2021年1月10日 (日)

ふたご座流星群2020

年末年始の休業中に、ようやくふたご座流星群の画像確認と処理ができました。

まず、12/12(土)の夜は1,300コマほど撮影しましたが、流星が写っていたのはたったの5コマ。それも小さなものばかりだったのでお蔵入りです。実際、眼視でも流星を捉えることはできませんでした。

極大時刻に一番近い13日(日)の夜は、宵のうちから雲が出てきてしまい、20時過ぎには雲量8以上。撮影は諦めました。

そして14日(月)の夜。時折雲が流れるものの、まずまずまずの空でした。21時過ぎから空を見上げると、市街地で明るく、視界も悪いにもかかわらず、20分間ほどの間に3、4個の流星が見られました。
そして、1,400コマほど撮影した中に19個の群流星が写っていました。

まずは、背景画像から。
ソフトフィルターを使って輝星をにじませてみました。自宅からの撮影なので、何もしないとこのように街明かりの中に星が埋もれてしまいます。

Dsc60536060m

 

先ほどの画像にフラット処理や強調処理を施して、きれいな星空っぽくしてみました(よく見たら、左上にドームの端が写り込んでいました)。
Dsc60536060fl6curvem

 

さらに、流星が写っていた画像を比較明合成して完成です。

Dsc60536060fl6curve12tif20nm

Nikon D600 ISO1250 AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED F2.5  14s×20コマ

極大日以降の撮影でしたが、2017年のふたご群よりも、少し多くの流星を捉えることができました。

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

木星と土星の接近

木星と土星の接近ですが、ようやく画像処理ができました。

まずは12/20の様子です。
移動先での撮影だったので、いつも自宅で惑星用に使っている25cm反射ではなく、10cm屈折です。

202012200851_0852rgbwp03550level2ust

高橋製作所 FSQ-106 TeleVue 2.5×PowerMate ZWO ASI290MC+ADC

木星と土星の輝度差が大きいため、実はこの画像は露出時間の違う画像を合成してあります。

それではなんだか納得がいかない気もして、1枚の画像からなんとか木星と土星を描写したのが次の画像です。
202012200852_8rgbwp03550shlevel2tus

あまり違いがわからないかもしれません。どうせなら、合成の方は木星の衛星がもっとはっきりわかるようにできれば良かったようにも思います。

続いて、最接近の12/21ですが、この日は職場からの撮影で極軸合わせもままならず、ADCの調整も適当でした。おまけに露出時間の選択もじっくり考える余裕がなく、木星の模様は全く描写できませんでした。
202012210836_0rgb_lapl4_ap4wplevel

12/22、23もよく晴れていたため、今度は25cmのシュミット・カセグレンを持って行きました。
焦点距離が長すぎて1/3インチのカメラでは写野に収まりきれないと考え、一眼デジカメを使い、静止画と動画の両方を撮影してみました。しかし、ADCが使えなかった上、予想通りフォーク部分が弱くてブレブレの画像ばかりで、アップできるようなものは残せませんでした。

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

木星と土星の接近 12/20

昨夜は、群馬星の会の12月例会でした。といっても、コロナ禍のために最近はzoomによるオンラインでの開催です。
今回は、Aさんがつい先ほど撮影した木星と土星の接近を披露してくれました。そのため、それぞれが考える撮影システムの話で盛り上がりました。
我が家は西に山があるため、接近の様子は見られそうにありません。諦めかけていたのですが、最接近前日とは言え、今日なら日曜日です。例会で大いに刺激を受けましたし、せっかくの機会なので、久しぶりに望遠鏡を車に積んで、視界の良いところまで出かけてみることにしました。

Dsc_7273m  Dsc_7278_00001m 

今日のところは、とりあえず望遠ズームで撮影した画像のみです。

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

十五夜

10月1日は十五夜でしたね。

6月の終わりに購入したカメラで、月の出を捉えてみました。

Dscn0681m 

カメラはニコンCOOLPIX P950です。
35mm判換算で2000mmの超望遠が手持ちで撮れるので、鳥撮影をメインに購入しましたが、月の撮影にも使えそうです。

帰宅してから、今度は月モードで撮影してみました。色合いも選べます。
Dscn0689xga
f6.5 1/500s ISO160

Dscn0691xga
f8.0 1/640s ISO400

リサイズのみで、jpegの撮って出しです。

比較のために、いつもの25cmF6反射+D7000でも撮ってみましたが、シーイングが良くなかったこともあり、リサイズしたものをモニター上で見る限り、差異はあまり認められません。
Dsc_5172xga
25cm F6ニュートン + Nikon D7000 1/500s ISO200


軽く画像処理したものがこちら。
  Dsc_5172_conusm  

このあと、接近を控えた火星も見てみました。

さすがに視直径が大きく、表面の模様もなんとかわかりましたが、川底の石を見ているかのようなシーイングだったため、撮影は諦めました。

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

スターウォッチングin赤城2020 中止のお知らせ

毎年10月に、群馬県の赤城山新坂平で開催している「スターウォッチングin赤城」ですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が全国的に未だ終息していないため、誠に残念ですが今年度は中止とさせていただきます。
参加者やスタッフの健康・安全を最優先しての判断ですのでご了承ください。

詳しいことについては実行委員長による告知ページをご覧ください。

来年は無事に開催できることを祈りつつ、今後も皆様に愛されるイベントといて継続していこうと考えております。

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

8/28の土星

   最近は典型的な「北関東の夏の天気」が続き、夜になると雲がわいてしまう日が続いています。先週末に予定されていた南公園での観察会も、雷雨で中止となってしまいました。

昨夜はなんとか晴れていたので惑星の撮影をしました。木星はあまりにもダメダメ画像なので、今回は土星のみです。

202008281151_4rgb_lapl4_ap21adc

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

8/19の木星・土星

 

新型コロナウィルスの影響で、群馬星の会の例会会場である群馬県生涯学習センターもしばらく施設の貸出利用が中止されていました。そのため、7月からはZoomを使ったオンライン例会を行っています。
先週末の8月例会では、顧問のO氏より「ジェット気流の様子を読み取ると、シーイングの状態がある程度予測できる」という話題が提供されました。奇しくも、天文ガイド9月号に「月・惑星高解像度撮影法」の第2回として「シーイングと大気分散」の記事が掲載されていたので、大変興味深く拝聴しました。

ところで、我が家は北関東にあり、さらに三方を山に囲まれ、南には一級河川が流れているというシーイング的には最悪の状況です。とても好シーイングは望めないので、時間が許すときに、記事にもあった「晴れたら撮る」を実践するしかないようです。

そんなわけで、昨夜の木星と土星です。

202008191133_5rgb_lapl4_ap21adc202008191212_9rgb_lapl4_ap16adc 

8/5、8/11よりも少しはましですが、今回も「とりあえずの記録写真」から脱却できませんでした。

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

ペルセウス座流星群2020

8月12日、我が家付近では夕方にかなり激しい雷雨がありました。
知人が参加予定だった観察会も、お昼過ぎには中止を決定したそうです。
予報でも天候の回復は遅れそうでしたが、19時過ぎには雲が少なくなってきたので、結局、赤城山まで出かけてきました。

いつもの新坂平駐車場には、すでに15台くらいの車が止まっていました。なかには望遠鏡を設置している方もいましたが、ほとんどが一般の家族連れのようでした。最近ではテレビや新聞でも流星群の紹介が多くなっているため、流れ星を気軽に楽しむ方が増えてきたように思います。

空の方は晴れたり曇ったり。機材を組み立てていると、ときおり「おーっ!」とか「流れた!!」という声が聞こえてきます。
ようやく準備が整い、ゆっくり空を見上げると、天の川が切れに見えており、はくちょう座の暗黒帯もよくわかります。

肝心の流星は、「ペルセ群にしては、ずいぶんおとなしめ」という印象でした。数も少なめ、明るさもそれほどではなく、時折歓声が上がるものは散在流星が多かったように思います。
カメラに収めた1つめの流星も、よく見ると散在流星でした。
Dsc_4001_00001m  

夏にしては透明度が良かったため、月が昇ってきても天の川が見えていました。雲量はしばらく2~8の「晴れ」の範囲で増えたり減ったりしていましたが、やがて常に7以上になってしまったので、夜明けを待たずに撤収しました。

今日になって撮影画像を確認しましたが、収穫は少なかったです。
今回は、人工天体がたくさん写っていました。一見すると流星のようですが、前後のコマにも写っていたり、流星特有の色の変化が全くなかったり。知人から「ネットにあがっていた流星の画像だよ」と示されたものの中にも、結構人工天体があるようでした。

25時31分~37分に撮影した3コマを合成した画像を掲載しますが、流星が短く雲も多いのであまり目立ちません。

Dsc_417841804191halfrlevelm 
Nikon D600  AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED 24mm → F2.2  14秒×3 ISO1600 5000K Toast TP-2

2017年のペルセ群に比べると、流星の見え方だけでなく過ごし方もささやかなものでしたが、きれいな星空を眺めながら良い時間を過ごすことができました。

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

8/11は観測史上最高気温

今日はとにかく暑いと思っていたら、群馬県伊勢崎市&桐生市で最高気温40.5℃を記録していました。今年の全国最高気温で、どちらも観測史上最高記録だそうです。

安定して晴れていたので、期待して木星と土星に望遠鏡を向けたのですが、シーイングはあまり良くありませんでした。

急いで画像処理した木星は、ちょっときつめになってしまいました。
202008111142_2rgb_lapl4_ap21_75peradc

前回(8/5)よりも速いシャッターが切れたものの、土星も昨季の画像に全然及びませんでした。
  202008111227_0rgb_lapl4_ap18_75peradc  

明日は、ペルセウス座流星群の極大日です。
天気予報は芳しくありませんが、恒例になっているお気楽遠征に行きたいものです。

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

8/5の木星・土星

8月になって、関東地方もようやく梅雨明けとなりました。

昨夜は、本当に久しぶりに望遠鏡で惑星を見ることができました。

まずは木星。
202008051332_9rgb_lapl4_ap22_50per-adc  

続いて土星。

202008051348_1rgb_lapl4_ap31_50per_adc 

いつの間にか薄雲が出ていて、速いシャッターが切れませんでした。

昨年からADCを使うようになって、大気分散による色ずれは少なくなりましたが、空の状態が良くないとやはりたいした画像は得られませんね。

| | コメント (0)

«キビタキ