2018年10月20日 (土)

スターウォッチングin赤城2018 ご報告

先週末のスターウォッチングin赤城2018ですが、開会前に雲が切れ、月と土星を少しだけ見ることができました。しかしそれもつかの間、すぐにまた全天曇り空となってしまいました。

幸い、雨の心配はなかったので、定刻の19時を少し回ったところで開会行事を始めました。


その後、会員持参の望遠鏡を紹介しながら、天候の回復を待ちました。
画像は会員Yさんの自作30cmポンセットマウント望遠鏡です。一見ドブソニアンに見えますが、追尾はもちろん、スマホのアプリを使用しての自動導入もできる優れものです。

Dsc_3200m

その後、会員のKuさんによるパソコンを使った星空解説に続き、Tさんによる「この夏の惑星観測報告」を行いました。火星大接近についての解説に始まり、惑星の撮影から画像処理に至る専門的な話までの豊富な内容で、初心者にもマニアにも楽しんでいただけたことと思います。

Dsc_3217m

Dsc_3228m

天候の回復が望めないため、恒例のプレゼント抽選会も早めに行いました。
小型天体望遠鏡2台をはじめ、お世話になっているスポンサーや会員提供の様々な天文グッズが、参加者にプレゼントされました。

Dsc_3243m

Dsc_3240m_2

Dsc_3244m

天候の回復を待ちながらイベントを進行していきましたが、結局最後まで星空を眺めることはできませんでした。それでも、参加された方々と楽しいひとときを過ごすことができました。天候の安定しない中、足を運んでいただいた皆さま方に心より感謝申し上げます。


また、ご協力いただいたギガオプト、サンデンファシリティ(株)、中村悦子音楽事務所、ホンダドリーム高崎・中央前橋の各社様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

スターウォッチング会場より その2

西の空から、晴れ間が広がって来ました。
1539418912762.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターウォッチング会場より

スターウォッチングin赤城の会場は、ただ今くもっています。かなり冷え込んでいるので、暖かい格好でおいでください。
1539417173972.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜はスターウォッチングin赤城2018

今夜は、「スターウォッチングin赤城2018」です。
ここ数年と同様、天候が安定しません。テレビでも「予報が難しい状況」と伝えていたように、曇りだったり晴れだったり、あるいは雨だったりと各社の予報もまちまちです。


今のところ、「満点の星空」という状況は難しいかもしれませんが、これから会場に向かって準備を始めます。
皆さま、ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。


※今後の状況については、会場より本blogでお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

スターウォッチングin赤城2018のご案内

群馬星の会では、毎年恒例となっている天体観察会「スターウォッチングin赤城2018」を、以下のとおり行う予定です。
  • 日 時:2018年10月13日(土)
  • 受付開始 18:30~
  • 観望会等 19:00~24:00 (この間、何時からの参加でもかまいません)
  • 場 所:赤城山・新坂平駐車場(当日、直接会場へお越しください)
  • 参加費:無 料
今年のメインテーマは「土星・火星と秋の星雲・星団を楽しもう!!」です。
特に大きな天文現象はありませんが、開会式前には月が見られると思います。また、見頃は過ぎたものの、土星や大接近で話題となった火星が楽しめそうです。
そして、20時過ぎには月が沈むので、月明かりのない最高の条件の下、赤城山の素晴らしい星空を堪能していただけることと思います。

Sw2018

会場である群馬県赤城山の新坂平駐車場は、標高1430mほどの高所で、とても冷え込むことがあります。真冬のスキー場を想定した防寒対策をお願いいたします。

なお、万が一、悪天候のため中止にするような場合は、このblogでお知らせいたします。

昨年は下界は雨模様だったにもかかわらず、赤城山の上では雲が晴れ、星空を見ることができました。そのため、場合によっては現地からの情報も、その都度アップしたいと思います。
一般の方向けのアットホームなイベントなので、よろしかったらぜひお越しください。

実行委員長による紹介ページはこちら

昨年の様子はこちらからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

スマホで月の撮影

8月後半から天候が悪く、土星、火星はおろか月さえまともに見えない日が続いています。

先日、ようやく月が見える時間にたまたま帰宅できたので、やっとスマホアダプターを試す機会が持てました。

Dsc_0871m

FSQ-106 1.6XExtender  LV-15mm  SONY Experia SO-01K

スマホで撮影後、リサイズしたのみの撮って出し画像です。
せっかくなので、ちょっとトリミングしたあと、欠け際を描写するために少しだけ画像処理してみました。

Dsc_0871tshm_2

肝心の使い勝手は「少しは撮影しやすくなった程度」なので、観察会での利用は微妙なところです。今度行われる「中秋の名月」の観察会で役に立てばいいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

夏休みの工作(スマホ用アダプターの製作)

最近の観察会では、参加された方に、スマートフォンを使って月を撮影していただくことが多くなってきました。カメラの性能が良くなっているので、思ったより簡単に撮影することができます。

ただ、それなりのコツは必要です。特にカメラのレンズをアイピースの中央に固定しておくことが難しく、画面に月が映ったと思ってもタイムラグがあるため、シャッターを押す前にずれてしまう方が多いようです。


そんなときのために「スマートフォンアダプター」と呼ばれる製品がいくつか販売されているので、これを使ってみると格段に成功率が上がることと思います。私の知人もビクセンの製品を所有していて、観察会ではとても役に立っている様子でした。


私も一つ用意しようかと考えていたのですが、以前「理科教育ニュース」という冊子にアクリル板と洗濯ばさみを使ったアダプター製作の記事が載っていたので、それを参考にして作ってみることにしました。


記事は顕微鏡用でしたが、原理は同じです。洗濯ばさみの側面のうち片方にだけ接着剤を塗り、アクリル板に接着するだけです。また、アクリル板には滑り止めシートを貼って、スマホが不用意に動かないようにします。記事ではアクリル板はそのまま使用するようでしたが、少しでも画像をよくしたいと思い、ドリルで穴を開けておきました(バックは、発表直後にもらってきたNikonのフルサイズミラーレスのカタログです。深い意味はありませんが、この時期に作ったという記念みたいなものです)。

Dsc_0817m

構想は以前からあったのですが、なかなか目的にあった洗濯ばさみが見つからず、そのままになっていました。今回のものもまだ試作段階ですが、まあ無いよりはましかなと思います。


今度月が見えたら、試写してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

八方尾根

昨日の続きで、翌8/15の様子です。
朝起きてみると、いつの間にか駐車場はほぼ満車状態。リフトの動き出す7時15分に合わせて行動開始です。カフェテリア黒菱は営業していないようでしたが、トイレは夜間も使えました。明るく清潔なので、とても助かりました。


さて、天候は相変わらず落ち着きません。それどころか、出発するころには霧が上がってきてしまいました。
黒菱第3ペアリフトを降りた時はこんな感じ。

Dsc_0697m

どちらに進んでいいのかわからず、先に行く人についていく形でクワッドリフト乗降口までたどり着きました。

「リフトに乗っている間に霧の上に出られたらいいね。」などと話していると、本当に青空が見え出してきました。八方池山荘の前には、このような景色が広がっていました。

Dsc_0699m

早速歩き始めると、右手には雲海の上に白馬三山も見えてきました。

Dsc_0700m

この後はまた霧の中でしたが、すぐに霧が晴れてきそうな気配もあります。そのため、展望の良い尾根道コースを進んでいきました。

石神井ケルン、第二ケルンと順調に進み、霧が晴れるたびに景色を眺めながらのトレッキングでした。
そして、めざす八方池に到着です。

Dsc_0724m

近くにいた方によると、ここ数日で一番良い気象条件だとのことでした。日程を延期して大正解でした。

このまま唐松岳まで登れたらいいなぁという思いを残しながらも、第三ケルンを回り、最後に八方池と霧の向こうに浮かぶ白馬三山を目に焼き付けて下山の途につきました。

Dsc_0725m

いつものようにデジタル一眼レフも持って行ったのですが、今回印象に残った画像はすべてスマホでの撮影によるものでした。スマホ搭載のカメラ機能が向上するのはうれしいことなのですが、一眼レフの良さを引き出せていないのかと思うと、なんだか複雑な心境です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

白馬方面へ

今年の夏の旅行は、5年前に大雨で断念した八方尾根に1泊2日で行く計画を立てました。
ところが、予定していた日は天気予報が芳しくありません。

そこで、予約していた宿をキャンセルし、天気予報と相談しながら少しでも天気のよさそうな日を選び、車中泊の旅に出かけました。


初日はのんびり出発して、白馬方面のゆったり観光&温泉です。
まずは白馬岩岳マウンテンリソートへ。
山頂にあるカフェレストラン「スカイアーク」の周りを散策しながら、景色を楽しみました。

Bunarin

Hakuba_sanzan

Natsunokumo_2

西に雲があったため、北アルプスの眺めは今ひとつでしたが、リゾート内にはチェアやハンモックがたくさん設置されていて自由に使うことができました。
特にヤッホーデッキは景色が良く、山頂ゆり園と一緒に眺めながら、ゆったりと過ごすことができました。

Santyoush

続いて、温泉です。いろいろ調べた結果、5年前に泊まったホテルの露天風呂が良さそうだったので、少し遠いのですが行ってみることにしました。

前回はずっと天気が悪く、山の景色はおろかスキーのジャンプ台さえよく見えなかったのですが、今回はバッチリでした。しかし、次第に積乱雲が発達してきて、八方尾根辺りに落ちる雷まで確認できる始末。激しい雨をやり過ごしながら夕食を摂りました。

さて、車中泊の場所ですが、翌日の行程だけでなく、できれば良い条件で星も見たいこともあって、黒菱駐車場まで上がってみることにしました。
途中の林道は予想通り、道幅が狭くカーブの連続です。しかし全面舗装路ですし、夜間のため対向車があってもヘッドライトで早めにわかるので、それほど大変ではありませんでした。

駐車場に着くと、スペースはずいぶん空いていました。
トイレにほど近く、平らな場所に車を停めて外に出ると、雲間から星が見えていました。これがまた久しぶりに見る素晴らしい星空!! 標高は1500mとのことなので、赤城山新坂平とそう変わらないのですが、近くに大きな街がないせいか、微光星の数が明らかに違います。天の川の中にあるカシオペア座などは、どれがW型の5つの星なのか、一瞬戸惑うくらいです。高校生の時に「星空への招待」会場で「2等星が威張ってる!」と思ったあの感覚をふと思い出しました。

画像は、わし座~いて座付近です。画面左下には、流星と最接近を過ぎた火星が見えています。固定撮影の1枚撮りでもこれくらいは写りました。

Dsc_1608_180814_214032nxdm

ニコンD600 ISO1600 AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED F2.2 20秒×1コマ

できればこのまま起きていて、昇るオリオン座を撮りたかったのですが、絶えず雲が流れていたことに加え、東側にはリフトや建物が多かったので、固定撮影を少しして眠りにつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

昨日のブルーインパルス&火星観察会

昨日は地元のお祭りにブルーインパルスがやってきました!!

カノープス見物でよく利用する自宅近くの公園に陣取ったのですが、すごい人出でした。
混雑を見越して、原チャリで行って大正解。
肝心の展示飛行は予定時刻になっても始まらず、不安に思っていると、近くにいたブルーインパルスのスタッフから情報を聞いてきた方が
「途中まで来たけれど、引き返した。」
「燃料が足りなくなるので、素通りするだけかもしれない。」
などと言っているのが聞こえてきて、やきもきしました。
しかし、定刻より10分ほど遅れて6機の機体が見えてきました。

Dsc_2882ttoneusm2


Dsc_2897trimlevelusm
Nikon D7000 Ai AF Zoom Nikkor ED 80~200mm F2.8D

Dsc_1559tonem

Dsc_1582t2m

Nikon D600 SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF
初めて見ましたが、あっという間でした。
もうちょっと、いい望遠レンズが欲しくなりますね。


このあとは、前橋市児童文化センターで行われた市民天文教室「火星観察会」に行ってきました(道路がすごい渋滞で、渡良瀬川を渡るまでに1時間近くかかってしまいました)。
こちらもたくさんの人で大盛況でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«火星最接近