2017年4月30日 (日)

過剰虹

ゴールデンウィークの初日、きれいな虹が見られました。

天気の様子から、「虹が出ているかも」と思って自宅2階のベランダに出てみると、見事な半円を描いていました。主虹の外側には副虹(二次虹)も見えていました。とりあえず、スマホで撮影。

Dsc_0836m

主虹の内側は明るく見えています。さらによく見ると、虹の濃いところがいつもより太いような…。
階下に降りて一眼レフを持ち出し、今度は部屋の窓から撮影してみました。

Dsc_9904m

一般的に、虹の色は外側から赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色と言われていますが、特に明るいところは、内側に緑色などが見える気がしました。しかし、この位置からだと電線が邪魔です。再びベランダに出てみましたが、ここも庭の木が邪魔でした。それを承知で撮影したのが次の画像です。

Dsc_9905tm

内側の紫色のさらに内側に、まだいくつかの色が確認できるでしょうか。

ネットで調べてみたら、これは「過剰虹」あるいは「干渉虹」と言い、水滴がある大きさになったときに、太陽光が干渉してできるのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

衝を過ぎた木星

年度末から年度初めは何かと忙しいですね。
木星もいつの間にか衝を過ぎていました。

太田の宇宙展で拝見させていただいた月面写真のインパクトが大きく、また最近の惑星写真のレベルの高さも別次元だと感じています。
機材や技術の進歩に追いつけていませんが、それでも自分なりの記録(記念)写真を残しておきたいと思います。

Jupiter25cmf65x30s_d310_440_17041_2

25cmニュートン 5×パワーメイト DBK-31AS

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

昨夜(3/4)の金星

夕方の西空でずっと目立っている金星ですが、このあとは急激に高度を下げていきます。
昨夜は天気に恵まれたので、その金星を撮影してみました。

気流は落ち着かなかったものの、前回のスマートフォンによる手持ち撮影よりは、はるかに形がわかりやすい画像になりました。

Venus25cmf625x_n585wp_d225_310_1703

25cmニュートン 2.5×パワーメイト DBK-31AU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

太田宇宙の会 第46回宇宙展

今年も宇宙展の時期がやってきました。

Dsc_0798m_2

Dsc_0799m

展示されている天体写真は、今回も力作揃いです。

Dsc_0801m

今回は、新潟県から月の撮影で有名なWさんがお出でになっていました。
A3にプリントされた月面の写真を見せていただきましたが、ものすごい解像力と迫力でした。

天気にも恵まれ、屋外では太陽と金星の観察会も行われていました。

Dsc_0805m

私も古いスマホで金星を撮影させていただきました。

Dsc_0802m

スマホで手持ちコリメート撮影(リサイズのみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

毎年恒例の研修会

毎年2月中旬に、私が所属しているサイエンスインストラクターの会の本部役員会と指導者実技研修会があります。今年も例によって参加してきました。 今回の研修は、昨年と同じく東京都町田市立鶴川第一小学校校長の中村雄一先生が講師でした。テーマも「授業づくりの引き出しをふやそう」までは同じでしたが、サブテーマが~体験しよう!科学の不思議~に変更されていました。

Dsc_0792m

今回も、液体窒素を気化させる実験やぶんぶんゴマ発電、ネオジム磁石をスーパーボールロケットなど、子どもたちが喜びそうな教材をたくさん紹介していただきました。なかでも、外国製のおむつ処理用袋を使った大型ポリ袋ロケットは、大人がみんな夢中になって飛ばすほど、楽しいものでした。

Dsc_0794m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年&QHY9のフィルターホイール

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

年末から穏やかな日が続き、静かな年明けとなりました。

M125cnf6ld300s14mhckdigissm_2016122

画像は年末に撮影したM1(かに星雲)です。

今回は(も)フィルターホイールが異常動作を起こしているので、またまた備忘録です。

私が使っているものは古いタイプなのですが、今までもいろいろ苦労してきました。
(たとえばこれこれ)。
今回も全く同じ症状なのですが、ドライバを入れ替えても改善しません。そこで、症状を記録してみると以下のようになっていました。

初期位置:1…白LED点灯
2を指定:変化無し
3を指定:2の位置まで回転し、赤LED点灯
4を指定:変化無し
5を指定:3の位置まで回転し、青LED点灯
6を指定:変化無し
7を指定:4の位置まで回転し、緑LED点灯

これでは5の位置にセットしてあるHαが使えませんが、仕方ありません。とりあえず、フィルターを指定する際に1,3,5,7と一つおきの番号を入力して対処しました。また、Hαは単体で使うことが多いので、フィルターホイールから外しておくことにしました。

それにしても、なぜ急にこのような症状が出たのかがわからないので、なんだかすっきりしません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

赤城山と北天の日周運動

先日の前橋での観察会帰りのことです。月の撮影会だったので、夜空には上弦過ぎの明るい月が輝いていました。よく晴れているのですが、これでは帰宅しても満足な天体写真は撮れそうにありません。そこで、「赤城山と北天の日周運動」を撮影するのに適した場所を探してみました。

Starstax_dsc_5480dsc_5719_gap_filli

帰りがけの撮影だったので、総露出時間は1時間ちょうどで切り上げてしまいました。

これまでも何か所かで撮影しているのですが、近くに街灯があったり、人家があったりしてなかなかいい場所がありません。今回も北極星が右にずれてしまったので、また機会を見つけて場所探しをしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

スマホですばる

昨夜は前橋市児童文化センターで行われた市民天文教室に行って来ました。

今回のテーマは「月の写真を撮ろう!!」です。はじめにパワーポイントで簡単な説明を行い、すぐに屋上に移動して月の観望と撮影を始めました。
この日はとても寒かったためか、夏の観察会に比べて参加者はずいぶん少なめでしたが、じっくり時間をかけて撮影するにはちょうどよかったです。

スマホや携帯電話による月の撮影についてはこれまでも何度か記事にしたことがありますが、今回は参加した小学生の男の子が「すばるも撮りたい」と言って、ガラケーで挑戦していました。ちょっと難しいのではないかと思いながらお手伝いをしていたのですが、なんと星がしっかり写っています。そこで私も古いスマホで撮ってみることにしました。

Dsc_0662m
これが「撮って出し」の画像です。リサイズのみ行いました。

望遠鏡は高橋製作所のTSA-120、アイピースはセレストロンのプロ-セル25mmだったと思います。スマホはSONYの古いXPeriaZ SO-02E。完全手持ちですが、きちんと星が写るのですね。

天頂プリズムを使っていたので、左右裏像になっています。左右反転して横構図にしたものがこちら。

Dsc_0662levelbgsm
画像処理をしても、あまり効果はありませんでした。

それにしても、子どもたちの自由な発想は素晴らしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

自宅でのM45

一昨日の晩はよく晴れていたので、QHY9をε-160に付けてM45(すばる:プレアデス星団)を撮影してみました。ただし、相変わらずフィルターホイールを付けての接続ができず、カメラアダプターに光害カットフィルターをつけただけのモノクロ画像です。

M45e160lpsdf300s15mhc180s9mhcsyudig

自宅での撮影なので、3分露出から始めました。5分でもそれほどカブリがひどくなかったので、3分露出9枚と5分露出15枚の画像をコンポジットしました。

その後、昔デジタルカメラ(改造D70)で撮影した画像とLRGB合成してみました。

M45e160lpsdf300s15mhc180s9mhcsyud_2

自宅でこれだけ撮れればまずまずかな、でもこれ以上露出時間を延ばすのは厳しいかな、などと思いながら過去のファイルを見ていたら、10分露出で撮影し、同じRGB画像を合成したものがみつかりました。

M45elpsdf600s12mtsyuksslrgbm_201501

こちらの方が、淡い部分まで写っているような…。でも構図は今回の方が少し安定しているでしょうか。どちらにしても、自宅ではこのくらいが限界のようです。

それよりも、以前に10分露出を試していたり、デジカメ画像とLRGB合成していたりしたことを忘れていたところが情けないですね。
きっと、「D70での撮影とあまり変わらないなぁ」と感じて、blogにアップしていなかったのだと思うのですが、weblogの名の通り、こまめに記録を残しておくべきだなぁと感じた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

群馬大学公開講座「宇宙の誕生と進化」のお知らせ

先日、以下のような講演会の案内が届きました。

掲題の講座をぐんま天文台天文入門講座と共催で、群馬大学理工学部桐生キャンパスで開催します。講師の先生は、ぐんま天文台の大林均様にお願いしています。

 日時: 2016年12月18日(日)14:00-15:00講演、15:00-15:30フリートーク
 会場: 群馬大学理工学部桐生キャンパス総合研究棟304号室
     (〒376-8515群馬県桐生市天神町1-5-1)
 参加費: 無料
 対象: 主に高校生以上の一般の方(定員100名)
 申込URL: http://koukai-kouza.opric.gunma-u.ac.jp/cgi/prg/koukai.cgi?id=a016

群馬星の会のメーリングリストに流したところ、早速参加希望の方がいらっしゃいました。私も都合を付けて参加できればと考えています。

受付は12/5までとなっていますが、チラシを見ると、当日空席があれば事前申し込み無しでも参加できるそうです。宇宙に興味のある方は、ぜひご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«懐かしい方々&懐かしい場所