO1000 15s×24コマ
GN-170 ノータッチ

 12p_20240410_dsc_1939

Nikon D600(無改造)+ Ai AF ZoomNikkor  80-200mm 105mm F3.5 5秒 ISO1000
GN-170 ノータッチ

画像では、どこに彗星があるのかほとんどわかりません。7×50の双眼鏡でも、彗星の存在は確認できるものの、尾はわかりませんでした。

それでも、種類の異なる太陽系の3天体を同時に眺め、赤城山に沈んでいく細い月と地球照の様子を味わうことができたので大満足でした。

| | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

4/1のポン・ブルックス彗星(12P)

新年度は初日からポン・ブルックス彗星の撮影に行ってきました。

春霞の影響を少しでも軽減しようと考え、標高を稼ぐために久しぶりの撮影地に行ってみました。
真西に赤城山が望めるお気に入りの場所ですが、落石の痕跡が多くて怖かったです。
1000mちょっとまで上がったものの、透明度が悪く、たいした画像は残せませんでした。
フラット処理もうまくいかず、なんだか汚い画像です。

12p20240401f30s30masdigibgs66perfl2trimm
Nikon D600(無改造)+ FSQ-106 ISO1000 29s×30コマ
GN-170 ノータッチ

Dsc_5948nxdbgssmartcurvem
NikonD7000(無改造)+ Ai AF ZoomNikkor  80-200mm F4 25秒 ISO1000
GN-170 ノータッチ

道路はこんな状態の場所が何ヶ所かありました。
Photo_20240413172501

吉田誠一さんのHPによると、4月3日にバーストを起こして1等ほど明るくなり、4月5日現在は3.8等だそうです。
あと1回くらいは撮影できるといいのですが、チャンスがあるかどうか…。

| | コメント (0)

2024年3月 9日 (土)

久し振りの投稿

 今の役職になってから、めっきり更新が減ってしまいました。
観察会や天体写真撮影の機会も少なくなってしまいましたが、細々と活動は続けています。

3月2日(土)は久し振りの観察会に出かけて来ました。ところが日程が変更になっていたことに気づかず、現地に着いてから「誰もいない。おかしい。」という始末。Sさん、ご迷惑をおかけしました。
機材はあるし、せっかく晴れていたので、以前から行ってみたかった場所まで移動し、星景写真の試写をしてきました。

Dsc_16181725_29min_n105m

山上の多重塔という場所です。左下に見えるのは赤城山です。

Nikon D600(無改造)AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED  F3.5 ISO800 15s×105コマ

 

気軽に行くことができる上、思っていた以上に良い場所でした。
次回は、赤城山が雪をかぶっている頃に撮影してみたいと思いました。

撮影の合間には、双眼鏡でポン・ブルックス彗星を探したのですが、見つかりませんでした。
よくバーストを起こすと言われている彗星なので、今後が楽しみです。

 

ちなみに、観察会は翌日、無事行うことができました。

| | コメント (0)

2023年11月 5日 (日)

スターウォッチングin赤城2023 ご報告

半月ほど経ってしまいましたが、10月21日(土)に開催されたスターウォッチングin赤城2023のご報告です。

当日、私は日中に仕事があったため、現地に到着したのは19時ちょうど。開会行事が始まったところでした。
自宅を出るときの気温は20℃近くあったのですが、会場の新坂平は3℃という寒さでした。風も強く、軽い椅子が倒れることもしばしば。それでも、透明度の良い空で秋から冬の星空を堪能することができました。

下の画像は、会員のAさんによる「オーストラリア金環皆既日食観測報告」です。
Dsc_0762mnxd 

Dsc_0766mnxd

このほか、会員のTさんによる「木星への小天体衝突による閃光現象観測報告」も行われました。

 

空の方は雲の影響を受ける時間帯もありましたが、月が沈んだ後は天の川もしっかり見えました。また、オリオン座流星群と思われる流星もいくつか確認でき、参加された方々の目を楽しませてくれました。

今回は眼視による観望のほか、電視観望(CMOSカメラなどで撮影した画像をモニターに映し出し、その画像を見る)も多く用意され、両方を見比べながら楽しんでいただくことができました。

以下は、会場でお手軽撮影した星空の様子です。

Dsc_0770mnxd 

Dsc_0775mnxd Dsc_0776mnxd 

<共通データ>
Nikon D600(無改造)AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED  F2.5 ISO1600
露出は10~15s 固定撮影 下の2枚はハリソン D3フィルター使用

 

新型コロナウイルスの心配がなくなったわけではないので、今回は広報活動もあまり行いませんでした。それでも情報を聞きつけ、会場までお越しいただいた皆様に、心より感謝申し上げます。

| | コメント (0)

2023年9月23日 (土)

スターウォッチングin赤城2023のご案内

群馬星の会では、2019年以来4年ぶりに天体観察会「スターウォッチングin赤城2023」を、以下のとおり行う予定です。
  • 日 時:2023年10月21日(土)
  • 受付開始 18:30~
  • 観望会等 19:00~24:00 (この間、何時からの参加でもかまいません)
  • 場 所:赤城山・新坂平駐車場(当日、直接会場へお越しください)
  • 参加費:無 料
今年のメインテーマは「月・土星と秋の星雲・星団を楽しもう!!」です。木星や天王星も見頃を迎えています。
21:50の月没後には、月明かりのない最高の条件の下、素晴らしい星空を堪能していただけることと思います。運が良ければ、オリオン座流星群の流れ星も見られることでしょう。

お願い

  • 新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、2020年より一般市民向けの『スターウォッチングin赤城』の開催を見合わせておりましたが、感染症法上の分類が5類に引き下げられたことを受け、2023年は実施することにしました。全国的に未だ終息しておりませんので、各自で感染防止を意識してご参加ください。
その他
  • 会場である赤城山の新坂平駐車場は、標高1430mほどの高所です。とても冷え込むこともありますので、真冬のスキー場を想定した防寒対策をお願いいたします。
  • 悪天候のため中止にするような場合は、このblogでお知らせいたします。

| | コメント (0)

2023年8月23日 (水)

伝統的七夕

昨夜は国立天文台の提唱する「伝統的七夕」でした。以前は「明かりを消して星を見よう」といったライトダウンも呼びかけられていましたが、最近はそうした勢いは少し下火になっているような気がします。
それはさておき、市内の公園で行われた星空観察会を担当してきました。

しかしながら、天気予報では夕方から雷雨。望遠鏡を用意しているときも、雲放電が起きていました。早くいらした方には、なんとか雲間のベガを見ていただけましたが、今にも雨粒が落ちてきそうだったため、室内での解説に切替えました。

一通り話も終わり外に出てみると、東の低空だけ雲が薄いようでした。「もしかしたら土星が見えるかも」と望遠鏡を向けると、雲間からうっすらとその姿を現してくれました。決して良い条件ではありませんでしたが、予想に反して実物を見ていただくことができ、うれしい誤算でした。

帰路につくと、市内の道路はかなり濡れていました。車から機材を降ろし、遅めの夕食をとっていると激しい雨音が聞こえてきます。観察会の最中によく雨が降ってこなかったものだと胸をなで下ろしました。

Saturn202307241414 

画像は7月24日に撮影した土星です。見たという証拠写真レベルですが、これ以降まともに撮影できていません。

昼だけでなく、もっと夜も晴れて欲しいものです。

 

| | コメント (0)

2023年2月 5日 (日)

1/29のZTF彗星

先週末はZTF彗星(C/2022 E3)を撮影してみました。とは言っても自宅からのデジタルカメラによるお手軽撮影です。ノイズやバックのカブリもかなりありますが、なんとか尾は捉えることができました。

2022e3fsq106-d600iso1600df60s20nkdigi-75

 

昨夜は透明度が悪く、また月明かりもあるので撮影は諦めてしまいました。

FSQ-106 Nikon D600 
01/29 04h23m~ 60s×20コマを彗星基準で合成
75%トリミング後リサイズ

フラット処理などもしたのですが、センサー上のごみの跡も残っているので、フラットエイドを使ってもう少し修正してみました。

2022e3fsq106-0129fl2m

なかなかおもしろいとは思うのですが、もっと見応えのある彗星が、そろそろ現れてくれないものでしょうか。

| | コメント (0)

2023年1月 9日 (月)

星になった藤井さん

 藤井旭さんの訃報に接し、喪失感が続いています。天文に関わる様々な興味・関心や活動に大きな大きな影響を与えていただきました。
そもそも、このブログや本館のタイトルである「星空へのいざない」は、あの「星空への招待」をリスペクトしたものですし、過去にはこんな紹介記事もアップさせていただきました。こちらとりあえずの紹介になったままですが、また記事を更新していきたいと思います。

藤井さんの書かれた書籍は、何冊持っているかわかりません。一番新しいものは以下の「白河天体観察所」ですが、天文ガイドの紹介記事を見てすぐに注文し、サイン入りのものを入手しました。一読して「藤井さんとその仲間の方々の歴史が詰まった集大成ともいえる内容だな」と思ったものの、白河天体観察所の閉所という事実に「もう新しい物語は生まれてこないのか」と寂しさも感じました。それでも、あとがきにあった「これからの機会があれば・・・」のくだりを見て楽しみにしていたのですが・・・。
001tm

 

藤井さんのサインも何回いただいたのかわかりません。どんなに多くの人から頼まれていても、丁寧に丁寧にペンを走らせていた姿が印象的でした。下の色紙は「星空への招待1981」に参加したときに買ったチロのTシャツが、特別製だったためにいただいたものです。チロの顔が他のTシャツと違った配色になっており、それを着て翌年の「星空への招待1982」で申し出たところ、記念にとプレゼントしていただきました。
Photo_20230109182601 

まだまだ想いは尽きませんが、ときおり振り返りながら紹介し、自分の天文ライフの記録としても残していきたいと思います。

チロと同じく星になってしまった藤井さん。きっと、いつも一緒に満天の星空を楽しんでいることでしょう。
心より、ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2022年12月30日 (金)

2022年の終わりに

2022年も新型コロナウイルスは収束せず、天体観察会にもまだ影響が出ている状況です。そんな中でも、天候に恵まれて皆既月食やふたご座流星群を楽しむことができたのは、明るい話題でした。

画像は、12月27日~28日にかけて撮影した北天の日周運動です。2014年1月に成功してからも撮り直し続けているのですが、やはり簡単ではありません。今回も、露出前半に雲が出ていまい、その影響で画面左側が少し黄色っぽくなってしまいました。車のライトについては、あまりにも影響が大きいコマはそれなりの修正をしているのですが、それでも目立ってしまいました。

Dsc_90670503_n1436_comp3tm

2022/12/27 17h45m~
Nikon D600 jpg撮って出しの画像をSiriusCompで比較明合成
AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED F3.2
露出29秒×1436コマ(インターバル1秒) ISO250

 

本日、藤井旭さんの訃報が届きました。
このことに関しましては、少し落ち着いてからまた触れさせていただきたいと思います。
心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2022年12月25日 (日)

ふたご座流星群2022

今年のふたご座流星群は、夜半前に月が昇ってきたものの、一晩中快晴に恵まれました。仲間からは「結構飛んでいるよ」との連絡がありましたが、私は帰宅が遅くなってしまったために、あまり見る時間はとれませんでした。
かわりにいつものようにカメラをセットし、明け方まで1,700コマほど撮影しました。それを1コマ1コマ確認し、流星が写っていた37コマを比較明合成したものが下の画像です。

Geminids_20221214n37m2

Nikon D600 ISO1250 AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED F2.5  14s×37コマ

画像処理については、2020年のふたご座流星群とほぼ同じ手法です。
今回は月が明るかったためにバックの星空に迫力がありませんが、流星の数は若干多くなっています。ただ、散在流星も2つほど混ざっているようです。

| | コメント (2)

«ターコイズフリンジ